山健組トップが替わると、地方ヤクザ社会が変わる。

山健組とは、「山本健一」を頭にする組織だった。三代目山口組の二次団体。同様な組織に菅谷組がある。菅谷政雄を頭におく団体。菅谷組は神戸の国際暴力愚連隊であった。神戸連合というべき存在。関東連合みたいなもの。山健組は当時組員50人。菅谷組は組員というなら、1000人。その傘下の不良は5000人を超えていたであろう。時系列は省略するが、白いコートに身を包み、北は北海道、熱い地域ではサージの背広で暴力団の組織化を推進したのが菅谷政雄である。三代目山口組を破門されても数年にわたり菅谷組看板を維持して、1981年最後は肝臓ガンで死亡。その直前に田岡山口組三代目がなくなっている。1982年山本健一組長も亡くなり、その後山口組に内部分裂の傾向が続いたのはご承知の通り。山健組は組織的には少数組織であったが、総長とばく事件など、警察庁第一次頂上作戦にたいする処理では田岡三代目の守役を務め、三代目山口組が田岡組長を親とするなら、家庭内の長兄であり、山本広や菅谷政雄が経済力組員でしのいでいても、三代目山口組を運営するのは山本健一であった。これが、ヤクザ社会のルール。田岡三代目の舎弟に益田佳於がいる。そして東声会沖田(薛)守弘もいる。益田は横浜に組を設立。沖田氏は東亜会に移籍。これらは三代目山口組の政治である。四代目山口組組長が兵庫姫路の竹中組に指名されると、山広組と竹中組の抗争となった。山広組側に加茂田組がついて、圧倒的多数であったが、この抗争事件は、竹中組組長の銃殺事件を経て、山健組健竜会の渡辺芳則氏が五代目となった。…

続きを読む

籠池裁判はいつか。極心連合橋本会長引退。今日の話は昨日の続き。

共犯事件で最初の公判までに時間がかかるというのはある。S報道サイト関連事件でも事件は二つに分けられ、基本事件が確定されたのちに三名の第二事件の初公判があった。この事件の詳報はアクセスジャーナルに載っている。一人が起訴事実を認めたのでこの事件は終わりです。アクセスジャーナル | なぜか、被害者の本紙・山岡が取り調べーー田邊勝己こういう事件があって、その後の状況の変化もある。つまり、刑事事件は一部のこと。その余のこともある。だから刑事事件が間違いではない。世の中の一現象です。 1 籠池詐欺事件の裁判。籠池氏は詐欺で立件されて、夫婦で訴訟を待つ身であります。補助金詐取ということで起訴されすでに9か月。弁護側が二つに分かれていたら、裁判期日調整や意見書提出も、いろいろな組み合わせがあるから最初の公判がなかなか開かれないということはある。被告人が納得していたらいいようなものですが、それでも裁判を受ける権利の中身に迅速性があるから、人権擁護の意味でもマスコミに、この裁判取材をやっていただきたい。籠池氏を詐欺師として扱っているネット論調があるが、それは少し早いのでは。(ナスカキャベツ化回し下痢現象)籠池氏は「反省すべき点はあるが故意ではない」との見解を示していたとのこと。 この森友学園許認可作業では、まず大阪府行政の受付があった。このことは、森友学園認可について、いわゆる事前審査は通ったということ。ここで受け付けは受付。それに大阪府行政の瑕疵はない。だが、大阪民国では「受け付けておいてなんでやねん」という声…

続きを読む

籠池裁判はいつか。極心連合橋本会長引退。今日の話は昨日の続き。

共犯事件で最初の公判までに時間がかかるというのはある。S報道サイト関連事件でも事件は二つに分けられ、基本事件が確定されたのちに三名の第二事件の初公判があった。この事件の詳報はアクセスジャーナルに載っている。一人が起訴事実を認めたのでこの事件は終わりです。アクセスジャーナル | なぜか、被害者の本紙・山岡が取り調べーー田邊勝己こういう事件があって、その後の状況の変化もある。つまり、刑事事件は一部のこと。その余のこともある。だから刑事事件が間違いではない。世の中の一現象です。 1 籠池詐欺事件の裁判。籠池氏は詐欺で立件されて、夫婦で訴訟を待つ身であります。補助金詐取ということで起訴されすでに9か月。弁護側が二つに分かれていたら、裁判期日調整や意見書提出も、いろいろな組み合わせがあるから最初の公判がなかなか開かれないということはある。被告人が納得していたらいいようなものですが、それでも裁判を受ける権利の中身に迅速性があるから、人権擁護の意味でもマスコミに、この裁判取材をやっていただきたい。籠池氏を詐欺師として扱っているネット論調があるが、それは少し早いのでは。(ナスカキャベツ化回し下痢現象)籠池氏は「反省すべき点はあるが故意ではない」との見解を示していたとのこと。 この森友学園許認可作業では、まず大阪府行政の受付があった。このことは、森友学園認可について、いわゆる事前審査は通ったということ。ここで受け付けは受付。それに大阪府行政の瑕疵はない。だが、大阪民国では「受け付けておいてなんでやねん」という声…

続きを読む