モリカケウロンビーチ前川細野豪志ヤンキー野田GACKTビットコイン財務省

今年早々、イランタンカーが撃沈された。こうイランでは報道されている。
イランタンカーの目的地は北朝鮮。こう報道されている。
撃沈したのはアメリカ軍。
03.jpg01.jpg
サンチ号は現代重工が作ったタンカーで、生ガソリン12万トンを積んで韓国方面に航行していた。
これは事実。
アメリカ軍の空爆により沈没はイラン政府が否定していて、
原因は香港船籍の中国船がタンカーの真横から突っ込んだ。
15.jpg
香港船籍船がパナマ船籍のイラン船に真横から突っ込んでしまったということです。
双方の船が監視もしないで自動操縦で操船されていた。こう考えるのが事実から言うと妥当。
生ガソリン・(ナフサ)を北朝鮮に直接降ろすのは可能か。
また、海上でナフサを北朝鮮船に移せるか可能か。
こういうのは推測です。しかし考えにくい。
ともかくイランは石油を韓国に売り続けていることは確かです。
このイランの石油の行き先は報道されていない。(買主がだれかです。)

明らかなことは、危ない荷物が日本近海を航行しているということ。

1 ラオスのダム事故。
ラオスで建設中?のダムが決壊して、多数の人が被害を受けた。
水位は12メートルに達したとか。
この報道も日本ではない。
BBC.

このダムを建設したのが韓国SKグループ。
京都繊維をオリジンとする純粋韓国企業です。
主要業務は石油。これが韓国の国策石油会社といっていい。

2 ラオス政府がSK建設を非難。
SK建設を選んだのがラオス政府。
ラオス政府に判断力あればSK建設は選んでいなかった。
判断力を左右する要素に、アジアアフリカにありがちな
ミスター&ミセス10%がいるかもしれない。
10%とは、
パキスタンではブット一族。
フィリピンで有名なのがイメルダ。
最近のマレーシアではナジブ前首相です。

ラオスが日本を非難しないのはそこまでできないのでしょう。
本当はそうしたい。

理由は金が必要だからです。
(Sk建設も韓国も損害賠償はしない。
そういう事態の時には裏金が暴露される。)
こういうことは文科省高級役人裏口入学汚職と同じなのであります。
暴露とは第三者によって行われるものであります。

3 モリカケウロンからヤンキー野田、財務省まで。
ヤンキー野田がGACKTコインで200億とか。
細野がJC証券から5000万円。
こういうのは第三者によって暴露された。
マスコミではない。

4 こういうことで安倍政権がと騒がない理由。
いくら何でも、問題点が違うと簡単にわかるからです。
日大の田中理事長とヤクザの関係は周知の事実でしたが、
文科省は放置していた。
文科省の大臣も放置していた。
(安倍政権も放置していた)
裏口入学も放置していた。
事務方が裏口入学で利益得ていたから放置が目的です。
ビーチ前川文科省事務次官が出会い系で教育を説く。
であるからして、第三者に暴露される。
裏金を第三者に見つかると、第三者に支配される。
それは必ずしも良くない。

連邦政府がTOC制裁をみずほ銀行に出したら、みずほ銀行はつぶれる。
そういう事実を第三者が掴んだら支配されるわけです。

5 SK建設非難したラオス政府は最終的にラオス人民から非難される。
カンボジアと同じで、時間はかかる。
ジャカルタ暴動みたいのが起きるかもしれない。

日本はかかわらないことです。
「見ない、聞かない、口きかない」

この記事へのコメント