事実の評価。

ナスカキャベツ化回し下痢。最近沈静化してきましたが、
博打狂いはどこにでもいる。韓クラにもゆきたい?。
他人の道楽を云々してなにがおもろいのか。
ただ、田中森一がゴールドコーストで博打にのめりこんでいた。
そういうことをやらせる人は冷静です。
田中は死にましたが、弁護士としていい稼ぎ(まあ雇い主はもっと稼いでいる)
していて、運転手付きのクラウンに乗っていた。
だが車のグレードは最低。(それでもクロイシラウン。)
背広は安売り紳士服のつるし。
稼ぎはどこに消えたかというとカジノです。
韓クラというのはそういうのが多い。

事実と事実に基づく推察があって、
それはプロファイルともいう。日本では妄想といいたい人多し。
ナスカキャベツ化回し下痢。
さて、週刊誌報道で土井のスマホ(携帯電話)におまわりの電話番号が複数、
多数のこっていた。
これは事実でしょう。
この事実から、お回り某が逮捕情報を漏らしていた。
そういう推察は成り立つ。
そして独り歩きする。
土井と小山が捜査状況を掴んでいたでしょう。
こういう業界はそういうものです。
そのどちらにせよ情報収集に金の授受があればそれは
マズ~~~~~ですね。
桜田門という焼酎が云十万に化けていたらまずいです。
なんにせよ。

1 積水海喜館事件!は金の行方がきになる。
55億の利得の10億の中から、5億円を送金したという話がある。
そういうのは、重大です。
5億円送金させた。かわりに5億円分の不動産の登記名義を移転した。
それは不動産取引であって、
犯罪収益の授受とは言えないかも。でも不動産売買が仮装かも。
こういうことがすぐに想起される世界ですから捜査も騙されること前提。
みんな騙され大きくなっている。
たとえ、100万でも小山カミンカスから貰った弁護士は、弁護士業務というでしょう。
たんにもらっていたら、共犯です。
常習かもしれない。
つまり、55億の金は処理に困る。
(それでも、わたしの手元に来てほしい。拾ったと言って届けて礼金を貰いたい。)

2 佐々木利勝さんのお写真。
文春に載っていたが佐々木さんは後悔している。
(私にはそう見える。)
現金化のための講座を用意した。10数個必要だったでしょう。
その数で、土井に渡った金の金額がわかると思う。
佐々木利勝さんは誰から頼まれたか。
ここであります。

わたくしは浦和地裁で佐々木さんを見たことがある。
民事事件が和解で終わり、金をとりに来た。
ですからこれが地面民事事件のオーナーです。

この利勝さんは新宿若松町や麻布竿町の不在地主の土地詐取で逮捕された。
役割は、保証書利用の土地名義移転登記の一部の実行。
同様のことを三鷹の土地でもやっていて、
数件の原本不実記載で併合され懲役4年半と思う。
こういう関係で佐々木さん刑事事件記録も見ました。
北海道出身、離婚2回。健竜会。
当時は内田マイク関連ビルにいた。
内田さんも池袋責任者。単なるフロントではなかった。

このひとの刑事事件を傍聴した。
当時は保証書登記制度があって、
司法書士は最低一件の登記名義をもっていた。
それは保証書登記の保証人になるため必要だからです。
①書士が登記義務者を知悉していて、その意思もかくにんできるけど、
権利書を無くす義務者がいて、そういうとき保証書は便利です。
②そういう前提の制度を、悪用するのが佐々木利勝さんに頼まれ保証書を
バンバン発行した埼玉の奥に住むおじさんです。
保証人になるのに40万取っていた。
本人は人助けと裁判官に言う。裁判官は
驚いたが、判決書くのに面倒だったでしょう。
故意を認定しないといけない。

まあ佐々木利勝さんはわたくしを知らなくとも、こちらは
調べないと良い和解が取れない。
ですから宇都宮健児弁護士の過払金訴訟大法廷判決が凄い。
この判断が当時あったら、これほど佐々木との訴訟に苦労しなかった。
もちろん内田マイクもいた。S籐Dもいた。こいつは死んだらしい。

3 奪った金は隠してなんぼ。
これをマネーローンダリングという。
それを行う金融屋もいる。(池袋)
だが45億は大変です。
ですから、佐々木さんの役割は、二項詐欺ある(というか厳罰化)今重大です。
そういうわけで、本ボシは口座を他人に作らせる。
ここがプロの仕事です。
土井さんさすがだ。
佐々木さんは旧知から頼まれたと思う。
口座10数件はやばいとわかる知識はある。
だが、いつものあいつの依頼だから、やってしまう。
時蕎麦で一文ごまかされる蕎麦屋みたいなもの。
そういえば代々木会館で飲食店やっていたようなことも聞く。
佐々木さんは不動産やでしたが迂闊な人。(人のことは言えない
そして迂闊が胡乱に変わるとき事件になっています。

4 事実の評価。これはいろいろなことである。
捜査で業界にずっぷりとなると、癒着したりする。
六本木カリスで
「後藤、武井、小川プロ歌手とのカラオケに参加した警部もいた。
こういう歴史は繰り返すわけです。
最近兵庫県警の刑事さんの携帯に電話したら、
電話は鳴れどもでない。すると違う番号でコールバックしてくる。
不思議な携帯電話システムです。
その刑事さんは20年くらい前に名刺交換した。
犯人がそろそろ出てくるし、関連情報があるから電話しましたが、
考えてみれば退職されているでしょう。

カミンカス操とかおもろいですが、

今回、積水ハウスがお抱え司法書士が書類確認したから
金を出していたら、それは騙されてはいないでしょう。

司法書士立ち合いは、不動産登記書式精義にあるように、
共同申請主義という登記法の根幹の実務的側面。
でありますから、
司法書士が権利者義務者の代理人になれる。
これは双方代理禁止の例外です。

こういう基本的実務を誤解している不動産屋が騙されたと騒ぐ。
(私に相談してくれればいいのに。)

5 Eさん印鑑証明書は本物であったか。
さて、印鑑証明、権利書と必要な本登記。
そして委任状(これが共同申請における一方の疎明資料。
これを司法書士が精査する。それも双方を並べて精査する。ここが大事です。)
仮登記は印鑑証明だけでいい。
さてです、
仮登記OK、本登記ダメ。
これって不自然です。
本登記に必要な権利書は弁護士か公証人か司法書士の保証があったという。
1号文書、2号文書、本人確認とやったやつがいる。
これは信じたと言います。嘘でもいう。なりすましとわかっていても
100万もらってやっている。50万くらいかもしれない。
酒も飲みたいし。
私的には、
印鑑証明は区役所が発行していると思います。
理由は偽造は見破られるように最近なっている。
登記所は進化している。
ですから、印鑑証明は区役所発行のものでしょう。
これは本人が関与していないから、
変造印鑑証明。見た目は本物。
Eさんの登記名義人表示で住所移転はない。
すると、どうやって印鑑証明を登録したか。すなわちなりすましがです。
それは紛失したと届けたり、一度住所を移して元に戻したり、
やったりしていると思う。

6 弁護士、司法書士なんて土井さんからすれば小僧です。
土井さんはヤクザ組織も小僧扱いする人。

7 この取引にもう一つ隠れた取引があるとすると、、、、
納得です。



この記事へのコメント