産廃利権屋から地上げ屋まで広い交友。

万葉倶楽部という企業が企画した事業の一つに霊園事業がある。
霊園ビジネスが違法ということはなく、同時にそれを安く提供する合理性がある。

マンション墓場というのがある。
都内有名地名の場所にM霊園があるとする。
これは一万基という位牌を預かるというビジネスで、狭い境内に
マンション墓苑を作り、墓を売るというお話。
この許認可で金にする。つまり宗教法人の名前だと墓を作りやすい。
建設会社も箱を作れる。こう考える。
墓という空気のようなものを金にする。
これに群がるものと、合理的ビジネスにしようというもの。
どうやって見分けるか。
過去の実績です。

1 酒井正覚。
病院乗っ取りグループとして有名なNグループ。
その餌食に某老人ホームもある。
この事件の中にいた酒井さん。名前は酒井歳幸。
老人ホーム経営者は別件で逮捕されたが無罪。
その報道を執拗にしていたネット誌もあった。
ナスカキャベツ化回し下痢、皮肉ではある。
浅草の位牌屋。そして六本木の墓場(=寺院)。
病院、葬儀、墓場という一貫ビジネス。
宗教で名前も変えられる。

2 病院、葬儀、墓場という一貫ビジネス。
それなら、客も作ってしまえというのが自然な流れ。
地権者閉じ込めれば、地上げもやりやすい。

ここまで仕事に打ち込むのです。
六本木、南青山、青梅、、、、、

麻布、釜無村、木蓮寺。

この記事へのコメント