山本真千子大坂検察特捜部長連想

ナスカキャベツカ回し下痢という。
ともかく悪いから叩けと指令でも出ているのでしょうか。
協力しないと、基地外、妄想とされるわけでして、
安倍総理悪いという忖度音頭がうたわれているわけで、
安倍さんのどこが悪いのかは誰も詳しく言わない。
ここが悪いといわれたら、そうではないと立証できるかもしれない。
ア まず、ここがよくないと事実と立証で安倍さんを非難する。
イ 論点と争点が限定されているので、安倍さんもそれに反論しやすい。
ウ まず訴追側が立証し、被訴追側はその立証の一部でも破ればいいし、
  訴追側は、被訴追側が全面否認したら、完全なる証明を行わねばならない。
こういうことが行われず、忖度音頭の大合唱で
立憲民主党が首相官邸前でマイクでがなり立てたという。
これでは、似非右翼の街宣であります。
こういう論難構造は、刑事事件手続きとか名誉棄損手続きに似ている。
安倍総理の行為のどこに問題があるかという事には、
森友学園に忖度したという。
いま忖度したのは財務省と明らかになった。
(ここで、財務省が安倍首相のために忖度したという声も出ている。
すると、近畿財務局が籠池と特別売却交渉したとでた。
そうなる推論資料が朝日新聞に出た。それは大阪地検特捜部長が出したと国会議員が呟いた
。そこで山本真千子検事が前田元検事の部下だったとか、
昔のことが噴出してきた) ← いまここ。
そうなると大坪検事、前田検事、三井検事と思い出すことになる。

1 連想
大阪地検特捜部は捜査権を持つ暴力装置であります。
その装置が暴走を続けているのではということが問題でして、
大阪地検はそのことを「関係ない」とかたずけている。
それならモリカケウロンは食わない。関係ないという安倍さん非難もやめないと。
ただ、大阪地検情報リークはその中身相手時期と「有形悪意」があると疑われるから、
「関係ない」といったからには、そこを詳しく疎明すべきです。
そういう能力があるはずだし。
ですから、山本真千子は一般人から告発されて、大阪地検が取り上げねば、
身内をかばったと忖度され、
大阪地検が取り上げて、不起訴にすれば検察審査会。
そこで国会で参考人招致というお話があるようですが、
これも野党が庇えば、庇っているのかといわれ、
やはり参考人として、国会で話すのが一番の解決です。

2 連想2
いきなり、相撲の話ですが、大阪地検・大阪弁護士会ときて、
田邊勝己弁護士とくる。
大坂と言えば四条畷。その地上げの当事者が田邊弁護士。
それに金を出したのが飛鳥会経由でブルネイの資産管理会社テマセクです。
さて四条畷の土地登記一部が以下のもの。
甲区5番に田邊勝己弁護士の登記名義がある。
平河町は彼の事務所です。
(弁護士は弁護士会から住所証明と印鑑証明が出る。)
この田邊弁護士は競落人ですが、
甲区6番に民法646条第2項を原因として、匿名会社に所有権が移転している。
このゲインステッドアセット社がブルネイ国資産管理会社の匿名会社です。
会社資格証明書(原本還付).JPG玉蘭さん.JPG
4番目あたりにNG GEOk LANと署名ある。
王玉蘭さんです。元シンガポール高級官僚。
四条畷の登記所の登記付属書類。
司法書士の先生は眞鍋先生です。田邊事務所の仕事をしている。
申請書田邊.JPG
この登記申請は丁寧です。
外国会社資格証明、定款、委任状、代表者資格完璧です。
テマセクというのはWikiにあるようにシンガポールの投資会社。
実態はブルネイ国の投資会社です。
国際金融では知らぬものない。
この準国家機関が四条畷の霊園開発に5億の金を投げた。
そして、飛鳥会経由、38口径も発砲された。天野組も絡んでいる。
互久楽会もでてくる。
このヤクザ地上げにブルネイの投資庁が投資した。
南青山三丁目にも真珠宮にもです。
ヤクザと仕事をして未回収でしょう。
(取材したら認めた。こちらは驚愕。)
これが露見したら、王玉蘭さん懲戒解雇されます。
気の毒に思う。でも今は亡き王子を思えば仕方ない。

歴史は夜作られる。何をしていたのでしょうか。

000cf1bdd048123a24de5a.jpg

テマセクは中国に投資して大損こいています。
懲りない面々であります。

3 連想3 その理由
田邊勝己弁護士は恐喝されました。
その被疑者Sはジャーナリスト。
相被告Nもジャーナリスト。
そしてFは原稿を書いていた。
Iさんが田邊先生から500万送金の方法で金を喝取した。
この事件が一つです。
Iさんと懇意のFさんが田邊先生にさらに3億5千出せといったとか。???。
このことが第二の事件。
ですから、第一事件と第二事件は関連あるが、事件は二つに分けられた。
共犯事件は第2の事件。
第二事件で外で金を待っていたSとNが現行犯で逮捕された。
「新橋新報」というタブロイド新聞を撒くというのがNさんの方法論で
言論の自由から言えば違法性を阻却されることもある。
ですから最初の公判は一堂にあつまり、検察起訴事実の認否をする。
Sさんは起訴事実を認める。
N、Fも同じですが、一部は否認。
そこで次回は三人別々に裁判する。
N、Fの弁護人は執行猶予を取りたい。確実にしたい。
それ故、法的な論点と前提事実の争いに持ち込んだ
いい先生です。
S、NのとこにIがこぼしに来たらしい。

こういう事件が今々に起きています。
そして新橋新報の報道の中身は、
渋谷の地上げです。リミックスポイントです。
すると、渋谷肉横丁ビル、、、光誉実業とスルガ。
リミックスポイント、、、イトマン、住友、許永中です。
許永中なら四条畷。そうです霊園開発、御堂開発。

4 みなさん国際問題となりかねない。
天野組飛鳥会は大坂維新の会の主敵です。
大坂維新の会が支持され、憎まれるのは同和利権に対する大坂圏の怒りがある。
旧権益者は橋下府知事が憎い。
「週刊朝日」が人格攻撃する。
私見によれば、ヤンキーだけどよく勉強する頭のいい人ではないですか。
「週刊朝日」が検察に鼻薬報道をする。
山健組トップの保釈が2億で買えるとかく。
だが2億は福島に消えた。
1億は詐取された。
結果亀谷が鶴城を撃つ。
今までの報道は何も考えていないに等しい。
山健組東京本部長を山健組傘下団体組長が東京八重洲ホテルに訪ねる。
その時に拳銃を持って行った。
すなわち亀谷にはそのとき拳銃を使う状況が予測できた。
これを喧嘩仕度という。
鶴城を結果的に騙したら、金を付けられねば殺されるのが
ヤクザ世界の行動原理。
鶴城の兄も生島組に殺されている。
生島組サージの生島は山健に梅田駅前で殺される。
滝澤孝がスワットを付けたのはそういう社会状況があった。
宅見司.jpg
これが当時の序列です。
宅見氏から見た序列です。
一番は二番とオリエンタルホテルで茶をしばいていて弾かれる。
二番はその後自然死。
三番が当代だが、スワット事件で逮捕服役。
最後が、スワット判例を作られたかた。
保釈なんかできるはずない。

それでは誰が亀を踊らせたか。

そういう能力あるものが、厚生次官を大阪特捜に逮捕させる。
大絵図師という。
郵便料金不正はあった。
当時議員会館に不動産業支店事務所を持っていた在日がいた。
大絵図は議員会館で書かれたと思う。

結果小沢一郎捜査はできなかった。
絵図はピカイチ、ピンピンピン。

4 福島共栄クリーンも富士カントリー(都留カントリー)も穴屋
ゼネコンには穴屋という社員がいる。
残土捨て場産廃捨て場を確保する係です。
穴を求めて三千里。
その一つが市原市の真里谷です。
稲川双愛極東松葉弘道といますが今は三京です。
T海運もその一つ。
上記二つは事件になった。一つは弾けてもう一つは弾けると思う。
共通点はTBRビル。そのなかの弁護士。
そうです光誉実業弁護士法違反。渋谷肉横丁、スルガ。

そういう中にK弁護士、故塩谷安男弁護士もいる。
下手をうつと死ぬ社会です。

参考人招致はやったほうがいい。来ないと思うけど。

つづく

この記事へのコメント