秋元司代議士が特捜部に逮捕されるという報道が出た。

朝日と産経に新聞辞令というか、新聞逮捕情報が出た。
対象は秋元司衆議院議員。逮捕する側は東京地検特捜部。

秋元司氏は気さくにいろいろな陳情を聴いてくれる政治家で、
わたくしはそういう政治家がいて当然だし、構わないと思います。
鈴木宗男さんも中川議員の秘書時代から、陳情を捌く秘書さんで
有名でした。
ただ、政治に金がかかる。だから陳情も聴くし、政治献金も受け取る。
徒手空拳で国政を目指す人ですから、並みではないし、並みなことで
衆議院に出られない。むしろ保守であるからむつかしい。
日本共産党なら党内序列が上なら衆議院議員になれる。
共産党細胞から、自民の政治家になる人もいる。
現実の政界があるわけです。
秋元司先生にも事情がある。塩田大介氏の結婚式であいさつもする。
それを取りざたする理由があるのかです。
モリカケウロン忖度話と同じ。
だがです、
こういうことが今々の事件が起きますと、取りざたされる理由が出てくるかも。
それが川崎大資さんのネット音声さらしです。
いかに載せますが、このブログで載せるのは二番煎じどころではない
周知のネット報道です。
このネッ音声の元報道で秋元司議員との関係を取り上げている。
だが、具体的に何か指摘されているわけでない。

1 川崎大資氏は塩田大介氏です。そして内田マイク氏と兄弟分といわれている。
秋元司氏を論じるには塩田大介氏を論じねばならない。
内田マイク氏は古い報道で稲川会組長と報道されていた。
住吉関連池袋責任者であったのですが、こういう実務家には多くの組織が
よるわけです。塩田大介氏は売れ残り中古マンションをバルクで
仕入れて、転売するビジネスモデルでセントレクス市場で
上場寸前というポジションに上り詰めた。
この直前にS氏がセントレクス市場で上場してそして金を撒き倒産しました。
S氏は再び再起されている。仕事のできる方です。
塩田大介氏も同様に仕事のできる方ですが、
いつも頂点の直前でつまずいています。
政策融資に政治枠があることは周知でして、
小泉政権の時も都市銀行の特別融資で政治家の枠がありまして、
知り合いもそういう関係を間接的に利用していたと思う。
関内の天婦羅屋が岩手の参院の先生に500万出して、5000万融資受けていた。
天婦羅屋さんはその5000万は返したんでしょうか。
先生は地元で拳銃で撃たれ、天ぷら屋さんは死にそうらしい。
閑話休題。
そういう大人の世界ですから、塩田大介氏のキッズランドに、
秋元先生もほかに何らかの紹介をしたかもしれない。
だがこれに根拠はないです。妄想の類です。
紹介したことで刑法に触れないです。

2 さいきんの傾向でトランスデジタルという会社を応援した
政治家が取りざたされている。(佃元伊東市市長)

トランスデジタルは三島情報開発でした。
上場企業で市場から30億ほど調達して翌日に手形不渡り出して倒産しました。
30億の金は黒木正博がサリアジャパン三木勝博氏通じて岡本倶楽部に運ばれ、
金銭消費貸借という伝統的手法で、30億円は後藤組か名古屋か錦糸町に
飲み込まれました。
つまり金銭貸借という積極財産が
残るから違法ではないということです。これが通った時代があった。
この事件で、野呂氏などが摘発され、実は野呂氏利益代理人T弁護士は
五反田経済班に4日にわたって呼ばれていた。
塩田大介氏は脱税で逃亡中、小山操も塩田氏事件に連座していた。
こういうことは、不動産業界では普通に語られている。
その世界に参入するか否かだけです。
ですからトランスデジタル関連放送を祝っている政治家がいて
おかしくない。
そういうなかで、
岡本ホテルを伊東市の金で買いました、元伊東市長佃さんが最近捕まる。
結局利益供与ですから。伊東市の金で利益供与。
自腹ならいいのです。それでも犯罪収益何タラの共犯になったりする。


o0625046813892988884.jpg

政治家の人格などある意味どうでもよい。良い政治が必要なだけです。
すこし悪いとこないと騙される。ですから鈴木宗男さんは能力はあった。
だが外国に騙されないけど、外国に加担すると国賊になる。
そうすると、200万以上の献金で、利益供与があると収賄になる。
これが「ヤマリン事件」です。
ロッキードの場合は3億。格が違います。
秋元代議士の報道見ていると、外為法違反ということが言われています。
金の動きを捜査側は知っている。
200万程度でも2億でも空港の通関で申告したらいいわけです。
中国に入ったとき
無申告なら、中国の通関で200万の入手を聴かれます。
そんなことは、太子党にいただいたと答えればいい。
さらに成田の通関で申告したら、外為法違反ではない。
だからこそ、なぜ申告しないのと疑問がわく。
議員秘書が中国太子党から金を得ていたら、
日本国内で隠したくなる。
つまり鈴木宗男のヤマリン献金です。角栄ロッキードです。
中国で日本の物を売りました。その代金で200万得ました。
それは称賛に値する。良い人です。
しかし、カジノ利権を売りました。それもチャイナに。
そうなると売国奴ですから、秋元議員は言い訳もできない。
どうやっても、形式の裏にある実質が説明できないからです。
これは日産の使途不明金と同じ。ゴーンはその関与を一切否定するしかない。
有罪ならヘイトだ騙されたといえばいいのです。
このように、職務権限や職務に伴う義務があると、
形式と実態が表裏一体ですから、私見によると、
秋元さんは厳しい。

3 塩田大介氏は確信犯。
キッズランドで引いた12億円くらいの7億の行方は言わないらしい。
こうなると、7億の追求はされていて、
秋元氏にいくらかの金でもわたっていないかと調べるでしょう。
麻布十番迎賓館も買い戻したとか。基本、建築時から、
ローン会社、建築会社を業界的には曲げる準備しているから、
競売妨害も単純ではない。
ですから、今まで有罪になった人が無罪で、無罪の人が有罪の人を
嵌めたかもしれない。
これは構造的にセットアップ不動産詐欺と同じなのであります。

まあです、以上は報道事実から考えたことだけです。
ただ、一部見分もしています。
マスコミ報道を待っていれば、公式見解は出るでしょう。
つまり、特捜部は秘書の身柄は押さえている。
供述は合わない。なぜなら利害が相反する。
秘書が外為法違反で終わっても、秋元さんには国会活動がある。
秘書が外為法違反でなく金を秋元さんに渡していたら、
外為違反は秋元さんにある。すると国会活動が益々問題になる。
これは簿記の問題です。勘定科目に献金とするか、
賄賂とするかだけ。