北島三郎さん、ことOさんが。

北島三郎氏は演歌の人。
人生が演歌であります。
そういう北島さんを支えたのが奥さん。
さて、北島さんも80歳を超え紅白も引退した。
一方で民事訴訟も抱えていたようで、なにかいわゆる「反社」系の取引を
云々されたとか。
北島さんというと、六本木のKという店のカラオケルームで、
G親分、警視庁警察官とともに興じていたという記述が出版物にある。
サラ金の社長もいたとか。
(消えた156億円。 三菱銀行チット取引)。
さて、銀行から消えた156億円というのは預金通帳から消えたのですが、
解釈次第ですが、誰かが引き出して使ってしまったというのがわたくしの忖度
であります。
こういう取引は京都や大阪の淀川の河原に近いところで、
今でもあります。
ですから、モリカケ森友ウロン屋の娘とかでてきたら、
きつねうろんか狸そばかでありまして、
状況で忖度すべきなのであります。
六本木のKというクラブのオーナーが京都崇仁地上げ物件を買い取ったらしい。

1 北島事務所が諸般をさばいていた。
そういう心遣いでサブちゃんの演歌を聴けたかも。
2000年ころ、北島事務所は税理士に引っかかった。
断れない関係というのがあったとして、結局Gらに喰われる。
でも喰われてなんぼです。

2 北島さん引退。
これは、ぶら下がって生きている人も引退か転身かとなる。
そういうときに、昔の付き合いを云々される。
笠岡会長に世話になりながら、恐喝という人もいる。
(通常の世界でない。チャンバラの世界。)

3 北島三郎の演歌は情話でもある。
義理と情けをかんがえて、ソンタクをこえる。

この記事へのコメント