モリカケ屋なにかヨクナル太鼓かなそれにつけても金の欲しさよ。

モリカケ忖度太鼓を叩いていたのが大阪航空局とか。
どんどん出てくるデンデン太鼓。こういう雰囲気です。
森友学園用地払い下げ情報を組み合わせて朝日新聞もよくいろいろと物語を作る。
あとから事実が出てきて、矛盾したり斜め上に忖度が飛んだり、
これは一寸先は闇の状態であります。

しかし安倍総理忖度とか麻生大臣責任論とかいうことと言っている面子を見ると、
選挙でだめなら忖度運動で政権を変えようという事があきらかになってきた。
長期政権の前例は佐藤栄作政権がある。
この総理大臣も辞めるときに辞任会見場から新聞社を締め出した。
そのことはテレビに残っている。
長期政権は嫌われるわけです。
まあ、自分におこぼれがこないことを政権のせいにする。
(それにしても金の欲しさよ。)
佐藤栄作総理大臣は安倍さんの叔父さんに当たるんですか。
まあ、いまは新聞テレビが安倍おろし、ネットの一部が安倍さん擁護であります。
佐藤栄作総理がネットの存在を知ったら喜んだでしょう。

ですから、貧乏な将棋連盟が叡王戦という舞台をネットから貰ってどれほど明るくなったか。
なんでも商売のネタにしている。ガンガレ将棋連盟。
(叡王戦契約金は1億2500万円)
任天堂もダンベにして繁栄していただきたい。

13aa671b.png


1 後付講釈はこういうもの。
モリカケ論争をしているうちに財務省職員が任意聴取の後自殺する。
色々出てくる新事実。
ここまで来ても安倍さん麻生さん辞めろです。
一種のテロです。街宣みたいなもの。
麻生さん「ア、そだね」と辞めないと思う。

2 三井環もと高検公安部長と大坪と亀谷鶴城後藤繁田。
朝日新聞の別働隊でしょうか、週刊朝日がやったことに
大阪検察調活費と桑田健竜会会長保釈忖度報道と橋下徹氏同和報道がある。
橋下徹氏はキッチリ週刊朝日に謝罪させた。
週刊朝日記事を書いたジャーナリストは消えました。
提燈持ちも、提燈消えたら暗闇に消える。
それでも金にはした。


安倍さん忖度政局造りもこれと同じでしょう。


3 三井環さん自身が事態をわかっているかわからない。
週刊朝日の消えた二億円でありますが、
山健組資金二億を大阪の検察に渡して桑田会長の保釈をとるというお話です。
このお話の二億は金であります。
二億の金は出すところ受け取ったところ、そしてその金の行方と重大な事実です。
週刊朝日の記事は、当事者が皆死んでいて、話す奴も聴いたひとであります。
もともと、問題にする意味さえない。
しかしです、山建筋から三億は出ているらしい。
受け取ったのは鶴城丈二。
これが東京本部長で金を動かした。
2億は投資に消え、一億はほんとに消えた。と言う。
こういう事実がホントならそれはかき混ぜないとまずい。
理由は、三億は返さねばならないし、その金の動きがわかるとやばい。
鶴城後藤繁田三人組は皆死にました。
鶴城は東京富士屋ホテルの前で銃殺された。
当時こういうのが当たり前。
鶴城は実兄を殺されている。その報復は梅田の駅前でおこなった。
実兄を殺した親分は宅見を殺した。
そのまえに会津小鉄が中野太郎を襲っている。
紆余曲折、桑田のスワット隊員は服役後除籍されている。
(奥山組@兼昭会@八王子
山健組金融部門は三億を回収できたのでしょうか。

4 勝ち負けは、下駄を履いて、帰途についても、まさかの坂の暗闇坂で
  闇討ちされるかも。
モリカケ忖度音頭はだれでおわるか。
三井環さん分限裁判再開はなにかの始まりの気がする。
山健組の消えた金はどこかで誰かが回収する。
それができなければ、山健組は消滅という事。
朝日新聞がつぶれようが財務省がつぶれようが政局になろうが、
国民のためになればいいだけ。
e38add45.jpg

この記事へのコメント