不動産ネタの詐欺の被害者。

積水ハウス海喜館事件というのがあって、
不動産詐欺としては、逮捕者も出て、起訴されたものもいて、
マスコミ的には終わった事件でしょう。
まず話題的には「主犯格」とか「地面師」とか言葉が躍る。
内田マイクさんや小山操さんのようなある意味周知の業界人が
取り上げられて、言い方悪いけど、彼らはスターです。
トリックスター(trickster)ですか。
一種の英雄です。
他人の不動産を売り払い、億以上の金を手に入れて、30年以上繁栄する。
これを英雄視する人は必ずいます。
不動産業というか、この業種は幅が広くて、ビル管理業までも含まれる。
強引に例えると、
ビルができるまでには多くの業種がかかわるわけです。
ゼネコンという会社があって、こういう存在がいないと、
末端の職人が困る。結局建物や道路を作るのは職人さんで、
壁を塗る職人さんにハイテク職人さんがいます。
どの職種も同じです。
こういう職人さんに仕事を回す手配師というのが自然発生して、
建築は請負業種ですから、請け負け(ウケマケ)になりがち。
そういう時に前面にでて、仕事を守るのがよいゼネコンです。
ゼネコンは総合的な技術の連携もする。
こういうあるべきゼネコンから外れて、
職人を搾取したり、公金を横領したり、談合もする。
ゼネコンは受注産業で在庫が持てない構造の業種です。
ですから、建築技術の維持には定期的に工事を作る必要がある。
寺社建築で本願寺が修理されたら、次はどこだというのが、
暗黙に行われていて、いい伝統であります。
興福寺の改修を差配できる大工さんの棟梁は1000年に一度の
仕事をする方でありまして、並みの技量ではもちろんない。
こういう職人さん技術を継続していく世界もある。
オリンピックの万個ホールが話題ですが、
あの設計がどうのこうのといいますが、
設計したアラブ女の名前が必要だっただけで、
あの程度の絵なら、どこかの大学の学生に描かせたら簡単でありました。
設計者の絵を実現した建築会社はどこにもない。
机上の空論なのであります。
ところが、日本の某ゼネコンが受注してあのホールを作るという。
実際に作るのは大工さんでありますが、素材の鉄を作るのは、
日本の製鉄所です。
軽くて長い頑丈な鉄材で組み立てると、机上の空論が実現するとか。
2000億以上の金が投じられますが、
製鉄所の技術向上や、職人さんの技量維持、
倒産しそうなゼネコン支援なら、
仕方ないというのが現実なのであります。

こう考えてみると、工事には土地と金が必要で
それの最初の段階である、土地確保に動く地上げ屋という業種ができる。
地上げ屋には所謂都市銀行は金を貸さない。
地上げ屋の仕事は土地を売らせる基本的にお話の旨い人がやること
ですから、どうしても詐欺師と重なる。
ですから、地上げ屋に金を出す人たちは
ハイリスクハイリターンを求める人たちです。
不動産の相場があるなら、
地上げ屋は10分の1の値段で仕入れねばならない。
原価に加えて多くの経費が掛かるからです。
ここで、地上げ屋は不動産屋なのです。本来は。
ただゼネコンと同じで商売の暗黒面に落ちがちなのであります。
内田マイクさんがいるなら、かならずOやAがいるというのが業界です。
つまりとび職さんがいたら、地下足袋屋さんがいる。
これと同じ。
内田マイクさんが仕事をしていたら、
「登記の魔術師」がどこに隠れているかというのが通常の業界の関心。
逆もあります。マフネがいたら関連してマイクがいるはず。

こういう業界になりがちなのであります。
本来的に実際に出すわけない30億円の根抵当権仮登記はつけても
違法とは言い切れないけど、通常人はやらないできないやりません。
こういう登記をつける真の目的をゆうてしまえば、
公正証書原本不実記載になります。
だから、「有形悪意」をゆうわけない。

地上げ屋の技術的部分だけで、金にするなら、
登記を勝手に移転して、空っぽの物件を他人に売ればいい。
これを手配したのが内田さんでして、それを使い、
横須賀グループも長年不動産売買やっていて、
民事事件なんて平気の平左です。

1 内田さんのトラックレコードは不動産詐欺の変化の歴史。
内田さんの最初のころの被害者は個人でありました。
高橋マイクの時代です。
手口も単純でかならず事件になる。数年とか短期の懲役になる。
そういう実務経験から、事件になっても平気なように考え始めたのが、
内田さんのすごいところ。
20年前くらいは民事事件で表に立つことはなかった。
不動産詐欺で登記詐欺が中心の事件で転機になったのは、
杉並登記所管内「遠藤ウメさん殺人事件」です。
この事件は、地権者を誘い出して、不在の間に保証書で権利移転をして
地権者に成りすまし、不動産を売りはらい、事件が露見すると、
地権者と仲介の不動産業者を殺した事件です。
この事件をきっかけに不動産登記制度も変わった。

2 不動産詐欺事件の黒鷺化。
個人を被害者にすると事件になったときにメンドイわけです。
詐欺師側の対策は、
真珠宮ビル事件なら弁護士などを使って、事件を有耶無耶にする。
おおざっぱですが、こういうやり方をする。
無担保の真珠宮ビルも業界総ぐるみで問題物件にされて、
あり得ない訴訟などがあって、結局現在に至る。
ともかく、事件の末期に後藤組とか菱和社が出て、
元司法書士が殺される。
この書士さんも、バブルで大崩壊して、巨額の金が必要だった。
結局真珠宮ビルでは、関与元司法書士が殺され、
地権者の一人は事実上行方不明。
もう一人はフィリピンに連れていかれて、現在生死さえ分からない。
このフィリピンに連れていかれた地権者が日本に戻り
誘拐監禁事件で刑事事件化したら、
単純に後藤組は崩壊していたでしょう。
であるから、
なんでまた、後藤さんが稲川会フロントを自ら唸り飛ばすか
理解できない。そんなやばいことやるでしょうか。
ですから、
この真珠宮事件は裁判所利用の仕事ととらえたらわかりやすいと思う。
白昼公然不動産強奪事件であります。
こういう地上げ業務が、地上げの暗黒面であります。

3 地面屋さんの仕事は変化してゆく。
考えてみれば、少し安い不動産を買いたい業者はたくさんいる。
それならそういう業者に売ればいい。
こういうふうに
内田マイクさんと仲間たちはビジネスモデルを変えたとする。
そう考えると、
最近の内田マイクさんの仕事の被害者がプロ中のプロに変化していた。
不動産転売屋に、虚偽登記で得た不動産を流す。
これはいい考えです。転売屋はうまくすればもうかるし、
最終的被害者は内田マイクを民事で訴えられない。
だから刑事事件にならない。
こういう仕事の変化形に、小山操のコインパーキング経営もある。
土地を二年くらい押さえこんで100円玉を集める。
ハッキリ言いいまして、私もやりたいです。
生活のためにです。もちろん現場の下請けしかやりません。
登記弄る魔術も呪術も知らないですから。
小山さんは、万里亜という会社名変えて、不動産詐取金を受け取る。
訴えられもしない。
〇某事務所事務長がそういう仕事をして、
結局行方不明になる。生きているか死んでいるかわからない。
登記に本人確認情報が必要だと、弁護士にさせる。
弁護士は気づかないか気づかないことにする。

こういう業界の変化に気づいているのが業歴長いブローカーです。
貴重なのであります。
この方は相当前から、河西宏和の事件を予測していた。
結局、真珠宮ビル売り歩く輩は、株券も売り歩く。
そのビジネス真偽不明ですが、同じ人たちがやっているっわけです。

そこで、川崎大資さんネット会話流出に関心が行く。
だれが何のために流出させたのか。
闇株新聞さんも積水ハウス事件に私見に近い感じをお持ちでした。
魔術や呪術に惑わされないように反省をしています。

この記事へのコメント