地面師のサーカス

喜田泰壽、中村美佐江、内田マイク御三方は横須賀ゆかりの人。
内田マイクさんは有名人で不動産業界(一部ですが)では知らぬ者はいない勢いです。
喜田、中村外2名、喜田、内田外3名、伊関元弁護士外3名。
こういう感じで、いわゆる地面師事件が摘発されている。
5年ほど前に摘発された喜田が再度捕まった。
報道されねばわからないわけですが、潮総合法律事務所関係で
これら三名の共通項が出てくる気がする。

1 地面師というが、やっていることは偽造変造、そして不動産転売。
ここで、まず不動産屋として、物件を売る、つまり金を得る。
これがこの仕事のポイントです。
金を出せるターゲットを選定して、
物件を後出しみたいに不法に登記して、
偽の権利書と印鑑証明雄売るのが仕事です。

やはり不動産屋であり、ブローカーです。
通常は、というか、ブローカーでも盗まれたものを扱わない。
そういうのは͡贓物故買といいます。
商人が詐欺師になる、それが地面師で商品が高額だから儲かる。

2 やっていることはだれでもできる。まあ、やっちまうわけです。万引きと同じ。
不動産の嘘登記もやっていることは昔と同じだが、
世の中が変に利口になっているわけです。
司法書士立ち合いが大事という知識だけが独り歩きして、
司法書士が双方代理という民法の原則例外である理由を忘れていて、
「うちの書士」という風潮がある。一家に一本、糞掻き棒であります。
司法書士の役割は、意思確認(意思の合致)、その前提で、
意思形成に異常がないか、本人確認と意思能力確認です。
書士の仕事は本人を確認すること。夜討ち朝駆け当たり前なんです。
登記申請書は「書式精義」を書き移すだけ。

こういう登記の部品を人間含めて、偽造変造する手配師が内田マイクさんです。
権利書がなければ、司法書士保証させろ。
そのために食い詰めた書士を九州から呼ぶ。
弁護士事務所で立会すると信用するから、事務所を開く。
弁護士も食い詰めるやつを作る。六本木の遊びのプロですから、
訳はないんです。

2 弁護士に登記させているお話があるようです。??。
するとその先生はだれとなるが、職印は預かっているから、
弁護士保証さえなりすましかもしれない。
過払い請求の顧客との面接だって、なりすまし弁護士がやっているかもしれない。
他人の肩書も印鑑証明偽造変造も同じです。

飛躍しますが、
こういう世界は必ず人殺しをしてしまうものです。
2016-11-30_10h26_53.jpgダウンロード4.jpgダウンロード3.jpgダウンロード5.jpgダウンロード2.jpgダウンロード1.jpgnews3703874_38.jpg

この記事へのコメント