やはり出てくるリスト。

宅見司.jpg
最近、西城秀樹氏が亡くなった。このとき宅見勝氏とのことを云々された。
宅見氏にはご家族がいて、ゴールドコーストにも一緒に来られていた。
そのころは50歳くらい。スマートな方だった。
ゴールドコーストには結果的に田中森一などと一緒に来ていたことになる。
今から思えば、許永中人脈、イトマン事件人脈そろい踏みでありました。
和田アキ子が高層マンションを買う。最上階を宅見勝が買う。
当時のオーストラリアでもそれはできないことですけど、
実際に買ったから、宅見氏はある意味凄い。
その宅見氏が暴対法指定団体にされたとき聴取された時の写真が上記。
平成に入ってすぐのころと思います。
前方三名はそろいのダブル。山健組の会長が山健カットのシングル。
こういうことに業界人はこだわるようです。
関東連合はじめ最近の流行髪型がトサカ君の群れ。
とさかカット.jpg
この人も業務停止ですが、まず頭を丸めないと。
禿は仕方ないですが、非弁活動で人生崩壊だし。
こういう全体からメンバーだぞとアピールするわけです。
ですから関東連合の行動原理とあわせるとメンバーは分かりやすい。

とまれ、平成の最初の序列が上記のもの。
岸本氏は神戸の地方行政の役人だった。
名古屋を左に従え、山健組が最後尾をしめる。
実力を示すのが上記の写真。

そして、この直後というか1997年に銃殺されている。
この宅見氏と稲川会石井氏と八幡商事大村幹雄のトリオの写真が
仕置き人「草野洋」ブログにありました。
保存はされていないが、誰かが持っている。
八幡商事というのは「整理屋」でありまして、
イトマン事件などの仕事の原型を開拓した。
週刊Hサイト事件で被害者であったT弁護士ですが、
この八幡商事と協働していた日本不動産地所側で
聖蹟桜ヶ丘地上げで活躍していた。
これは歴史でありまして、ただ表の歴史ではない。
山口組O会の会長の著書にも少し触れられている。
(「血別」・貴重な歴史の証言です。)
真珠宮ビル事件も、四谷にある事務所群が活動していた。
大村幹雄・サージ生島・天野(金政基)のトリオが若いころの姿。
(「血別」より)
そういう大阪の現代史にT弁護士がブルネイ中央銀行の資金の受け手として出てくる。
そこを取材したいわけです。
登記申請書 田邊.jpg


T弁護士が業務でこのような権利移転行為をなさることは
違法ではない。ビジネスです。
だが、5億の金がブルネイ中央銀行(テマセク)から送金されて、
民法646条の委任主体がブルネイ国であり、受任したのがT弁護士。
その権利に山口組天野組がかかわっている。
飛鳥会もかかわっている。
そういうことが上記登記から容易に見えるわけです。
さらに、八幡商事本店所在地と同じ本店住所の有限会社マレ・ノストロム
が、結局権利を差配している。
上記登記乙区5番。

この物件で大阪の業者が銃撃されています。
基本的には「アプラス」の抵当権をつぶして、競売妨害行為です。
つまり、八幡商事の伝統的手法。
天野組・飛鳥会・日本不動産地所・G会だぴょん、こういう仕事がある。
ここに八幡商事が出てきて不思議でない。

中野会会長が襲撃されたのが1996年7月10日。
そして日本不動産地所の社長サージ生島が殺されたのが、
1996年8月26日。
生島久次氏は資金力を持参して中野会に復帰の予定だった。
その一年後の
宅見勝氏暗殺が1997年8月28日。
こういうビジネスが背後にあって抗争が起きる。
これが国家間であれば戦争になる。
ブルネイ国家資金がヤクザ通じて日本に投下されていたわけです。

真珠宮ビル地権者が行方不明にされる。
そういうことがなぜ起きるかです。
それには理由がある。
新橋4丁目で白骨死体が出る。
それにも理由がある。
戦争ですからあり得ると思えばわかりやすい。

1 やらずぶったくりの強盗野郎。
オモニがおしえてくれました。
北朝鮮もビジネスで生きていて、すべての所有権は将軍にある。
日本の政治家も日参していた。
db8509d3 (1).jpg懲.jpg
金もらっていたら第5列です。
山口組トップ交代には影のトップがいたらまずい。
ですから、絵図書いて殺すし、スワット事件も起こす。
だが、内部は疑心暗鬼になり分裂する。

米朝首脳会談で明らかになることが明らかになるとは限らない。

List.JPG

大丈夫かな、、、「朝日新聞」。

この記事へのコメント