政治・行政・マスコミ。

世間的には全く無関心無意味な事件でネット報道という一部世界が熱い。
その事件とは「週刊Hサイト」恐喝事件である。
T弁護士が恐喝された事件である。
わたくしはHサイト主幹のS氏の罪状認否を聴きに行った。
S氏が、容疑事実を全面否認すると思ったからである。
そうなれば、検察は完全なる立証をせねばならず、
裁判を通じて、T弁護士と一部ネット業界の軋轢がわかると思ったからであります。
ところがS氏は起訴事実を全面的に認めた。
これには法廷に、実際にどよめきが起きた。
こういうとき大事なのが傍聴人でありまして、
Yジャーナル他HさんOさん他たくさん来られていた。
いわゆる業界人もいたでしょうが、わたくしの研究範囲ですが、
事実的に知り合いはいない。
今の、この事件の関心・意味は、
Yジャーナルに喝取金のうち10万円がわたったかということです。
このことは、被告人側が事実として主張している。
だからと言って、わたっているということはわからない。
これを「茄かキャベツか回し下痢」現象と名付けたい。
つまり、言った言わないの世界です。
(細野豪志が5000万個人的に借りたんである。政治と関係ないというのと同じ。)
① 10万円の現金授受があったかないかという事実的問題。
  このある、なし。いわばデジタルの問題。
② その10万円授受があったとして、
  その現金提供の趣旨をYジャーナルが喝取金の一部として
  認識していたかどうかという趣旨の問題。
  これはアナログ的な、色が黒かグレーか、ピンクか緑かということ。
Yジャーナルが上記①②の意味で、喝取金と認識して金を受け取ったと
なるとです、YジャーナルもT弁護士恐喝事件の一部となる。
実際事情聴取はされたようです。
公判で同じ意味で、Oジャーナルは事情聴取に応じていないと
わざわざ明らかにされた。
Nジャーナル(N&F)は恐喝行為の狭義の物理的実行行為を行った。

この事件はT弁護士に対する報道だけで恐喝かと思ったら、
(それなら、T先生?????、回し蹴りくらい平気でしょう。)
香典袋に「子供を殺す」という香典入れた、N&Fがいて、
Oジャーナル、国際新聞、Hサイトとどこにでも出没して、
紙爆弾でネット報道に暴力装置としての役割を与えることの
限界を超えたと思った次第。

このような背景があり、
YジャーナルはT弁護士に裁判所八階で誤解だと泣き、
高級皿帽子の河童も来る、マスコミ取材も始まるで騒乱の気配です。

T弁護士は取材は金の無心と心得ているようで
さすがに平和相互銀行副社長の息子です。
根性がすわりきっている。
RIMG0088.JPG

RIMG0106.JPG
東京会うとローズ.jpgtorannsudejitaru.jpg
こういう小さな事件が、実は、細野豪志5000万借り入れと
関連するかもしれない。
少なくとも、イトマン事件・四条畷地上げ銃撃事件には関係しているし、
N&Fは郵政物件払い下げ詐欺に関係しているH某を国際新聞を使い攻撃した。

T先生は外国中央銀行からの送金受け皿となっていた。

紙幣見本.jpg

(上記紙幣はシンガポール、ブルネイ、マレーシアの紙幣
ブルネイの紙幣はシンガポールで作っていて、
TemasekHoldings logo.svgという事実上のブルネイ中央銀行が関与。
マレーシア紙幣はドルペックであります。
シンガポール紙幣とブルネイ紙幣は同価値でシンガポール紙幣としても使えるはず。

ところが、フィリピンではブルネイ紙幣は両替を断られる。
マレーリンギットも同じ。これらの共通項はマレーの紙幣だからでしょうか。
確かに、一種の準戦争状態はある。)

このようなタイのク-デターと関係する、金5億の受け皿に
T先生はなっていて、さらにその金が飛鳥会の地上げ乗っ取り
銃撃事件と関係している。

ですから、このHサイト事件は、みずほ銀行恐喝事件にさえ
関係している可能性を秘めていておかしくないわけです。

H某の詐欺事件公判で、裁判官が平本一方氏について聴く。
それに被告人本人がせせら笑いながら答える。
裁判所が採用した登記記録の登記名義人について、
被告人が説明する。
この関係で国際管財について論議される。
この関係性次第で被告人は無罪になるかもしれない。

Hサイト事件は、大事件の入り口かもしれないのであります。

2 川勝知事が森林法許可。!

静岡知事、伊東市のメガソーラーを許可 :日本経済新聞

知事に「良識的判断」要望 勝俣衆院議員が面会―伊東のメガソーラー ...

伊東のメガソーラー:建設で「規制条例に抵触」 知事見解 /静岡 - 毎日新

上記報道が、Hサイト事件と関係あるかですが、
週刊報道サイトは、事件後も全く同じ形で存続している。
まったく、めげていない。
記事はますます厳しくなっている。

川勝静岡県知事の行政判断に政治的判断もしてくれと
自民党議員が申し入れる。
森林法と「規制条例」は別。
さらに、経産省が太陽光IDを取り消すように
森林法認可の行政庁が要望する。
ハチャメチャであります。
このように、行政政治含めて、
マスコミを見て行動する側面がある。
ネットマスコミもある世界では業界紙だから
社会的政治経済活動に影響を与える。
このネットマスコミを利用して恐喝をする者もいる。
ネットマスコミ報道を消せとうなる人もいる。
じつは、同じなのであります。

モリカケで二年の大報道。
結果はなにもなし。

茄かキャベツか回し下痢報道強要があり、
新橋4丁目で白骨死体が出て、
さらに、細野豪志が5000万をJC証券から借り入れ、
さらに2億もどうなったで、
LCレンディングの金集めに暗雲が垂れ込め、
メガソーラー屋は工事に入ると伊東市に通告し、
(さっさとやればいいでないの、問題がでかくなると書きやすい)
伊東市は経産省に助けを求める。

そして、サウジアラビアで王子暗殺未遂があり、
石油次第でブルネイが破綻するかも。
(まじ、アブサヤフに金を出した過去の事実がある。
そうするとフィリピン陸軍が攻撃するかもしれない。

keirei.jpgimages.jpgTUJIMOTO.jpg88ee1317-s.jpg36c7a562-s.jpg金正男.jpg


なにがあるかわからない。
沼津市も大震災を忘れてはならない。
忘れていると、
水は津波となって沼津を襲い、沼津は壊滅です。
摂津も沼津も川のなれの果て。
先日摂津で大震災があった。
沼津は津波がくれば全滅でしょう。
鎌倉の大仏も津波で動いたとか。

イトマン事件のヤクザフロントなんかに
かき回されているときではないですよ。

この記事へのコメント