内田マイクが収監された?、そして南平台、新橋4.

モリカケ忖度音頭のひとつに財務省役人セクハラテープがある。
ところが、そのテープが加工されたものであるという
財務省側の唄が歌われているようだ。
事務次官が新潮社を提訴する準備をしているとか。
財務事務次官が辞任すれば、安部政権に痛手にはなる。
だが、加工されたセクハラ盗聴録音テープで財務事務次官が
辞任せざるを得ないなら、財務事務次官は個人的に納得できるわけがない。
テープに加工があったと仮定して、そのことはこれから明らかになるでしょうし、
財務省側の主張が否定されたら、
財務省は火ダルマ。新潮はやってやったぜと快哉を叫ぶ。
こういう対立構造が真実を捲ることになる。
とうとうここまでやってしまうことになりました。
安部ヘイトですね。
さて、
テープが加工されていたら
新潮社報道は虚偽報道である。
新潮社に虚偽である認識があれば、デマを流して一人の官僚を攻撃し、
ひいては政権に打撃を与えようとした悪意があるということです。
新潮社が録音テープが本物と信じて報道していたら、
新潮社をして、虚偽報道させた奴の悪性は高い。
文春砲・新潮砲の砲弾提供者は誰だということがわかるかもしれない。

1 UR・薩摩興業盗聴盗撮事件利益供与?事件。
薩摩興業総務担当一色武はUR職員・甘利事務所秘書との会話を
盗聴盗撮していた。
甘利事務所秘書が金や自動車という利得を一色から得た事実はある。
同時にURに口利きもしていたかもしれない。
さらに甘利事務所秘書一家は行方不明。
もと秘書の一人も加賀町署に覚せい剤所持現行犯で逮捕されている。
その一連の動きに新潮社報道があった。
あるマスコミは一色武を探していた。カウンター調査でしょう。
一色武も行方不明。大行社構成員らしい。
千葉にある会社に稲川会の人間が入り込むのはある意味、
シマウチの移動で簡単です。
その千葉の稲川が大和市の議員秘書と泥濘なのもシマウチの話。
さて、この一色武が50時間に渡る盗聴テープを用意していた。
これは稲川会の仕事師のお仕事明らかなんですが、
そのお仕事に乗せられた、
国会議員秘書がいて事件は二重構造です。
そういうことが最近もおきていたかも。
S報道サイトS氏、元?国際新聞・東京アウトローズNさん、
そして浜松方面某会関係のFさんの三名が恐喝共犯で裁判していた。
その前提に稲川会・大行社のIさんの恐喝既遂事件がある。
こういう二重構造です。
S報道サイトが幸平一家矢野死刑囚の殺人について一部を報道した後に、
新潮社がそのことを記事にして、
伊勢原地上げ地権者殺人の被害者の遺体が出た。
いわば文春砲の砲弾の提供者というのがいるはずで、
そういう業界構造がある。
その仕事場が新橋烏森ビル地下一階とか、新橋に点在する喫茶店です。

2 新橋新報という紙新聞。これが恐喝の道具。古いな~~。
それはここに残っている
このブラック告発新聞はS報道サイトの所謂ミラーです。
だがサーバーが2チャンネル。
上記サイトもアーカイブです。さすがに
新橋新報記事はネットで検索するとでてくる。
マッチポンプ明らかだったわけですが、ネット時代の特色、
勝手に拡散することをNさんは軽視していたと思う。
さすがにS報道サイト(もと週刊報道特集)には新橋新報は載っていない。
(消えている・消えていない記事もある。問題ではあります。)
別のサイトには残っている。
S報道サイト情報に群がったのが業界人です。
幸平一家やM資金情報などを収集できるのはなかなかできない。
比ゆ的にいえば、
浅草吉原のK会本部の脇には近寄れるが、
中には入れない(入らない)ということです。
情報が加工されて、文春新潮に卸されるということはあるわけでして、
この世界もビジネスです。
ですから金を取っていい。(限度がありまして、不文の相場があるようです。)
ただ、有形悪意が「生活の金」以上の政局作りとかになれば、
名誉毀損、恐喝ということになる。
みずほ銀行職員不正報道も状況で恐喝になるでしょう。

3 ショボコイS報道サイト事件と薩摩興業一色武事件。そして内田マイク。
この両方に関係性があると思う人と無関係と思う人がいるでしょう。
それはさておき、
内田マイク最新消息も一部ネット誌でしか見られない。
それによれば、巨額贖罪金を払い懲役6年を7年に減らして、
3000万の保釈金で保釈された内田マイクさん。
保釈逃亡をして逃げ続けるかと思えば、
最近出てきて刑が確定して、収監されたとか。????。
不思議な行動です。
思うに、打ち合わせに時間が必要だったのでしょう。
川崎東田町、三田のマンション墓場など
あらゆる地上げ現場に出てくる内田マイクさん。
とうとう公共事業にまで進出していたかもしれない。
でかい地上げは、民間事業でも実質公共事業です。
新橋4丁目含めたの新橋再開発には行政の青写真がある。
大阪難波の再開発も同様。
そういう地上げ事業のレイヤーの最下辺に出てくるのが、
前捌きをするのが、時々殺人までするのが、地上げ屋であります。

内田マイクさんおれば、小野塚さんあり。
小野塚さんおれば、Aさんあり。Iさんあり。
ピーぽくんあり、キャベツ回し下痢あり。

内田マイクさんグループは司法書士亀さんや弁護士故O先生、
現神田方面の先生含めて事業を拡大していました。
素人より玄人中の玄人を嵌めるのが仕事になっていた。
それは、2012年以来の捜査で明らかにされた。

内田マイクさんは知らないが、ダミーと訴訟は数回やったことがある。
借金の元金を返すとき、ご本尊が出てくる。

4 ところで銀行のお話。
銀行は金を貸すのが商売。
ところがBIS規制で、自己資本率が問題とされる。
そうすると、自己資本率を悪化させないようにするのが銀行です。
そういうわけで、
アパートローンをやるときに、婚活詐欺師の会社に保証させる。
やり方はサブリースです。
信用を無知なサラリーマンに補完させるわけです。
こういうことを司法は裁かない。
婚活アパート販売詐欺の集団訴訟で裁判所の結論は決まっている。
銀行は敗訴しない。これはみずほ銀行事件も同じ。
そこで行政がでてきて、婚活マンション販売は契約を解除できると法律にした。
さらに、銀行の内部監査はやっていた。
スルガ銀行の話です。
金融の世界はどこで金を貸すかというのを収集している
人たちがいる。
そういう人たちが、銀行情報に詳しい。
そういう人たちは金を借りる人を探しています。
「金を借りさせて」そこから利得を得る。
コシトラスト事件構造です。
そういう噂が本物だとわかると銀行が潰れるということになる。
これは歴史です。
リーマンブラザースもそうやって潰れて、ドイツ銀行も危ない。
つぎは日本の銀行で、アジアでは韓国が国家崩壊でしょう。
中国は、それはマンセーという人と、冷静な人とでは受け止め方が違う。
麻生財務大臣はサラ金から金は借りるなとおっしゃる。
それはそうであります。

財務省事務次官セクハラテープ報道。
その報道の根拠と意図が知りたいということです。

モリカケウロンは喰うときは腹下しに用心です。
狸もあれば狐もあるし、だましもある。
ナスカキャベツかまわし下痢。
本命は隠れたい。
辻元公園や天王寺公園に隠れたい。
内田さんもスルガを喰ったか。喰わないか。
それは誰もわからない。
喰ったつもりが喰われてまた喰って、みんなそろって食あたり。
ならぬ堪忍スルガ堪忍。

この記事へのコメント

  • ほうほう

    福田ねつ造の件でよくわかったが、簡単な話を難しく、何か意味ありげに長く書くのがここ。まだ文才があればそれもだが。一般の人間にはわかりづらく有益性は無い
    2018年04月17日 21:27