弁護士というお仕事。

「宝島社」から出版された「弁護士というお仕事」という本がありまして、
まことに役に立つ本であります。たしかオリジナルと追加版があって、オリジナルが
役に立つ。(こう思います)。
51YSBjuVV8L._SX298_BO1,204,203,200_.jpg
マイクさん事件とか、予告登記屋(仮処分屋)とか、今話題の事件の原点が
ここに取材されている。
I先生は特捜部に逮捕され、服役後、青山あたりに豪華なI事務所を作り、
予告登記を商材にして、活躍されていた。
その事務所の下請けともいう弁護士に、訴訟資料を渡して、
訴訟をかけさせ、予告登記を不動産に付けて、解決するという生業です。
大繁盛でした。制度が中止になり、その後は知らない。
目黒の先生が、管理財産をかっぱらい(10億以上)、友人の弁護士が
偽証で捕まり、逮捕したのが特捜部。偽証したのが6年くらい。
かっぱらい本人が10数年、服役したはず。
特捜部がこのような民事的事件を手掛けるのは弁護士犯罪だからです。
裁判所で、堂々と犯行に及ぶから、刑事警察では扱わない、扱えない。
また、被害者も超有名でした。マイクさんも知っている人と思う。

I事務所から事件を紹介されて受けた弁護士はもらった資料を事実と思う。
まあ最低事実と思ったと、問題が発覚したら言います。お約束。
○永事務所事務長も、権利書偽造だと、警察に言われると、
へーーーわからんかった、、という。
そういうわけで、長年にわたり、不動産事件を売り歩いている。
今日もやっています。(ほかにすることないから)
富ヶ谷事件(複数)のようにうまくゆくと手付金8000万とか、
時には5億近く手に入れられて、事件にならない。
事件になっても、捕まるのはなりすましだけ、臨時雇いですね。

こういう時代が続き、2012年の事件で地面師事件をきっちり捜査され、
マイクさんがとりあえず有罪になった。
マイクさん贖罪金払い1年懲役が少なくなった。
やはり懲役は嫌なんです。それならあと6億払えばいいのにと思う。
この捜査は手口を詳しく立証した。相当に時間かけている。
福田尚人も捕まりました。

いまマイクさんは積水ハウス事件で起訴され、15年求刑された。
マイクさんは自己弁護して、
共謀などしていない、有名だからという理由で起訴された。
思い込み捜査だと抗弁する。
ここで、そういう抗弁が通る時代もあったと思う。
だが、マイクさんは不動産詐欺事件業界では有名で、
同様手口は何度も繰り返している。協働者も同じ。
履歴も池袋責任者(S会のこと)、I会組長扱い(主犯格みたいなもの)
某不動産上場企業営業部長、川崎大資兄弟分。(親はだれでしょう)
こういう行動原理生き様が周知ですので、
スワット理論類似事例です。詐欺であれば、共謀共同正犯の事例。
暗黙の共謀はあり得る。そういうのはセットアップ詐欺ではクオーターという。
例えばパーツです。いまは専用ICを集めれば、PCを作れます。
それにOSとソフトを入れれば、兵器にさえなる。
マイクさんは、複数のこう動くという部品的人物を知っていて、
それに連絡だけして、その人たちは自動で動く人形です。
具体的共謀はする必要なし。

こういう自動機械が複数いて、弁護士もその一つに過ぎない。

こう考えると、小山操と土井淑雄が重畳的事実で後から起訴されるわけで、
セットアップ詐欺の最上位までは行かないまでも、
相当に実態に迫っている。(こう思うわけです。)

1 時代と弁護士
遠藤誠先生は、私見によれば「超左巻き」でありましたが、
時代は逆でありました。いうなれば、石田最高裁に青法協あり。
こういう時代です。
帝銀事件も時代が風化させる。衣鉢を継ぐ人もいる。
だが時代は巡る。
公尽会も弁護士事務所でなくNPOになるわけです。
NPOのホームページが消えている。
会という紛らわしいのもいる。
ビルは同じだな。
〔参考Web記事〕
伝説の保持清弁護士(東京)退会命令(弁護士自治を考える会)
https://blogs.yahoo.co.jp/nb_ichii/34939732.html
小林霊光、吉永@諸永法律事務所、駒場豊その他。(MS blog)
http://mita.blog.jp/archives/68393786.html
重債務 「整理屋」きょうにも逮捕 十数人、弁護士と共謀(ソマメモ帳/生活支援協会)
http://blog.canpan.info/soma5225/archive/69

〔関連〕
東京都渋谷区渋谷1-7-5青山セブンハイツ7F・弁護士法人公尽会/保持法律事務所(現在閉鎖)
24f6e8ae.jpg

五反田は梁山泊で多数の反体制が集うわけです。
そういう人たちも金融とかに特化してゆく。
変質せざるを得ない。有名金融屋になったりする。

時代であります。

刑事事件弁護していいのですよ。ただほう助はダメ。


5197PtvvfdL._SX330_BO1,204,203,200_.jpg

この記事へのコメント

  • 重畳的事実?
    言葉の意味が分かりません。教えて下さい。

    それにしてもネタ古すぎです。
    弁護士が逮捕される際に民事的な事件だから特捜がやるというのもどういう知見なのでしょうか。
    刑法に抵触するからこそ起訴に至るのではないですか?


    2020年01月28日 07:18