事実と「妄想」

(FNNニュース)
土地の所有権を不正に移転 逮捕の元弁護士 不起訴処分
【「地面師」の手口で、他人の土地の所有権を勝手に移転させた疑いで、逮捕された元弁護士が不起訴処分になった。
元弁護士の男性(当時63)は5年前、東京・町田市の土地をめぐって、免許証を偽造するなどして80代の地主の女性になりすまし、土地の所有権を不正に移転させた疑いで逮捕された。
東京地検は、17日付けで男性を不起訴処分にした。

町田市広袴町には、三代目小西一家堀政連合の支店事務所があった。
支店長は昨年死んだらしい。
そして、広袴町南側に小田急線新百合ヶ丘の駅があり、
その近くに○○伎堂という、
真珠宮事件で殺された野嵜元書士がとぐろを巻いていた会社もあった。
地面師秋葉原です。
その広袴町の不動産詐欺が2014年にあったということです。
この事件報道が今年6月6日、追加で一人逮捕され、それが6月13日。
6月26日に伊関、青谷、北泉以下、7名が再逮捕。
三人否認で4人認めている。

内田マイクさんが2014年の不動産詐欺で再逮捕されている。
内田マイク、喜田泰壽、大塚洋らです。7月10日あたり。
横須賀のグループ。
相当前に、内田、中村女史、喜田らが逮捕されていて、
この事件の流れでしょう。K司法書士もいる。
中村女史は、別件かなんかで死んだ弁護士に本人確認情報を出させたとか。
これも弁護士に内緒だったかも。
職印くらい偽造します。

伊関先生から、内田マイクさん再逮捕まで、
関係者の話の連鎖がある気がる。
(これを狆ころ連鎖反応と普通は言うようです。)
妄想でしょうか。
やっちまったら、仕方ないですよ。

この記事へのコメント