伊藤先生、駒場先生そしてK先生

黒木正博(阿比留正博)氏は、
リキッドオーディオ、トランスデジタル(岡本倶楽部)、というように、
上場企業関与で有名でありました。
ただ、上場すれども継続しない。
トランスデジタルの場合、三島情報開発(コンサルタント?)という
プログラマー派遣業を上場させて、新株引受権(ワラント)とかいう
マネープログラム的金融商品を売りまして、市場から31億円を調達した。
(黒木さん流にいうと、「引いた」)
その金は、トランスデジタルの管理する金ですが、引かれたら即に、
それが黒木氏を通じて三木勝博氏に渡され、そして岡本倶楽部に投資された。
トランスデジタルは上場してはいたが、中身はない。(金もない)。
そこで金を借りる(投げてもらう)ことで体面をしのいでいた。
つまり、中身のない会社を飾り立てて、上場して、市場から資金を得て、
暴力団に運びました。
こういうことです。
その経過で資金はNさんとNさんから得た。
特にNさんは手形担保金融。手形を飛ばすぞという恐怖感を担保にしていた。
田中角栄由来の井上工業(群馬)もNさんから融資受けて潰れました。
東証2部上場企業の株式は値段が付く。
ともかく増資させて、株券を市場で売ってしまう。
株券を金に換える。(Nさん車金融)。
上場企業に金を貸し、手形を担保に取り、振り込むぞ(手形取引停止=倒産)という
ことで金利をとりつづけて、最後には倒産させ、倒産するから、
会社整理で財産を売り払う。(Nさん手形担保金融)
トランスデジタルは二つの金融屋から金を借りていて、
結果的に双方踏み倒した。
31億調達したら、それを喰うのは、N手形金融であり、N車金融のはずです。
それが、金が瞬時に消えた。
黒木正博は二つの大物金融屋を利用して踏み倒し、
金を三木勝博(サリアジャパン、グローバルホールディング)をして岡本倶楽部に運ばせた。
ここまでやって、トランスデジタル事件は車金融Nとかが摘発されて終わり。
だが、関西で車金融をやっていた、Nさんは山口組の金融部門。
ともかくそれをめくったのはすごい。
そして、この資金の流れの末に、佃元伊東市市長の逮捕がある。
さらには、太陽光でマネーを集めるマネオもこれから事件になる。
なんでかというと、クラウドファンディングで集めた金は回収できないからです。
太陽光ビジネスは利益でない構造にされた。
そもそも、黒木正博が大物金融屋を嵌めてその後始末はどうするのかという
ことは自然な流れの推察です。
黒木正博氏はどこかで金を集めているという予測はだれもが持っていた。
(金融ブローカー、不動産ブローカー)
黒木正博はクロちゃんといわれていたとか。
ともかく明るく夢を与えてくれる人らしい。

1 ラポールが倒産。
会社整理申立人が伊藤弁護士(伊藤恒一郎)。
こういうお話は公開されているし、興味を持つのは一部です。
黒木正博氏からお金になる仕事でも出ないかなというのが沢山(世間的には一部)いる。
またまた黒木さん上手にやったですねというのが感想。
なぜかというと、黒木正博氏は刑事事件にならないということで有名だった。

2 大石組長がリクルート株株主権確認訴訟をした。
こういうのが巷の噂ですが、
原告代理人が駒場豊先生と聴くと少し驚く。
これは、大石組長敗訴になるわけです。
リクルートホールディング株主権があるというからには、
相手はリクルート社です。そして何か根拠を大石組長は持っている。
おの大石組長の根拠を裁判所は認めなかった。
すると大石組長は騙されたわけです。リクルート株が本物と思ったから、
訴訟までする。株は偽物。それなら大石組長騙したのがいる。

1および2がどういう関係かというと、なんとなく同一グループの仕業の気がするからです
伊藤先生、駒場先生それぞれ仕事のできる弁護士だった。
実業家は金で判断できる。
このばあい仕事のできる弁護士とは起案ができる人のこと。
御両人に金があるということではない。
弁護士なんかもうかる商売ではない。

駒場先生は行方不明。預かり金がなくなった。事務長がくすねたのでしょう。
伊藤先生は病に倒れた。

こういう話ですが、表面は訴訟事ですが、
背後はラポールは銀行を騙しているのが仕事。その始末が弁護士。
リクルート株確認訴訟はこれが認められたら数百億のお話になる。
これが認められていたら、河西宏和EIE元社長の詐欺逮捕もない。
たしかにリクルート株式の話はありました。
日本法令用紙が億に化ける。

3 ラポールとは医学用語らしい。
黒木正博氏は姓名を変えた。これは多重債務者の最後の手段です。
阿比留正博だそうです。
黒木正博氏は裏金融業界の多重債務者です。
リクルート株が本物と思えば、50億が500億になる。
M資金です。

4 伊藤恒一郎先生は土井淑雄さんの弁護人でもある。
こういうことは知られていて、
同時に土井さんには複数の刑事弁護人がいる。
私も土井さんが起訴されるとは意外でした。
証拠がないと思った。
しかし潮時だし本人も覚悟でしょう。
躰を洗う時期であります。最高裁で無罪かもしれない。
地裁では有罪でしょう。

5 注目すべきはK先生。
かならず名前が出てくるでしょう。

これらの事件は、基本的に麻布十番の一部の地域の出来事と思う。

この記事へのコメント