トランプ大統領と金正恩首領様

一般論的には、トランプ大統領が存在するのは、あと二年か6年くらい。
年齢もあるし、選挙もある。
米国中間選挙が今年の11月。制度的に期限付きの大統領です。
金正恩首領様は終身首領様であります。

1 金正恩首領様がトランプ大統領と直接対話をするといったとか。
さて、そのようなお話をしたのが韓国の文在寅の部下。
それをうけてトランプ大統領がアメリカで文の部下と話したときに
首脳会見に応ずるといった。

2 すると、何処で会うかが取りざたされ始めた。
板門店、ソウル、スイスとかいろいろ候補が出た。
38度線板門店にアメリカ大統領本人が来るでしょうか。
そこに金正恩首領様も来るでしょうか。
大統領を物理的に守る役割のボディーガードがそれにOKするか。
金正恩も同じ。
場所とか面子の前に何が起きるかわからない。

3 スイスに金正恩はどうやってゆくのか。
中国民航航空機でゆくのでしょうか。
一度マレーシアに行きMHで逝くのでしょうか。
5f2d9645.jpg
金正恩が乗るマレーシア航空はガラガラ。パイロットも命がけで搭乗拒否。
それはなぜかというと、途中で撃ち落とされるからです。
すると、スイスに金正恩がゆくとすると高麗航空でゆく。
IL62Mがある。
すえーでんとかオーストリアとかまで行ける。
だが林彪の先例がある。

金正日は中国を訪問するときに列車を使った。
北朝鮮首脳が外国に行くときは慎重になる。

4 アメリカは次の司令官は決まっている。
大統領に、なにか起きれば次はペンス副大統領であります。
金正恩首領様にバックアップ首領がいるか。

まあ、トランプ大統領が北朝鮮を訪問することは可能性であり得る。
そういうことは彼はできる。
だが中間選挙の有権者はどう考えるか。
そして、トランプ大統領ご一行はエアフォース1で北朝鮮に行くのか。
実際にそういう事は起きないでしょう。
事故があって、ペンス大統領になるかも。
そのときは爆撃でしょう。
つまりやはり北朝鮮で会談はない。

すると、北朝鮮以外のところ。
ドイツ、オーストリア、あるいは北欧。
すると、IL62Mがウクライナ上空でSAM6誤射で落ちたりするかと、
金正恩首領様は考える。

穴だらけ。
wor1510140021-p1.jpg

電話会談かスカイプで話し合いでしょう。
そのスカイプも乗っ取られたりして。財務省改ざん文書。
507e542d.jpg

LINEでもいい。

5 チョソンの話法はヤクザ応酬話法。
① まず、人の話として作り話をホントのごとくいう。
② それを前提に次の話を組み立てる。
③ うまくゆかないと人のせいにする。
  ともかく、謝罪と賠償をもとめる。

そういうビジネス応酬話法は、不動産屋は慣れている。

トランプ大統領側で、スイスで待っていると発表する。
それには首領様がへんじするか。
返事できないと権威が落ちる。
平壌でやろうと返事すると、舐めとるのか、ワシントン。
こういう応酬。
そして、スイスならという事にならざるを得ない。
首領様はシベリア鉄道でスイスに行くかも。
でも怖いからドタキャン。
やはり権威が落ちる。

こういう話題を作ったのは文在寅です。
結局、文が悪い。
エンコを落とすか、延坪島 砲激。激おこ。
その前に米韓軍事演習だ。
「キー・リゾルブ」と「フォール・イーグル」。
どういう意味ですかね。
Fall eagle でしょうか。
アルバトロスならアホウドリ。

この記事へのコメント