秋元先生とIR法案

カジノ法とでもいうべきIR法です。
どうやら議員立法らしいです。日本維新の会の企画らしいです。
農業関係の予算はピークで1兆円を超えていた。
統合型リゾートに何故カジノが必要かわかりませんが、ともかく、
法律があれば予算が付く。
そこで、北海道なら留寿都、苫小牧と企画していたようです。
横浜なら、山下公園。大阪、長崎とつづく。
カジノを何個作るつもりか企画は大丈夫かと思う。
カジノは客が重要で、カンヌとアトランタでは客層がちがう。
オーストラリア・ゴールドコーストのカジノクラスでも世界にそうはない施設です。
パチンコを何とかしようということでカジノでしょうか。
こういうのは英国に学んだほうがいい。
TABという酒を飲ませて、テレビで公営競馬をやらせるところがあります。
ブックメーカーという私的馬券飲み屋が認められていて、
小金をかけさせる。そういうところで博打をやっている。
競馬などで25%の寺銭はとらない。
博打場は、ハウスが儲かるようにできている。
そのハウスのもうけを少なくしても、長い時間遊んだら結局客は螻蛄です。
長く遊ばせるか、すぐに一文無しにするかの違いです。
こういうレジャーというかきわどい遊び?は日本でも「博徒」さんがやっていた。
IR施設作るくらいなら、浅草に普通のホテル(浅草にはない、特殊用途だけ)
をつくり、浅草寺仲見世で観光して、万葉倶楽部みたいなとこでふろにつかり、
飲み食いもできて、興味ある人は「丁半博打」を片肌脱いだそういう人にさせて、
世界に比類のない賭博を売りだしたら、大受けです。

日本でカジノができるとこは一か所しかない。

秋元先生は苦労しているから、お金儲けの大事さが身に染みていて、
サービス精神があり、クライアント第一ですから、いろいろ仕事してしまう。
K林K喜先生の秘書から議員になったときに注意すべきことを気づかなかった。
700万円強の贈収賄ですが、ヤマリン判例に則り、検察は完全な立証が
必ずできる範囲に起訴事実を限定しているでしょう。

元政策秘書なども、先生守ろうにも、できなかった。
これってどうよと、調べで見せられたら、絶句でしょう。
うなづくしかない。
だれもネットを見ていなかったのでしょう。
22008337_1505914052777009_6218064210632692776_n.jpg
カジノというものはなじんでいないし、まあ利用もしないですが、
アテンドはしたことがある。好きな人は手間がかからない。
入ったきり、一文無しになると、出てくるだけです。
日本人には向かないでしょう。マネロンなんかさせないと客が来ない。
博打といかさまと「○○ザ」は松竹梅。雪月花。

1 最近、昔の話がおおいです。
来年あたりに、六甲連合Kさんが出てくるらしい。
そうすると、昔の話がまた続くような事件が多い気がする。

秋元司先生はともかくも、仕事をするというモラルはあった。
それが世間のモラルの一部でもです。
昔の事件も仕事でやっていた人たちがいる。

ネットミニコミとか色付きジャーナリズムも効用はある。
だが、世代は移ります。
世の中も変わる。
コロナウイルスもあるし、イナゴもでてくる。
クリミア戦争は再開されるし、中東も線引きを自分で始めたようです。

ダウンロード (32).jpg

この記事へのコメント