籠池裁判はいつか。極心連合橋本会長引退。今日の話は昨日の続き。

共犯事件で最初の公判までに時間がかかるというのはある。
S報道サイト関連事件でも事件は二つに分けられ、
基本事件が確定されたのちに三名の第二事件の初公判があった。
この事件の詳報はアクセスジャーナルに載っている。
一人が起訴事実を認めたのでこの事件は終わりです。
こういう事件があって、その後の状況の変化もある。
つまり、刑事事件は一部のこと。
その余のこともある。
だから刑事事件が間違いではない。世の中の一現象です。

1 籠池詐欺事件の裁判。
籠池氏は詐欺で立件されて、夫婦で訴訟を待つ身であります。
補助金詐取ということで起訴されすでに9か月。
弁護側が二つに分かれていたら、裁判期日調整や意見書提出も、
いろいろな組み合わせがあるから
最初の公判がなかなか開かれないということはある。
被告人が納得していたらいいようなものですが、
それでも裁判を受ける権利の中身に迅速性があるから、
人権擁護の意味でもマスコミに、この裁判取材をやっていただきたい。
籠池氏を詐欺師として扱っているネット論調があるが、
それは少し早いのでは。
(ナスカキャベツ化回し下痢現象)
籠池氏は「反省すべき点はあるが故意ではない」との見解を示していたとのこと。

この森友学園許認可作業では、まず大阪府行政の受付があった。
このことは、森友学園認可について、いわゆる事前審査は通ったということ。
ここで受け付けは受付。それに大阪府行政の瑕疵はない。
だが、大阪民国では
「受け付けておいてなんでやねん」という声が上がるものなのです。
天王寺公園で拡声器で演歌を歌い続けるおっさんがいます。
そういう土地柄です。
天王寺も行政の力でいろいろ良くなっていっています。
(すごいぞ大阪。)
この天王寺公園の変化は、森友学園認可の歴史と考えていいのでは。
すなわち、飛鳥会→橋下府政→松井府政という変化です。
橋下府政時代籠池さんは近畿財務局に土地を貸してくれと言っていた話が
あったとかなかったとか。
借地であれば、投下資本が少なくていい。
事業家籠池さん正しい判断です。
とまれ、大阪府の申請受付のときの条件をクリアできなくて
籠池さんは森友学園認可申請を取り下げたのです。
ですから、忖度音頭はもう歌っても無駄。前提事実がない。
今度は加計学園で、誰かの秘書があったとかあわないとか。
デート商法マンハッタンインベストメント社長も一日にたくさん人と会うから、
記憶にないという訴訟上の抗弁が通った。
あったから関係があるとはならない。
でも野党はあったと認めると、忖度忖度とあと三年は踊るらしい。
だから解散総選挙したほうがいいのです。
それはさておき、
籠池さんはいま詐欺で起訴されたことには不満だと思う。
ここで、詐欺の公判で、認めてしまえば、事件は終わる。
S報道サイト事件と同じです。
ただ、執行猶予はないと思う。
それなら、
あと半年拘留されて、懲役もらって未決勾留もたくさんもらえばおなじやないか。
こういう考え方もある。
いろいろな可能性があるわけです。
籠池さん、差し入れのおやつで栄養過多で痛風らしい。
勾留中痛風と糖尿悪化で死ぬかもしれない。
大阪民国なんでやねん世渡りがあらぬ方向に行くとこういうことになる。

辻元公園が金儲けならワイも金儲け。
tuji.jpgkago.jpg
こういうことを「詩ね朝日新聞」に利用されただけです。
まあ、別に原点回帰だし、生きていればいいこともある天王寺です。

2 橋本極心連合会長引退。
山健組の幹部であった橋本氏が引退した。
橋本氏は某団体会長から某団体への5億の金融の保証人であったという。
こういう話の流れで、金融がこじれると、
経済ヤクザは困るわけです。

ヤクザをやめるには理由がいる。
山健組トップがI氏からN氏に替わる。
ここで、業界内部の序列と構成が替わる。
que-10156195175.jpg

これがある時期の山口組の序列と構造です。
このときI氏は服役中。
山健組が最後尾です。
I氏が引けば、官僚の世界同様、S氏が引く。
(こういう推測は成り立つ。忖度です。)
浜松のTも死んだ。

こういうときに身を引くのがチャンスかも。
一人親方もいつまでもできない。

そうやって安定構造もとめて抗争は続くのであります。
終わらないですが。

歴史です。
171.JPG
maxresdefault.jpgf2609e86.pngfef83a1c.jpgダウンロード (33).jpg5f2d9645.jpge38add45.jpgimages (17).jpg

この記事へのコメント