スルガ銀行:歩積み両建て。

「かぼちゃの馬車事件」というレベルのスルガ銀行横浜東口支店融資。
シェアハウス賃貸というビジネスモデルで、賃料サブリースらしい。
サブプライムローンみたいです。
出資者に、出資金を貸すときに、フリーローン契約を結ばせ、
スルガが出資者に金を貸して、その金を定期預金で預かる。
こういうことが行われたようです。
定期預金が取れると、その部分を銀行は信用創造に回す。
その信用創造して得た金を市場金利もしくは高利で貸し出す。
銀行は、100万の定期預金で190万くらい貸せる。
比ゆ的に最後は日銀がスルガ手形を割っている。
経済や市場が健全に拡大する状況なら、このモデルは
上手く行く。
ところでいま日本では東芝が決算も満足にしておらず倒産する。
やっている事業はいい事業でした。
ただ、洗濯機「銀河」がバカ売れした時代じゃない。
いわゆる都市銀行でリストラが始まった時代です。
スルガ銀行の横浜東口支店は明らかにコンプライアンス違反でしょう。
金融庁が監査に入るのはわかります。

スルガ銀行は決算目標を立てる。どこかの本部で誰かがたてる。
銀行の行動原理はその目標を達成することです。
これは、人格に関係ない。

1 銀行帳簿における信用とは。
住宅ローンなら保証会社をつけさせる。
A銀行が住宅ローンをつけるとき、A信用保証に保証させる。
ローン借入人は保証代金をローン期間に応じて事前に払う。
1000万借り入れだと、20万くらい払う。
住宅ローンの事故率が50件に1件の返済不能なら、
保証会社が銀行にローン元金を払って銀行は損をしない。
こういうことで、住宅ローンは元利金等で最初は金利だけ払わせるから、
実質超高利金融でありまして、保証会社という保証人つき。
ですから銀行経理上、優良債権でBISに引っかからない。
こういう鉄板の目論見で、やっていたのですが、
バブル崩壊家庭崩壊髪の毛崩壊人格崩壊銀行崩壊となった。
住宅ローンこそどこの国でも巨大な危険リスク火薬庫です。
リーマンのサブプライムはドイツ銀行がそれを演出した。

韓国の通貨スワップを信じて、ノルウエーが韓国国債を買う。
それは円資金が担保になるからです。
ですから、通貨スワップは事実上の韓国支援であり、
それは北朝鮮援助と同じだから、
安部政権は行わないとする。
すると、韓国国債買ったヨーロッパはでかい欠損になる。
だから、モリカケウロンで安部降ろしでしょう。
8738.jpg
銀行のビジネスモデルとはある意味簡単でして、
どこに金利差や信用があるかを探すのが基本。
銀行を潰すやつというのは上記の面構えです。

ともかく保証人をつけさせる銀行行動原理。
それの究極がスルガ方式でしょう。

2 事実は厳しい。
歩積み両建て以上を、出資者を募ってやってしまった。
その出資者はサラリーマン。
これはかぼちゃの馬車が壊れたら、事実上保証力はない。
こういう帳簿上の保証で銀行決算はクリアしても、
かぼちゃが壊れたら、一機にリスクが表面化する。
返済が止まった資金が1500億という。
報道に事実の部分半分あれば、
スルガ銀行の年間利益は吹き飛ぶ。

それでも、一年の利益が飛ぶだけ。

3 かぼちゃの馬車と「〇〇〇〇大家さん」が似ている。
出資金詐欺という感じでは、LCAです。
静岡の〇田。
いや、これが本命でしょう。
そして、決算作りが銀行の仕事としか考えられない、
東京本部が、穴を埋めるために、穴を掘る、トンネル作る事業に
金を出す。
たぶん千葉に埋まってしまった。

金融庁はごみを掘り出せるか。

この記事へのコメント