小さなことからコツコツ、ボロボロ、、、、、、

現在ファミレスに新聞が置いてあります。
読売新聞が多数でしたが、いまは朝日新聞が読売に迫る勢い。
そういうことで実売読者数を増やせば、広告収入になる。
google先生も電通も広告業者です。
ネットで広告を出してビジネスを拡大しているのが
リクルートホールディングス傘下企業。
経営者が逮捕され無罪となった。
だが裁判中にまた起業した。
リクルートはネット時代に乗り換えるとき、会社ぐるみ。
先の見える経営者とは凄いものです。
広告取り、口入屋ということで業態は江戸時代のまま。
ただ方法論が違う。

テレビという媒体が映画を駆逐したかに見えた。
それがネットテレビという形で映画が復活する雰囲気です。
ネットテレビは在来テレビも含められる媒体。
テレビであって在来テレビじゃない。
大画面のモニターで4K映像のものが安くなりました。
10年前、60万円の感じが、いまは中華製で5万くらい。
日本製で8万円くらい。
映画は自宅で見る時代かも。

報道もマスコミもテレビも変わる。
裁判も変わる。

1 小さな報道がでかい違いと考えるだけですが、
日産の金商法違反事件でありますが、
被告は、日産という本体、ゴーン&ケリー取締役。
この相被告の一人である日産本体が、
ケリーにも報酬に関して不実記載があると認めたと報道されている。
ケリー被告は否定しているようです。
金の動きは客観的に立証できるしされている可能性は大でしょう。
すると、その金の動きを隠ぺいするメモとか動機が明らかになると、
ケリー被告に厳しい。
金商法は帳簿の違反ということですから、
金の動き(帳簿取引)の複式簿記記入は日付内容が一致するはず。
経過勘定があっても結果的に一致せねばならない。
帳簿記入で時期をずらすのは税金とかの節税目的もある。
だが脱税になりやすい。
ともかくケリーは動機があるようですし(税金と風評を気にする)
日産本体の事実開示もある。
すると形式犯だけに、金商法違反は認められるでしょう。

2 そうするとどうなる、、、、
否認続けると、実刑ですと弁護士がアドバイスする。
そういう弁護士と、無罪無罪と胸をたたくのもいる。
無罪無罪という弁護士は報酬をとる。多額です。
結果有罪でも平気です。ムショにゆくのは被告人。
否認を続けると有罪だから、執行猶予にしよう罰金にしようという
弁護士はなんか頼りないけど、実はしっかりわかっている人と、
わからない人がいる。
これが弁護士業というもの。
土井俶雄という人がいまして、いま刑事裁判を控えている。
わずかな情報でも、某市の弁護士が弁護人ではと聞いている。
そして、土井さんの起訴に驚いたらしい。
このひと元気で筋を通す人ですから、
土井さんの法廷闘争は注目です。
こういうのは有罪覚悟の筋道弁護だから、
意外に通ることもある。
ゴーンさんも金商法を否認する。
そこでケリー&ゴーンですが、
ケリーこけるとゴーンは墜落。
こういう関係であります。
ケリーは退院して都内自宅に戻ったとか。
いま情報はドンドコ入ってきて、
9月まで考え続ける。
損得の人だと損得で行動は決まる。

損か得かですが、どう考えるですかです。
筋道が金ですから、筋を通すでしょう。

すると、ケリーが認めることになると、
ゴーンが取り残される。
保釈を取る弁護はすごいかもですが、
逆目に出たら被告人はいたい。
eab02_1110_20190111-234640-1-0001.jpgダウンロード - 2019-03-09T021734.387.jpgafr1903060038-p1.jpghqdefault (4).jpg

3 日産事件と積水ハウス事件は経済事件。
同じです。金です。抜き方が違うだけ。

ボロボロでてくる新事実。隠れていた隠していただけ。

4 劇場型裁判には劇場型訴追がある。
無罪請負が請け負けになることもある。

この記事へのコメント