森本文書書き換え報道。

参議院が19日に佐川長官を喚問する前提含みで、
近畿財務局文書の書き換え問題を集中審議するらしい。
麻生大臣がG20に欠席ということになるらしい。
(G20とかは、別に出なくてもいいような国際会議では。
顔見世興行みたいなことは意味ない。)

1 文書書き換えは、誰が行ったのかとか、、、
①文書書き換えが行われたとすれば、複数の文書があることになる。
②その複数文書が存在するなら、どこにあるか。
③書き換えという言葉の具体的意味は何か。
ドラフト段階のものが単に存在するのか。あるいは意図的に重要事実が追加もしくは
落とされたのか。
④重要事実とは真実かどうか。
⑤書き換え事実に有形悪意があるか。
⑥なぜ朝日新聞にその文書らしきものが渡ったか。
⑦渡ったとすれば、取材能力が朝日にあるのか、あるいは特定の勢力のリークか。
⑧そういうリークがあるのはリーク意図に有形悪意があるか。
いろいろ参議院で騒がれるので、捲れるでしょうが、
こういうことは対立する者同士が、争うことで真実に近づくというか、
それしか解決できないという歴史的かつ事実的なことがある。
裁判は真実を発見できない。紛争解決だけ。
自民党は自らを弁護するには財務省を断罪する必要あるかもしれない。
野党は朝日新聞報道が大元と認め、僕は悪くないというべきかもしれない。
これは英米法の訴訟に似てきました。

2 報道は二極化している。
加計学園文書も書き換えられているという野党と
書き換えだと言い続けるマスコミ。
そして一部ネット評論家は、マスコミ報道と財務省などの動きを関連付ける。
これはマスコミを見ていてもわからないということです。

朝日新聞が沈黙している。
基本的に報道の根拠は出せないというなら、
今回の報道については、単なる倒閣運動であり、
自民党でも石破茂ならルンルンだというのでしょうか。

朝日新聞に情報をリークしたのが官庁なら、
その身分保障ある権力が選挙で選ばれた権力を変えるという事です。

訴訟沙汰でも、自分の都合のいいことばかり弁護士に伝えて、
状況をコントロールする人がほとんど。
だが、それは相手方反論で崩れる。
証拠事実が大事です。

弁護士が起案していると思ったら、職印が某氏が使っているとか。
こういうのが結構多いのです。
わからないだけ。

今回のモリカケ騒ぎは財務省か朝日新聞が、あるいは他省庁がまずいことになる
という人もいる。

昔陸軍今財務省金融庁国税局。
朝日は不滅です。
一部絶対権力とつるんで国家を支配する。壟断するともいう。

詩ねと死ねは紙一重。
山尾志桜里もしぬしぬといいつつ婆になってゆく。

この記事へのコメント