スルガ銀行の報道

スルガ銀行米山社長と岡野オーナーが銀行を辞めた。本年8月末に、スルガ銀行米山、白井代表が辞任し岡野オーナーも辞意を示しているという。新社長は有国三知男氏という方だそうな。銀行プロパーの人で、スルガ銀行の処理の先頭に立つ。親和銀行は学歴で東大卒だったが、女と同衾しているところを写真に撮られて、ヤクザに150億抜かれてしまった。銀行経営者以前に、まずダメ~~~~なやつでした。地方銀行はそういう風潮が今でもあって、頭取は財務省のおさがり。そうやっていれば経営が安泰なのであります。これまではそうでした。スルガ銀行はデート商法の大元でありまして、前回の騒ぎの時に、有国三知男社長になっていたら、(タラれば話)、カボチャに喰われることはなかったかも。デート商法融資の損金は数千億でしょう。モラル的にこの融資については、いかなる手間がかかろうが、原状回復が原則。過払い訴訟のようなものです。その前提に、司法は銀行を負かすことはない。ですから対スルガ銀行集団訴訟は公開されず、原告弁護団は敬天新聞の取材結果を使わない。(敬天が反社だからだそうな。何のために傍聴に来て、だれのために訴訟代理をしているのか)これでは勝てるわけない。勝つつもりがあるのかです。 なぜ、松尾真一が敬天を名誉棄損で訴えたのか、弁護士蓮見和也がそれに悪乗りしたか。こういう泥臭いことがある前提にスルガ銀行マックロクロスケなのであります。 マンハッタンインベストメントは上場したかった。敬天の小さな記事がその阻害要因になる。ですから、ヤクザが絵図を描いて…

続きを読む

親和銀行東大、スルガ銀行慶応評議員。

長崎県の公金収受銀行親和銀行が潰れて30年でしょうか。親和銀行頭取辻野徹が大阪刑務所にて脳梗塞で死亡。いま調べると懲役3年6月。大刑に収監されてすぐに死亡している。76歳、元銀行頭取、東大卒、趣味はオーディオ。これは懲罰としてひどいかどうか。まあこの人の場合当然でしょう。オーディオルームを作りました、銀行の金。ブラジル人女性と同衾しているところを写真撮られて、脅されて、ヤクザに処理を依頼した。そのヤクザたちが150億くらい銀行から金を抜いた。長崎三悪人といわれた、農協、料亭、親和銀行であります。長崎市内のリッチとか、突然用途容積が変更され、高層マンションが建つとか、長崎はなんでもあり。長崎は帝国海軍。そのえらいさんが名付けたのが親和銀行。長崎は公共投資が産業ですが、その最盛期の半分に公共投資が減った。いまから30年くらい前です。軍需は公共投資の代表です。だから佐世保重工が栄えた。金が足りなくなると奪い合いになる。長崎市の市長が二人銃撃を受けている。本島は長崎市家野町では賊です。伊藤市長は関係を断とうとして殺された。関係はあった。長崎出身で東京で成功しているのに歌手が多い。内山田洋とクールファイブなど。長崎五島はいい歌手の出るところ。横浜崎陽軒は優良企業ですが、長崎の出です。小川崎陽軒といった。 その佐世保で、固定資産税は払わない、それでも表示登記はしたいというのがいて、税金払わず、警察に行く、小野塚さんみたいなのが多いわけです。国家の制度の保護を受けたければ、税金は払わないと。 親和銀行は長崎…

続きを読む

ニコニコクレジット・丸和商事・過払い請求と清水一家。

清水一家というのは美尾組で五菱会であります。金融ヤクザであります。五菱会が山口組5代目体制で業界用語で「よい座布団」に座れたのも、金の力です。現在本部は東名清水インター直近にある。山口組5代目と宅見組という体制があったわけです。宅見勝・石井進・大村幹雄というトリオで昭和バブルで会社喰いをした。親和銀行も食われた。東大経済学部卒の辻田頭取がハニートラップに嵌まり、山口組系右翼から街宣を受けた。それを解決したのが酒梅組。このようにヤクザが刺さった銀行大企業は弥縫的解決をすると、さらにヤクザに食い込まれ、最後は全身にウジが回って死んでゆくわけです。(http://yamikabu.blog136.fc2.com/blog-entry-823.html)佐世保の親和銀行が150億円抜かれたらつぶれるでしょうし、喰ったほうは大もうけです。酒梅組は千葉の山林で親和銀行から融資を受ける。もちろんダミーが介在する。最近千葉で穴埋めとか、鶏舎を作るとか、ガット船で土砂を運ぶとか、仕事の話がありすぎる。私もつれてゆかれて、暑かった。ゆううてくれればダメと言えたのに。 1 丸和商事がニコニコクレジットで丸和精機・丸和観光開発・ふじ美術館(刀剣)  そして、サービサー中部債権回収であります。 消費者金融で客にして、客をまたサービサーで客にする。すごいですね。スルガ銀行岡野光喜やり手です。ニコニコクレジットで客を食いつぶすが、過払い金利訴訟をどうするか。ここを切り抜けないとダイレクトワンという会社を作れない。ここでウル…

続きを読む