精神勝利法:立憲民主党。海野晋吉弁護士なき民進党。わかる人はわかる。

年をとって、来し方行く末を考えないものはいない。こう考えると、
「この恨み必ず人人に有り」ということで、先は見えてくるのですが、
「雀百まで踊り忘れず」と踊り続ける人もいる。その振り付け音曲は忖度音頭です。
ton131-jlp04201797.jpg

土井たか子は死にました。故郷の北の墓に帰ったのでしょうか。
村山富一は生きている。首相在任中いきなりの辞任でした。
よほど、内心が忸怩だったのでしょう。
小泉も郵政選挙大勝して半年でいきなり辞任。
笛吹けど誰も踊らずということかと。ピーチ前川とか福田はまだ若かった。
写真の福島瑞穂は若いです。
でもいまは
maxresdefault (4).jpg
ハルモニ、まだやるのか。

news1115.jpg


1 日本社会党は作られた政党。
日本社会党本部は今はない。永田町の本部は借地でした。
政権を取った村山内閣が財務局に忖度させて、
底地の国有地を払い下げさせていたら、今の日本社会党の間借り生活はなかった
と思う。
しかし、金欠で売り払ったでしょう。
いまは社会民主党というらしい。議員を有するかさえ問題にならない。

2 55年体制
結局、日本社会党はアメリカの対日政策の申し子で、
海野晋吉氏という静岡の人権活動家が作った政党です。
国民の不満ガズ抜き政党で、一部の利権を与えられた。
この体制をこわし真の日本政治を作ろうという試みは、
結局、失敗した。
結果を見ればわかる。
立憲民主党、民進、希望、日本化共産党。
オール野党で支持率は10すう%でしょう。
自民党が30%くらい。
浮動票しだいでは政権交代はある。
だがルーピー鳩山と管直人で終わった。
小沢一郎が出れば野田が対抗馬に出て、勝つのであります。
実はこのときに55年体制が完全終了して、
夢はシャボン玉ホリデーになった。
こういう儚き夢を見させて国民を統治する。
古今東西同じであります。
植木は浄土真宗の坊主の息子ですから現実を知っていて
ギターを弾いてがちょんと売れた。

そういう、路線の延長が実はある意味
立憲民主党なのであります。
極左.jpg

生活第一、悪人なをもって往生する。

精神勝利法で生き抜くしかない。

2 麻生財務大臣が標的だった。
みずほ銀行及川幹雄元行員が超強気で、
東京駅前の高級ホテルを定宿にして、帝国ホテル別館に事務所を持った。
これは裁判所で明らかにされた事実。
総額2億強の経費がかかった。
詐取総額は60億弱。
その経費が3億として、残りの資金使途は裁判官に聞かれて、
答えない。
答えられるわけがない。
さて、この事件が表面化する前
行政出版の脱税事件があって、その行政出版の中身を入れ替えて
㈱麻生に売ったのが忖度だと騒いだ。
(国際新聞)
旧第一勧銀が処理した行政出版事件。
脱税というのは資金が隠匿とか行方不明なのであります。
(ここわからない人は脱税と騒いではならない)
つまり、第一勧銀が隠蔽したいことは、
資金の行方です。
それが、某政治家Oとかその他に行っていたり、
第一勧銀首脳に行っていたり、官僚に行っていたらまずい。
下っ端現場の近畿財務局にいっていたかも。
それを上手に遣り繰るのは誰かです。
特待案件という係りを作る。MOF担当みたいなもの。
枕取材も当然の世界。
ですから、
行政出版後の「ギョウセイ」を買うものはきれいな物を買った。
これをローンダリングという。
場合によると連邦政府にTOC制裁になりかねない。
さてぼう大新聞記者が麻生大臣に忖度はあったかと聞いてきた。
だから、マスコミは何もつかんでいなかった。
みずほ銀行はです、ヤクザ融資をノンバンク通じておこなって
金融庁処分を受けた。
そのことは安部、麻生執行部で行った。
みずほ銀行ノンバンクが金を貸してくれたら、
私もギョウセイを買いたい。
社員に任せて、横領などなければ、黒字明らか。
借りた金も返せる。
誰がやっても上手く行く会社になっていた。
だが、そういう金を用意できる者は限られる。
だから㈱麻生の若社長が買う。
金あるものはよく買うのです。
雇用も安泰、うインウイン。
みずほ銀行は、世間の目を麻生さんに向けさせたい。
自分が助かりたいから。
麻生さんは関係ない金持ちおじさんです。
それだけ。

だが、野党では駄目、自民党をのっとろうというのが
麻生大臣のスーツが35万という。
洋服の青山で麻生大臣にサイズが合う服は売っていないし、
35万のあつらえのスーツはそういう世界の最安値です。
そういう現実無視の誹謗中傷に麻生大臣は平気です。
理由は、わからないから。
女で駄目なら男に換えろという素朴な人です。
(たしかにそうですね)

3 麻生は鈍くて駄目だ。ボルサリーノも倒産した。つぎはアベッチだ。
てなわけで、安部忖度森永キャラメル歯にからむ。
こういうキャンペーンを詩ね朝日が始めて、
一犬虚空に吠え、万犬が吠える。
本当は結構短気な安部さんが、我慢ならなくて(当然だが)
余計な発言して、詩ね朝日がかさにかかった。
結局
いまは
財務省事務次官の退職を認めるのかと
麻生大臣にお鉢が戻った。
経済学では
ホットポテト現象というのか?
ゆでたジャガイモを誰が持つのかというゲームです。

結局、事実がやばい、西淀生コンユニオン支部@MK運輸
こういうことが問題になってきた。
これもそういうこと。

3 スルガ銀行横浜とか東京
金融は金は貸すものがいるだけでは駄目。
金を借りるものがいても駄目。
金は返せる見込みと働く意欲あるものが借りないと駄目。
これを麻生大臣は知っている。こういうことは詳しい。
(それでいいのだ。)
日本国際が発行しすぎと問題だという。
日本は借金1000兆円。貸借勘定の相手に健全資産があれば
借金は平気です。
ですから、銀行は日本国債を買いたい。
金利がわずかでも、確実に人の金で利益がでる。
10兆円で0.1%金利で100億の収益です。
(計算間違えていたら訂正コメおねがいします)
この国債がない。人気あるから売り切れ。
そこで韓国国債を買う国が出る。
通貨スワップあるはずと思った。
ノルウエーらしい。かわいそうですな。
するとです、話は飛ぶが、
スルガ銀行が収益に走る。
ところがデート商法融資しかノウハウ人脈がない。
てなわけで、かぼちゃの馬車に乗ってしまう。
乗せたつもりが乗せられる。
pumpkinとは「間抜け」という意味がある。
TOMATO tomato
トマト銀行も実績で倉敷トマトの効果を一般にわからせていただきたい

みずほ銀行負の資産に、青木建設がある。

こういう場合飛ばすのです。
飛ばすのには、協力する踏み石が必要。

南青山、湖雲寺、山北、沼津、焼津。

そして吉本興業。


この記事へのコメント