大阪魔界の山本真千子特捜部長。

連帯ユニオン関西生コン支部が家宅捜査された。
奈良県警と大阪府警によって二度にわたり家宅捜査があったという。
連帯ユニオン側は弾圧であり不当捜査という。
相変わらずの「糾弾」が行われている。
刑事警察の捜査が常に正しいということはできないし、
問題の立て方が間違っている。
ともかく調べる必要があると思うから調べるのである。
この段階でも人権保護はされる。捜索令状は裁判所が出す。
ただ、家宅捜査令状が相当いい加減に作られている事実もある。
そのいい加減割合が問題ではある。
ある捜査グループの場合令状請求のときに相当無理な疎明資料でやっているが、
まあそういうことに気付く人もいない。

ほかにも令状交付が不思議に遅れることがある。
たとえば人気ユニットのK君の場合、早朝に素裸でチャリポリスに逮捕された。
その薬物使用をだれもが疑うから、K君自宅は家宅捜査されたが、
逮捕以後12時間以上あとの家宅捜査であり、何も発見されなかった。
こういうばあい、大人の事情で検察事務官が家宅捜索令状請求があったと、
メ〇ーさんに電話したりするかもしれない。

連帯ユニオン関西生コン支部を家宅捜査するときは、
そうとうなストレスがあると思う。
その昔、某池袋方面組事務所を警察が家宅捜査した時、
拳銃で反撃され、刑事一人が事実上の殉職。
麹町の右翼事務所を、やくざが襲った時に、拳銃で反撃され一人は生死をさまよった。
これらは、マスコミ報道されている事例でほかにも多数あることです。

奈良県警がガさ入れして、さらに大阪府警がガサを入れる。
この短期に二度の強制捜査の裏に、捜査情報漏洩はなかったか。

こういうと、関西警察はむかつくでしょうが、令状を出すのは裁判所でも、
検察が間に挟まる。
大阪地検特捜部部長が総理大臣の政局のネタを朝日新聞にリークしていたと
国会議員がつぶやく。
こういう事実を鑑みれば、連帯ユニオン関西生コン支部家宅捜査情報が漏れていたのかと
思うことが異常ではないでしょう。妄想でもない。

大阪地検については、山健組組長保釈をとるため、六甲連合会会長亀谷直人と鶴城丈二
がM検事を溶かしているから、2億を検察に渡すと山健組組長の保釈が取れる
こういうお話のネタにされていた。
この真偽は不明である。このことを明らかにできるのは政治もしくは第4の権力であるが、
こういうことは噂で終わるものである。
そして、検察に金を渡したという斜め上の話だけが独り歩きする。
だが全くの事実無根とも言い切れない。
それは検事総長に金を渡すとかいう話は、日興コーディアル相場操縦事件でも、
被疑者に囁かれていて、そのことは捜査の対象にもなったが、
結局立証不十分あるいは裁判官の予断で住友銀行吉岡は執行猶予となった。
この検事総長云々は、死んだ破産同然の弁護士の作り話である。
そういうことが、まかり通る雰囲気を作ったのが関西のやくざ、鶴亀コンビである。
「週刊朝日」がそれらしいお話を三週にわたり掲載したが、
肝心の当事者の話は一切なし。そう聞いているというらしい話で組み立てられた、
モリカケ忖度音頭という河内節以下の話であった。
当時、山健組組長は最高裁で裁かれる直前あたり。
山健組組長の身柄は東京高検預かりであった。
大阪高検M公安部長ラインが東京高検検事長クラスに山健組組長保釈を云々する
話ができるのだろうか。検事総長がそういう事務に関与することは絶対にないとは言えないが、
(法務大臣指揮もある、制度的に)
安倍総理が森友忖度するという話と同じで、この場合一切あり得ない。
それでも、テレビコメンテーター鳥越にはおいしい話題だったのだろう。
現職大阪高検公安部長がテレビ出演して、検察調査活動費の闇を暴くという
ことが言われている。
その直前にM検事は逮捕された。
これを恣意的捜査ということはできる。
ただ、検察直接の捜査はまず逮捕ありきの恣意的捜査が基本であり、
こういう捜査は警察以外に捜査権を認める事実的理由の一つである。
こういう報道と噂と検察内部の派閥暗闘で世の中が乱されたら大迷惑である。

1 西川検事総長談話

「検察の使命は時代が変わっても変わるものではない。
国民の検察への負託を深く自覚し、責務を果たしていきたい」

江田議員が虚言を言ったら、こいつは議員をさせていていいのか。
江田議員が山本真千子特捜部長が朝日にリークしたというのが事実なら、
山本部長は関係ないといいきれるだろうか。
二律背反ですからどちらかが、ズラかってもおかしくない。

時代かわれど、造船疑獄と帝人事件はある。

大坪元検事は弁護士登録を取り下げたとか。
三井元検事もコンサルタント業。
弁護士で破産状態で犯罪寸前は多数いる。
実際面から言って、大坪氏や三井氏は弁護士をやってもらって何ら差し支えないと思う。
ただ、鬼頭史郎氏のような国家秩序に対する法律テロを行う人は、
少し違う。
この山本特捜部長は公人であり、適性をうんぬんされてしかたない。
大阪地検で大坪氏の下で生き残ったとされる。

「あくまで江田さんのコメントで大阪地検の発表ではなく、こちらとしては一切関係ない」
山本真千子大阪地検特捜部部長お言葉。

この記事へのコメント