再逮捕。

カミンスカス・操氏が再逮捕されたという。
報道は簡単な再逮捕されたという事実報道で中身はわかりにくい。
カミンスカスさんは詐欺の主犯格という新聞辞令がでた。
当たらずとも遠からじと思う。
成りすましEさんつまり羽毛田女史とIKUTAの所有権移転請求権仮登記
に関して、カミンスカスさんが立ち合いに臨場したのでしょうか。
かりにそうだとする。最大限そうだとする。
すると、羽毛田とカミンスカスに騙されたのはIKUTA(明子バージョン)であります。
そのIKUTAは小林興起事務所に本店を置いていた。
積水ハウスは本登記とともに物件を得ることができると信じて金を払った。
その支払先はIKUTAのはずです。
羽毛田女史と積水ハウスに直接的な契約行為はあるのでしょうか。
そういう取引に先立ち、
カミンスカスは羽毛田に本人であると陳述させた。
弁護士とか公証人の面前で自認したらしい。
カミンスカスは公正証書を不正に取得したのであればそのことで
罪に問われるべきです。
ただです、
積水ハウスが詐欺にあって、つまり欺罔されて、意志の自由が奪われ
、結果金をとられた、
こういうことになるには、
羽毛田とIKUTAの間に共謀がなくてはならない。
IKUTAと積水には直接の契約があるはずだから。
羽毛田・IKUTA一体でなければ積水を羽毛田が騙したことにはならない。
実際には黙示であろうが順次であろうが共謀はある。
こう思います。ただ立証できるかです。
(ナスカキャベツ化回し下痢報道、
赤ちゃん出産おめでとう。ヤッパりキャベツ畑でしたか。)
さて、IKUTAは仮登記の権利を手放しているのでしょうか。
IKUTAは仮登記権利を手放していない。IKUTAが
この主張(仮登記権利)を手放したら、羽毛田との共謀を認めるに等しい。
ですから、何が何でも認めない。

1 IKUTAは「エスラインJAPAN」でありました。
さて、積水ハウスの失ったかねがどこに行ったかは真の意味で分かっていないと思う。
佐々木利勝さんは会社の通帳を作りましたが、その使い道は
「聴いてないよ~」だとおもう。
聴いていたら、できる仕業でない。またその程度の仕事師。
こういう事件を仕組むのは、
複数のレイヤーがあると考えると分かりやすいと思う。
内田マイク手配会社は材料部品の供給者。
そういう商社は設計までできるようになる。
小山操氏は浜松方面の仕事師で有名でして、
女衒でもあり、フィリピンとの間を行き来して、
いろいろ仕事をしていたと思う。
セットアップ常習.jpg
磯子滝頭に拠点を置く意味があった。
それは関内に取引先が多いからです。
同時に錦糸町や小岩にも取引先があったでしょう。
この人は仕事をしている。
詐欺にみえることはやっていて、事実詐欺師でしょうが、
上位レイヤーの下で働く、最底辺のちょっと上くらいだと思う。
土井さんはカミンスカスの上。
だからといって土井さんが小山より、取り分が多いかということではないと思う。
セットアップ仕事師軍団であると思う。
エスラインジャパンという会社は
平成19年湖雲寺関連物件の所有権を持っていた。
ただ、売主に金は払っていなかったようです。
平成19年にエスラインジャパンが湖雲寺地上げに絡んでいて、
エスラインJAPANと同一性が高い。するとIKUTAと関係するか。
フィリピンと小林興起先生は縁があるといわれている。
(平成20年6月16日執行官聴取。)
エスラインの占有を正当でないと執行官は判断されている。
ともかくエスラインジャパンに執行妨害の虞はある。
平成19年ころは重大な事件があった。
カミンスカス・操グループは多額の金が必要だったでしょう。
それは、地上げが予定通り行かないからです。
湖雲寺や南青山三丁目、そして代々木会館。
金を引いたら、金を始末せねばならない。
金をそろえる必要がある。
つまり事業に失敗はある。だが騙しはご法度です。
騙されて警察に行くわけのない会社や組織もある。
そういうのが怖いわけです。
こういう仮定(ある程度の根拠)をたて、想像すると雑音が取れてくる。
いま、ある上場企業複数から異音が聞こえてくる。

2 カミンスカスとか土井とか。
娑婆で飲み屋に行かせると、風説撒き放題。
それに雷同するマスコミもいる。
ですから、捜査側が振り回されているかというと、
そうかもしれないし、そうでないかも。
カミンスカスが公正証書で本人立ち合いもどきをした。
こういうことを重要視している人がいるかどうか
わからない。
いるかもしれない、いないかも。

3 カミンスカスは嘘吐き。
これが業界人の評価です。
口から出まかせ。土井さん同じ。

内田マイクさんが、刑務所に行く直前、
大慌てだったそうです。
積水ハウス事件の主犯だと思えば慌てる。
自分は材料部品卸で取説を書いただけと思っている。

二重三重の絵図。
これからどんどんでてきます。

この記事へのコメント