事件の連鎖

若狭勝氏が刑事弁護代理人をつとめた日興コーディアル相場操縦事件、被告人はK。
その事件で共犯者証券会社執行役員吉岡宏芳の弁護人が無罪請負人佐藤博史。
裁判開始前から注目を集め、司法記者の間では吉岡被告有罪実刑説が通説であった。
ともかく、この事件では訴訟外の活動が激しく、被告人がプロ中のプロであるから、
刑事事件攻防は捜査段階から熾烈であった。
この事件の主役は吉岡宏芳。
この人物が相場操縦の指導をしたなら、日興証券が株式市場を壟断したことになる。
そこで、相場操縦されたKの供述が決め手になる。
両名の逮捕前に、Kについて、「同期の元検事総長の弁護士が無罪であると言っている」と、
Kをして無罪主張をするように勧めた弁護士がいる。
その弁護士は最近死んだ。
さらに、捜査段階でネットで幇助犯と身分犯の共犯論を唱えていたのが、
蓮見和也弁護士(当時ジャスティス法律事務所主催、いま事務所は自宅にあるとか)。

整理してみよう。
1 被疑者Kは大物金融業者
若狭勝氏は横浜地検特捜隊の隊長の履歴を持つ。
被疑者Kは横浜では有名(知らぬものはない)金融業者。
Kが若狭弁護士を刑事弁護人に選ぶのは通常の流れである。
逆に言えば、いい仕事をする弁護士ともいえる。
ちなみに、若狭事務所T弁護士は元検事で弁護士になる最初の事件が、
銀座の風俗ビル王丸源の脱税事件。着手金6000万を得たという。
2 被疑者吉岡は住友銀行上級職員を経て日興コーディアル執行役員
住友銀行時代に神宮前の融資案件で回収に福岡勇次らと協働したと言われている。
事実であろう。

さて、注目すべきは、
この事件裁判で、検察側冒頭陳述で、Kが「高橋利久」、「榊原康寛」、「広島の前田」
に巨額資金を出したという陳述である。
「高橋利久」地面師錦糸町グループなどの責任者。その上の統括責任者が内田マイク。
電通ワークス事件で逮捕無罪。
「榊原康寛」はオービーサンテック(レストレイインアセット)の社長。
南青山三丁目のフロント企業である。
「広島の前田」とは病院経営者。広島筋地上げ事件フロントとして著名。
上記三名が通常のビジネスマンでないという事は周知過ぎる事実。
検察がK融資の相手側の異常性を主張する十分な理由がある。
(野球でいうと、王・長島・野村というようなこと)
そういう風説レベルでなく、日興証券執行役員吉岡が真珠宮ビル融資?ともいわれる、
Kをして、巨額資金を著名な事件師に流させたという事である。
これは悪性が高すぎる。
さらに、当時疑問に思っていたが、
「高橋利久」とKの取り合わせである。
高島屋のショウウインドウから出てきたようなセンスのいいスーツと靴を履いた
人が、手にしているバックが錦糸町露店で売っている鰐皮らしきバックというと
理解していただけるであろうか。
「榊原康寛」とKの関係も同じ。
Kさんは相手を選ぶ人ですから。
「広島の前田」とKさんは事業資金的には納得ですが、
通常Kさんとあわないはず。だがこれに資金を出した。
こういう、ビジネスの協力していると検察に狙われることは覚悟すべきです。

こういうビジネス履歴をもつ各人が横浜に集う理由が、
吉岡がインサイダー情報を流すというオイシイ水をKに流すからです。
Kさんは、そういう誘いに乗りやすい。

さて、Kさんは元検事総長というお話には乗らず、長期勾留されて、
結局、吉岡との関係を陳述した。
そして吉岡は裁判所が訴因変更命令を出して執行猶予になった。
Kから吉岡に謝礼が渡っていることは状況で認定する裁判官もあり得る。
それなら、Kは懲役4年は固い。5年で安いでしょう。
佐藤博史無罪請負人は連続毎日裁判官に面接を求め保釈を求め続けた。

K→地元山川一家フロントN→吉岡 300万(600万説もあり)
この事実を取り上げていたら、幇助と身分犯ではなく共同正犯でしょう。
主役は吉岡ですし。
吉岡は1億以上の現金をりそな銀行に溜め込んでいた。

吉岡はいまだに無実無罪と言っているそうな。

1 連鎖その1:電通ワークス
電通ワークス事件で、電通抜きの事件を組み立てて、
結局高橋利久以下は無罪。
だが、信販会社からLED照明で金を引いた人物は有罪4年実刑とか。
こういうのが大人の事情ですが、
幇助的立場が有罪実刑で、主役が無罪はどうよという声がある。
まあ、きっちり供述していたら両方有罪で電通も刑事事件になったでしょう。
損得で供述した結果、損にさいころが転んだ。

2 連鎖その2:南青山三丁目
この事件では、事件とまで認知されていないですが、
やはり登記詐欺訴訟詐欺はある。
事件と認知できないのでしょう。
事件にもしたくない。
ただ、将来事件になり得る。

3 連鎖その3:某地上げ現場
これも経済行為で成功すればよし。
失敗して事件になることもある。

      週刊Hサイト事件の連鎖とは。

「しょぼこい」「とんでも」事件なんですが、
その中身がショボくても、事件の連鎖を考えるとそうでもないかもであります。
まず被害者のT先生。
トランスデジタル事件というのがあって、
30億の資金を市場から集めた翌日に、
岡本倶楽部にその金を運んだのが黒木正博。
(背後に六本木地上げ後藤フロント・サリアジャパンがいる)
この事件のトランスデジタル応援パティーで万歳を三唱した二人の政治家がいた。
小池百合子と石破茂です。
小池高石その他はチャンネル桜で。
トランスデジタル.jpg

石破茂のネット上でのトランスデジタル関連画像は消えている。
さすがに総理大臣を目指す人は違う。
20170130_2312809.jpg
てなわけで、さいきんのやつを。
政治家のパーティーに参加する事件師ヤクザは多い。
毎日そういうパーティーに潜り込むのが仕事の輩は多数いる。
そういう写真を取り上げて大マスコミが論難するときには隠れた有形悪意があるかもです。
安倍昭恵夫人は名誉理事を50くらいやっておられる。
頼まれて、Noというと、ああだこうだ言われる。
SNSで「yes,いいね」クリックをしないだけで、大騒ぎする人がいるのです。
籠池夫人とは言わない。
この人は皿を割る石を投げるということらしい。
水島握手.jpg
その背景や全体をみてとりあえず判断したい。


トランスデジタル事件で
noro.jpg
この人のため、債権譲渡原因証書を書いたのが
dscn1556.jpg
T先生です。(東京アウトローズから借用)
T先生は聖跡桜ケ丘地上げで業界デビュー。
雅法律事務所を経て独立、平河町総合法律事務所からカイロス法律事務所主催。
現在大阪弁護士会所属です。
雅法律事務所と言いうと、酒井法子。
(12分頃)
弁護士という技術で実業界で大きくなろうというのは、別に問題ではない。
ただ、地上げという経済行為で法律技術だけで泳ぎ切ろうとして、
行方不明になる弁護士は多い。
最近では新橋4丁目蒲谷弁護士がいる。
聖跡桜ケ丘事件でも元東京高検検事の弁護士が行方不明になっている。
T先生が生き延びているのはその力量が大きいという事。

T先生を恐喝した石坂はすでに執行猶予判決を得ている。
T先生管財事件のゴルフ場関係者という。
石坂が、週刊Hサイト事務所に行きこぼしたとき、同席していたのが
F、S、N。
恐喝の意思は順次共謀でしょうか。
Fは原稿を書く係。刑法60条は安易すぎる気がする。
Nは紙新聞手配係。印刷屋に支払いはすんだのか。
共謀の事実はないというのもわかる。過激派時代それで乗り切った。
時代は変わる。
検察も忙しいのでしょう。
「とんでも」事件であるからこそ、金の行方を追跡する。
金の行方と趣旨です。
趣旨が違えば恐喝の共謀はない。

1 大森記念病院競売妨害事件の次に日興コーディアル相場操縦事件
こういう時系列はある。間違いなくある。

  事件は連鎖する。
五反田海喜館事件の前に、かならず類似事件があり、
その前に関連事件がある。

内田マイクがでてきたらしい。出てくるなら逃げなければいい。
どういう打ち合わせがあったのか。
死人とも打ち合わせるのか。

山北の山の桜の下に死体が埋まっているかも。

王.jpg

maxresdefault (2).jpg

この記事へのコメント