東京医科大学本部校舎は大林組。

東京医科大学の校舎は新宿にある。
そこに新病院を建設するとか。
日本近代医療で、肥後ゆかり北里柴三郎先生の右に出る者はいない。
今後も、北里先生以上の学者はでないでしょう。
私立医科大学も専門学校ではなく国際的に通用する学校ばかり。
東京医科大学本部の建て替えは、本命が大成建設であったが
それが大林組にかわった。
総工事費400億円超。
日本医科大学も大成で本部を建て替えたがバブルで経営が失敗。
千葉の田舎の病院の建設代も未払いがあるとかあったとか。
北里大学は相模原の医療センターで大成功。
医学教育機関も激烈な競争がある。
それを支えるのが日本国民が払う健康保険。
まあ、いいことではありますが、
ゼネコンが病院を狙うには理由がある。
事件師新田グループが病院を狙うには理由がある。
儲かるからです。
事件師の場合、八王子の老人医療で精神病院を支配すると、
爺婆を閉じ込め遺産を奪える。
これが本当のことだから怖い話です。
白骨遺体になる前に閉じ込めておける。
東京医科大学の建築工事は大成建設の縄張りでしたが、
内紛で副学長が反旗を振った。
その内紛に介入した(企画)したのが本間吉。
裏はゼネコンの受注抗争であります。
東京医科大学500億弱の工事ですから、
工事現場警備の仕事でさえ、大利権。
私立大学の建設工事では理科大、日大、はじめどこでも
解体工事がおいしい。
ですから、私学助成金が結果的にヤクザに回るわけです。
東京医科大学の騒ぎで撮られた録音は警視庁の係りの人に
よく聞こえなかった。でありまして大成が外れて、大林になった。
まあ安くてよい校舎になったならいいことです。

ところが、特捜が役人ぐるみで不正をめくり、
高級役人さんを逮捕。
国民民主党玉木代表が加計も東京医大贈収賄も同じといっとります。
安倍首相が赤いシャツを着たら郵便ポスト何であります。

それ以上に、東京医大は金欲しさに、裏口入学をさせた。
私大だから裏口もいいとは思うが、私学助成金は辞退してもらわないと。
加計から安倍さんが金でも得たのですかね。
高級飲食くらい普通の話です。
ノーパンに行ったのかな。いっていないと思いますよ。

1 ゼネコンはいつも正念場。
東京医大の校舎500億円弱。
大成の受注目標額は2兆円でしょう。
一年に東京医大40個探さねばならない。
鹿島、清水、大林も同じ。

南青山三丁目地上げも、地上げ業者は問題なく金が動けばいいのであって、
地上げは永遠に続いてもらいたい。
しかしその土地で工事をしたいゼネコンがあれば、
土地取得原価は安いほうがいいはず。
こういう経済主体の経済目的が違うわけですが、
ここで政治というファクターを入れると、
東京オリンピック万個ホールになる。
斬新な設計というが、この設計屋の作品は皆イメージが同じ。
立ち上がったのは一個もないでしょう。
柱のないでかいドームなど簡単に作れない。
森喜朗元首相は2500億くらいと簡単に言うが、
(そういうことを簡単に言うところが森元総理のいいところ)
金だけでドームは作れない。
そうです、ドームを作るのは大工さんです。
さらに材料がなければドームは作れない。
全部木造で作ってみればよかった。住友林業ならできたでしょう。
とまれ、2000億円で素材研究から施工経験まで得られるなら、
東京オリンピックドームもいいことと思う。
小池百合子を人柱で埋めてしまうと盤石でしょう。
(祟りがあるかもですが。)
これが政治というものでしょう。

さて、南青山地上げですが、
URからの土地取得がダメとなると、今の事業者は大損どころか
崩壊するでしょう。
元々、平和奥田が地上げを纏めるところを寸前で壊された。
いまの騒ぎの本質はその時から変わっていない。
政治抗争も地上げ屋抗争も金の取り合いですが、
潮時とかいうこともある。
それでものっぴきならなくなっている雰囲気です。

東京の有名地上げ現場は皆とん挫ですね。
六本木3,4、5.7丁目。(含むTSK)
南青山、そして真珠宮やその他の新宿。
寝込んだ金は5000億?溶けた金も5000億。

まともな地上げ屋は大阪ミナミの繁華街に移動した。
同じようなことをやっているようですが、
公共目的なら大阪の地上げです。

逆に大阪のヤクザが東京に進出している。
吉本興業と同じであります。

ミナミの地上げもゼネコンのためにやっている。
それはそれでいいと思う。

2 東京医大の受注抗争は不問でした、、、、
だが、その当事者たちは今回摘発された。
岡本倶楽部、トランスデジタル事件は続いていたわけです。
佃伊東市長が金をとるまで待っていた。
そして、
同様に、細野豪志が金に手を出すのを待っていた。
クラウドファンディングと言ったり、
パブリックフィギュアといったり、
英語で言いますけど、
要するに出資金電話営業商法とグリグリ有名人ということ。
出資金を募り、償還不能になったときに、出資金詐欺となる。
その時に埼玉入間のお話も問題になるでしょう。

「因果はめぐる糸車、明日はわからぬ風車
臼で粉引く水車、我が家の家計は火の車、
車は急には止まれない、すべて世の中堂々巡り・・・」

この記事へのコメント