業界の話。

業界というのがありまして、そのギルドの中の話は基本外部に出ない。
やくざ屋さん業界はあって、その業界と接点持つ業界は多い。
芸能関係もそうでありまして、逆にオリジンは芸能ということも多い。
事始めとか疑似親子関係とか祇園の社会がやくざ屋さんに影響を与えていると思う。
(これはポジショントークです。)
20年前から30年前の話は業界的にはまだ生きていて、いじられると困る人もいる。
なんでもめくればいいとは限らない。(所謂通常ではです。)
ところが30年前の話が現在の状況で意味が出てくることがある。
唐突ですが検事総長人事とかです。(これも私見で妄想です。)
吉本興業とか神戸芸能社とか関係するかも。
銀座の噂の特集が検察に大激震ということもある。
わたくし的ポジション見解でいえば、関東軍は国を亡ぼす。
(関東軍というのは宇都宮師団です。天皇の言うことも聞かない。
今流にいうと検察人事は官邸の下にあるかどうかです。
ここで検察独自人事を認めると検察が第2の関東軍になりかねない。
(田中角栄以来の調活費問題です。具体的には。)
大村幹雄、生島久次((高佑炳)、金聖基(天野洋志穂)は菅谷組の舎弟です。
これは、「血別」(太田守正氏著書)に書かれている。
こういうことが事実であれば(わたくしは事実と思う。)中野太郎襲撃事件や
日本不動産地所社長生島射殺、宅見勝暗殺も一つの流れで理解できるわけです。
いま、亀谷とか20年前の当事者が出所してくる。KNは昨年。TYは今年でてきた。
HKも8月には出てくる。と思う。TYは岡山池田会に迎えられたという。
岡山池田会は旭川に事務所があるという。
これは初めて聞く重大なことであると思う。
(妄想ですが、旭川は薬の集散地です。伝票だけかも知らんですが)

1 業界の話はポジショントーク
ある刑事事件で被告が都合のいいことを言ってもいいというか、
当然です。そういうことでいいのであります。人権擁護。
しかし
なかには自分の見解が全部正しいという人もいる。
ある業界人の言うことが困る人もいる。
そういうのもポジショントークでビジネスだから仕方ない。
ただ、そういうのが一般の社会に影響与えると無視できなくなる。
20年前の保釈金がいま殺人になったりする。
飛躍したらそういうことです。

2 拳銃自殺が山口組と住吉会一部と連関する。かもしれない。
拳銃は道具として使われ、日本では禁止されている。
ところが、38口径回転式けん銃が多く事件に使われている。
コルト社のパテントでブラジルやフィリピンで作られていて、
これは安いし本家並みの性能でよく事件に使われる。
こういうのも密輸ルートがあって、たぶん昔の業者がいまだにやっていると思う。
ぴったし当てられたら自分がおかしい。
こういうのは側聞すれど、わたくしは詳しく知る人でない、
またあってはならない。

川崎で見つかった銃はガラス割に使われる予定の道具で、
失念で警察に見つかり、だが、
ガラス割は予定通り行われた。
川崎が高田馬場の歌舞伎町事務所を撃ったという。
(警察も防げません)でも、
三億が神戸から新宿周辺に運ばれ2億がポッケナイナイとなったという。

拳銃の輸入元を捜査していれば、確率は低くとも高校生拳銃自殺が防げたかも。

それにやくざ業界も宣伝と虚勢の世界です。借りた金を返さず、
殺したりしたら、強盗殺人です。外道であって、極道でない。
1億づつ、山分けですか。盗跖にも仁義あり。ジンギデスヨ。
C8438540-39D4-4F14-81B9-8CC2C3A9E57B-1024x547.jpeg

この記事へのコメント