知っていながら知らないそぶり。

東京の地上げでは多くの物件がいわゆるしこっています。
真珠宮ビルもその一つで殺人事件あり誘拐監禁ありでまったく事件としても大失敗。
この地上げも引受先がいる、つまり出口があるからはじめたわけで、
そういうのがセオリーなんだと思う。
出口があるから、強引に入り口を開ける。
この場合、壁をハンマーでたたき壊したようなものですが、
まったく元地主に気の毒ですが、世間は一切無視した。
鴛淵千枝さんに椿康雄弁護士を紹介したのがいる。
不動産登記の問題と思ったら、
最初に会社の実印を不法に替えて、銀行預金の9億弱をおろしたという。
マスコミなどから、
「赤富士」の登記がどうのこうのと聴かれましたが、
その前提であるはずの預金の強奪のことは言わない。
知っていながら知らないそぶりであります。
それでは、不動産登記のことも考えても意味ないに近い。
すでに(株)真珠宮{これが真珠宮物件の所有権の過半を持っていた}
は、代表者などの中身が変わって、他人のものになったかに見える。
(株)真珠宮は、役員全員交代総会決議と役員が個人の印鑑証明を添付して、
株主総会を開く体裁で、会社の役員がどんどん替わる。
そのたびに、本店移転を繰り返し、
会社名も「アホウドリ」「意地悪ばあさん」「巌窟王」とかいう風に変える。
まったく犯罪を楽しんでいる。
会社登記を変える、代表を変えるのは家賃を差し押さえたりするわけです。
鴛淵千枝さんがどこで亡くなったかさえ分からない。生きているかもしれない。
殺された野崎和興元書士も真珠宮ビルに付けていた
抵当権登記の回復訴訟を始めていた。これは菱和社一部上場阻止です。
これは殺人の動機が見えてきた。
そしてこの人は相模原の有名事務所でしたが、バブルで不動産投資破産をして、
元司法書士で、一時期元登記所所長を雇って書士業務をしていた。
こういう、初期の段階でこの事件に当事者で入り込んだのが内田マイクさん。
この事件などで短期服役し、出てきたときには手配師に転身していた。
ヤクザも後藤組以前に相模原の弘道会系が入り込み、
どれみふぁクラブ@種子田益夫@東京商銀@祭主哲也@瀧澤孝まで
入り込んでいたわけです。
ドレミファクラブが歌広場となった。金券ショップ。そしてフローレス。
某系右翼もどき。やばいと思えば、ヤクザは逃げ出す。
ヤクザでも逃げられないのが残る。犯人はこの中にいる。
「171ビル」の入居者です。「いないびる」。最後まで笑い飛ばす。
こういうことは、なかったことになる。
殺人は捜査したくない。責任はだれにあるのか。

ところが、新橋4丁目白骨遺体が出る。
弁護士がバッチを返上して行方不明。(警察の保護下にあるともいわれる。)
三京以下が嘘立ち合い明らかなのに当事者は平気で歩いているらしい。
こういう事態も、反省と総括をしているのでしょうか。
元司法書士を踊らせて、殺人事件を呼び込んだりすることの、意味を理解しているのでしょうか。

1 三京は「箱」で中身が人形なら、だれが詐欺を働いたかわからない。
新橋4丁目は、まずNTT都市開発に10億出させるのが目的で、
地上げ完成は10年先でいいから、とりあえず名義は変えておこうということだと思う。
つまり、地上げ事業は目的でない。金を動かすのが目的。
NTT都市開発はちょろい、野村不動産はえぐい。こういうことでしょう。
こういう作業はミスもあるから、ミスあっても本体には及ばないようにする。
これがこの世界の絵図師の仕事です。
まったくよくないやつですが、確かに刑事事件にはならない。
極論すると、だからスワット判例ができる。
コンスピラシーの企画を作るのが絵図師だから、
絵図師を刑事事件で何とかするには、
コンスピラシーを犯罪にしないといけない。
今回の共謀罪の成立時期も微妙です。
ナスカキャベツがカボチャかトマト。
スルガ銀行三島です。

2 積水海喜館事件。
小山操、土井淑夫のコンビがどこで積水に絡むのか。
静岡県かもしれない。京都山科かもしれない。
ともかく地面師詐欺かさえわからない。

わからんのですというのがわからないと、
反省と総括もできない。
ところで祭主哲也ガンで死ぬ。坂上雅夫も死んだ。
小野塚清は元気らしい。
強運やな。

この記事へのコメント