モリカケウロン報道いずこ。

連休が明けてモリカケ報道が下火になってはきた。
野党が国会に復帰して柳瀬元秘書官を参考人として招致していたようであります。
結局、加計学園側と面会していたということらしく、
首相の代わりに人と会うのが仕事でありますから、
さもありなんと思う人と、やはり加計と会っていたという人にわかれて
おかしくはない。
ただ、経済革命倶楽部山本氏も石破茂のパーティーに出ていた。
(週刊0510誌より借用)
けいきゅう山本記事.jpg
山本一郎氏はほかの政治家パーティーにも出ていた。
そういうことは石破茂と山本一郎の関係を考えるときに大事です。
こういう山本一郎さん的な人士はそういう関係性があると
印象付け利用するものなのであります。
森友学園籠池氏と同じ手法で世渡りする。
すなわち籠池氏と山本氏は紙一重であります。
いま、ねずみ講的出資金詐欺で事件にもされず浅草あたりでパチンコを
打っている山本一郎氏。
そして、詐欺で公判を待っている籠池夫妻。
保釈もされず、第一回公判も開かれずどうなることやらですが、
この生き方の似ているお二人の明暗はすごいものです。
ここで、詩ね朝日新聞的思考をすると、
こういう違いは安倍総理の忖度であるとなる。(こういうことでしょう)
籠池学校設立認可は大阪府実務によってされなかった。
国の行政がかかわっていても、実際は大阪府が認可しなかった。
認可というのは申請受付から許可まで一連の事実の集積ですが、
認可申請受付の時に90%以上事実上審査は終わっている。
ですから、大阪府が受け付けて、大阪府が許可しないことが不思議であります。
籠池事例では申請受付時と許可時では府知事が違っている。
ここがポイントでしょう。
受付時は太田房江知事ではないのかと思ってしまう私です。
(下話はこの時代からと聞く。自民党ですな。同時に飛鳥会です。)
記録的には橋下府知事時代の規制緩和があって籠池申請受付がされた雰囲気。
(ですから結果論的に橋下徹氏は籠池擁護とかある意味ぶれる)
要するに加計学園獣医学部申請と似た構造があって、
まず、認可申請をさせないという行政があった。
その行政の壁を乗り越えるか打ち破るかドアが開くのを待つかでは、
態度が違うが加計と籠池は同じ。
籠池氏は、学校設立認可申請受付後に矛盾する財務書類など作り続けて、
行政手続きの相手方が違うことを奇貨として、認可事業を続けたのです。
他人の金と顔で近畿財務局から国有財産を払い下げ受けたり大した手腕です。
だが維新の会松井知事は法の建前通りに認可申請を許可しなかった。
騒ぎの最中でも、三億くらいの現金を籠池さんが調達してきて、
学園帳簿の体裁を整えたら大阪府は許可を出した。
理由は申請時の条件は大阪府がチェックしている。
それをクリアしたら許可は出る。
だから、籠池氏は許可申請を取り下げて、
話がなかったことにして、刑事訴追を逃れようとしたのです。
ようするに詐欺だと言われそうだから、前提の話をないことにした。
通常はこれでおしまい。
ともかく籠池さん、帳簿にあるはずの金を持っていなかった。
それだけの話です。
籠池事業についていた人たちも大損害ですがそれは事業の運否天賦。
ですから詐欺的なビジネスマンですが西淀ではよくある手法であります。
大阪では周知のこと。
辻元公園と同じ。行政から金をせしめて下々にまわすのが英雄の風土であります。
「詩ね朝日新聞」報道は効果があった。
これから、この報道の結果が出てくる。
①籠池を詐欺で起訴した大阪地検の電通ワークス現象。
②大阪民国の問題が表面化して話題になることがあたりまえになる。
③辻元清美がどうかなるか。
まず、大阪地検の起訴した事案ですが、行政法的に違反事実はあるでしょう。
ただ詐欺で立件すると、前提事実がないとなると結構苦しいと思う。
つまり、電通ワークス事件も加害者の電通を被害者にするお話に無理ありすぎて、
詐欺ということを論ずる前提が崩れた。
ですから、地面師著名人高橋利久以下が無罪になった。
無実ではない。事実を落とすから無罪となった。
関連事件で、ファイナンス会社相手に虚偽申し込みをしていた事件があったらしい。
それは、詐欺が未遂でも、欺罔して金をとろうとしたか取ったかですから、
有罪になった。
首相夫人がどうのこうのとキャラメルが歯に絡む話で盛り上げたが、
刑事事件でそういうことは「詩ね朝日」がゆうたタワゴトと籠池が主張すると
無罪になるかもしれない。
詐欺の前提事実がないとなるとそうなる。
すると、籠池無罪は「詩ね朝日新聞」が有罪となり、虚偽報道が明らかになる。
そして、
辻元清美と辻元公園が解同やユニオン、在日利権と公然化して、
これから大阪民国で語られ続けて、いつかは事件化されるでしょう。
ただその前に大阪地検特捜部が事件化されかねないですが。
皆さん、マジでこういう展開になると思う。
大阪の西成でも、不正は憎んでいますよ。
ただ、ヤクザや飛鳥会が怖いから沈黙していただけ。

こういう政治や報道が連休前20日近く野党が寝て、
まあ劣化ひどいものです。
立憲民主党枝野が現在の状況では、アメリカの敵である基本からすると、
今の国難を背負えるのは安倍さんと麻生さんしかいない。
麻生さん金持ちで国民は助かっている。

1 保守をお題目にする政治屋と犯罪。
広い意味で「競球」の山本一郎さんは詐欺師です。
政治家というのはこういう人の金でも献金は受ける。
だが職務に関することで金をとれば、贈収賄です。
鈴木宗男は200万で贈収賄。
石破茂も山本からパーティー代受け取る。
柳瀬秘書官は加計と会う。
だが、鈴木宗男はヤマリンから金を得て便宜を図った。
だから贈収賄なんです。
石破茂が山本一郎から金を得る。これが政治と金。
麻生さんは山本一郎から金は得ない。
山本一郎は相手にする必要がない。
飯塚には山本痔郎から山本多三郎まで、もっとすごいのがいる。
そういう輩を知り抜いてる麻生太郎が政治に必要です。
麻生さんは国民に貢献できる可能性がある。
金持ちトランプさんに臆さない。いいことです。
立憲民主党枝野某が訪米できない。こいつがアメリカに行ったら、
テロリストで拘束されかねない。
ですから立憲民主党は日本の外交に役に立たない。
それだけです。

2 石破が万歳すると小池も万歳トランスデジタル。
トランスデジタルという静岡三島のソフトウエア土方派遣会社(人工だし)が、
上場して30億市場から集めた。
そこで、自衛隊マンセーを売りにする二人の政治家がトランスデジタル万歳をした。
石破茂と小池百合子です。
その写真はネットから消えた。
そのかわり、類似をいかに載せます。
o0625046813892988884.jpg

ほれみれ皆さん問題児です。問題がばれないのもいる。
こういう、金のない奴が政治すると問題を起こす。
ただ、日本は政治をまじめにやろうとする人には生きられる手当は出している。
麻生さんが30万くらいの誂えスーツを3着作って仕事着にする。
洋服のAとかKで三着買えば7万くらいでありますが、
麻生さんにサイズが合う吊るしがない。
麻生さんのいいところはこういう部分で身銭を切ってくれる。
銀座の払いも身銭です。
だいたい、上記写真程度が過剰に生活するからトランスデジタルが金を集らせるのです。
その金は大衆から奪うからいいのです。
トランスデジタルは30億集めた当日、
黒木正博がその金を後藤組フロントを通じて岡本クラブに運んだ。
結果、永本壱圭が金を回収し損ねて、一億の手形を振り込んだ。
その結果トランスデジタル倒産。
野呂周介はT弁護士尽力で金は回収できたらしい。
市場から金を30億集めた会社が、裏で永本、野呂金融から金を借りていた。
その事実がすごいと思えれば「詩ね朝日新聞」たいしたもの。
karimono.jpg
この和服小池の自前でしょうか。
まあ、国際舞台で衣装を合わせようとすると金はかかる。
普段から、こういう衣装に金をかけられる人でしょうか。
小池さん、たぶん借り着。

3 小池都政が万葉倶楽部に背信をする。
トランスデジタルも三島。スルガ銀行も沼津。
そのあたりに公設市場というのがあった。
バラックで日用食品売り場をつくり、野菜肉魚を供給させた。
こういう地方の行政が売り場をつくった時代があった。
時代がかわり、いまそういう市場の残骸があちこちに残っている。
三島あたりの公設市場の地上げを仕上げて、損して得取れで、
スーパー銭湯を作ったのが万葉倶楽部。
行政も関係者も喜んだ事業でした。
輩も排除してくれた。
まあ行政が民間業者に汚物を排除させたのです。
近畿財務局がウトロを籠池に押し付けたのと同じ。
そういう実績を見て、東京都が頼み込んだ、豊洲の万葉倶楽部ホテル。
大江戸風情の観光施設建設。
静岡銀行が応援していて、上手くゆかないはずがない。
カボチャ事業と違う。

ところが、小池都政です。
和服を借り着では無理です。事業がわかるはずない。
金貸しのレベル。

4 地上げ屋は政治に金を回す。
そういうことはある。
長期的開発は政治を見ないとできない。
それが本末転倒すると、おかしくなる。
まず、海喜館事件を見てみる。
積水が騙されたという。
その不動産売買に、Uグループ、D・Kグループ、そしてIグループが
絡み合っているといううわさはある。噂もあった。
これらは仕事師業界の人です。
地上げ屋と仕事師は隣り合う業種。地上げは正業です。
そういう業界ビジネスに弁護士はつきもの。

これがトラサン地上げの一過程の公示。
中山正義代表社員.jpg
この公示の直前に代理人弁護士がいたわけです。
アロークロスペクト3には有名弁護士がついていた。
栃木.JPG栃木3.jpg


弁護士は弁護がビジネスだから中山さんの代理はかまわないわけです。
でも名前は途中で消した。そういうことがメモされる。
φ(.. )メモシテオコウ

この地上げ現場は結局競売された。
競売した者は損得でない。怒りでしょう。

金を出されて、
その金を利用されて刑事権力を利用して排除されかけた人は怒る。

こういうことが海喜館事件である可能性がある。

それは同じようなもしくは同じ弁護士が絡んでいたからです。

ナスカキャベツ化回し下痢。
風評をばらまく人ばらまかれる人、人生いろいろであります。

この記事へのコメント