岩間開発という懐かしい名前。

岩間開発とは北祥産業が手掛けたゴルフ場開発会社。
北祥産業・北東開発の二戸一企業。
北祥が平河町、北東が赤坂に登記があり石井横須賀一家会長関連会社。
東京佐川急便事件、東急電鉄株式買い占め事件の主役であった。
代表者・庄司宋信氏は銀座に「花グループ」という倶楽部を経営。
銀座7丁目の「リービル」8丁目「和恒ビル」に店を持ち、
昭和バブルの花の舞台を提供した。
イトマンファイナンスが石井久会長に資金提供をした。
住友銀行は結果的に主役である横須賀一家総長に融資をしていたことになる。
これは過去の話である。
横須賀一家石井が銀座で東京佐川渡邊広康と知り合う。
クラブ経営者が横須賀のフロントになるのは当然。
東京佐川渡邊は北祥という看板を得て、また北祥は佐川の信用力で
金を引くことができた。
不動産事業はブームに乗り大成功。
①イトマン事件。
②東京佐川から竹下に巨額献金。トラック二台分。(一台は半分くらい?)
③許永中、帝国ホテルに事務所を持つ。
④、、、、、、、
ここで、石井久は夜の商工会議所会頭と言われた。

銀座のクラブ、銀行、ヤクザ&仕事師、「会社喰い」「銀行喰い」
これが経済事件の原点である。
こういう事件の陰に大蔵省あり。(ノーパンしゃぶしゃぶ)。

さて、スルガ銀行事件であるが、
          噂ですが、噂ですが、噂ですが、
OがKの絵図でスルガ銀行決算を作る。
三年後くらいに返済できる高収益案件があれば金は出す。
ところで、✖✖案件は儲かるから、〇億円借りたらどうか。
そのうち2億は使って、?億円は紹介者グループがとる。
三年後は〇億円返せるでしょう。
こういうスキームがささやかれる。
ここで、「カボチャの馬車」融資スキームを✖✖や〇や?に当てはめてみると
どうでしょう。
さらにです、森金融庁長官を大蔵に見立てる。
そして、イトマン事件K弁護士が隠し録音を公開する。

これは、ミニ佐川急便事件であります。
(安倍政権は関係ないですよ。はっきり言うし言えます。
大手マスコミ取材可能。かけるならね。(w
逆に、辻元清美は関係あるかも。それはですね西淀だから。
捜査する側は、わかっているのです。)

1 千葉で山と穴が大騒ぎ。
まあ、大騒ぎです。

2 本日、週刊Hサイト事件、F氏の裁判傍聴。
第一回裁判は共犯者全員集合であるので、
これは罪状認否を聴きに行く意味もあるし、行きました。
S氏は認めて、N氏はまあ否認?、Fさんは認めた。
本日はS氏とF氏の裁判があったようですが、
S氏の裁判は関係ないし、初回の傍聴人を見ておわりです。
Fさんは、あまりに恐喝に似合わないようなので、
これは後学のために傍聴した。まあ驚きました。
素直な供述で、聴いていて違和感ない。
本人に都合の悪い事実も認めていた。
そして、こういう業界で5千円が大金である事実を最近知ったわたくしは
Fさんの行動に納得行く。
(5千円は大金です。Hさんそうですよね)
FさんはT弁護士から脅し取った金の行方について供述した。
これも驚きでした。
ただ、その真偽はわからない。
そして、トムとジェリー的人間関係についても供述。
さらに、I会長というビックな名前で畏怖したという。
畏怖するでしょう。I会の会長であれば。
これも詳細は分からない。

3 裁判前の傍聴人控室に。
ある人物がいました。
杖をついていた。
S氏と面談を求めていたようです。
こういう部分で傍聴はやくにたつ。

4 都留カントリークラブ。
これが現在のワールドエースカントリークラブ。
乙区11番にLCレンディング融資がある。
これは、金が一般投資家に償還されたようです。
LCレンディングは金融屋として、少し変ですが、
それでも金主の一般人に迷惑をかけていない。
立派です。カボチャの馬車と大違い。

さて、このゴルフ場がリニア新幹線トンネル工事の残土処理場になる。
こういうことで、皆さん話題にしている。
公共工事の残土は結果としてほかの事業の役にも立つという
大義があるから副次的に許可される。
そして、グリグリの人には許可は出さない。
まあ、籠池さんですか。
これは、単なる「反社」レッテルでない。グリグリ君です。
例えば、
こういうのがグリグリ君です。
知らない貴方が阿保でした。
こういうのが出てきたら公共事業はストップ。
つまりです、森友申請時と最終認可時では時代と府知事が違う。
酒井正覚が競売妨害で逮捕。
そこには、鈴木一郎@二足の草鞋 元おまわり
保下田の久六
とか歴史がある。
万葉倶楽部も気の毒すぎる。
こういう部分で、安倍政権に限らず、日本政治は無関心無気力。
そういう陥穽を、なんでやねん辻元清美につかれる。
自業自得ともいえる。

都留カントリー、
公共工事を詐欺の商材に使う輩。

東京地裁の恐喝事件傍聴人待合室にいたとは。

この記事へのコメント