ドンドコドンと捲れる不動産詐欺。わかりにくい。わかりにくいからです。

町田事件といわれている不動産詐欺事件でありますが、素人は対象でない、
最初から、プロを狙う詐欺事件だと思う。
プロ故に理解する構図を用意するわけです。
町田事件の舞台は世田谷にある広い意味の郵政物件。
(NTT関連施設)。
実は物件は二つあって、それゆえ持ち回り登記が必要というお話。
ともかく銀行送金が手口であります。
積水ハウス海喜館では預金小切手が支払いに充てられた。
金額からして当然でもあるが、それが細分化されているとか、
その細分化も切りのいい金額であったり、結局不動産取引として、
異常であります。
銀行送金で融資金や売買代金を処理することはある。
それは当事者の問題でして、送金の方法による時は、
口座と取引相手の関係性は確認しているし、支払いや融資の実行と代金受領
融資金受領という関係性を書面で厳格にとっている。
これがノンバンクの仕事です。
こういう基本を飛ばして、送金で取引金を処理する業者もいる。
本人が知らないということと、今まで本人運が良かった。
それが世田谷物件町田事件です。(なぜ町田かよくわからない。)
類似の話に、大阪の難波の学校跡地の売買話がある。
これも取引に二つ部屋が必要でして、篭脱け詐欺の一形態です。
こういうお話は大阪の話でも新橋の喫茶店で検討されている。
こういう不動産取引の世界はある。
そういうのはあり得ないというなら仕方ない。
金融の世界で、特定の業界の金融はある。
有名なのは、5000万まで即融という業者です。
新橋にいる。
さらに大口もある。商売だから回収できる自信があり、
内田マイクさんさえお客さん。
国際的武器商人みたいなものです。

今回の、町田物件はアペタイザーでしょう。
余罪てんこ盛り。

1 伊関先生 登録番号20214.
平成28年4月6日弁護士会除名。潮総合法律事務所。事務所規模58坪くらい。
O先生 死亡 登録番号 15462
K3先生 登録番号 17536
ともかく神田に58坪の事務所はなかなか借りられない。
てなわけで、金が要るのですが、他人の不動産を売り払うとは、
やるでしょう。

K某先生 登録番号 非公開 事務所 神田(その事務所は登録だけ、今はない。)
 まえは麻布十番にいた。

不動産篭脱けは籠の中すなわち「なりすまし」を逮捕しないと事件にならない。
ですから、吉永精志はいないのです。
最近、なりすましが裁判所で認めている。
そういうことがまわりまわって町田が寒いかも。

伊関先生は登録番号から考えて、優秀だったと思う。
だが金に窮していた、しかしよい事務所にいる。
これが不思議でして、わけがあるはず。

2 なりすまし、名義貸しは紙一重。
そういうことだと思う。
諸永芳春先生も最後は司法書士事務所にいました。
大家が書士で店子が弁護士。
非弁という。

この記事へのコメント