モリカケウロンマスコミとヤクザ世界秩序。

森友学園報道と政局作りが1年以上続いている。そういうマスコミ報道の社会状況もあれば、実社会では着実な変化もある。まあ世界的にみると昨年マレーシアで金正男が殺されたこと、そして、米朝会談がシンガポールで行われる予定だということが、日本マスコミの報道と歴史的に語られる日は近いでしょう。理由は、日本マスコミの報道活動の中心が北朝鮮労働党であるという意味づけが必ずされるはずだから。 1 マレーシアで政権交代。なんと、92歳のマハティール氏が選挙で政権をとった。いやはや、マレーシアに民主主義が実存しているということで、英米の文化が根付いていることに驚く。マハティール氏はインド系を父に持つ混血である。マレーシアはブミプトラ政策をとる国家。マレー人が6割から8割。中国人が1割、インド人が1割。混血化もしているが、マレー国家である。ブミとは地元民ということで、このマレー人中心主義に対抗する形でシンガポールが作られた。シンガポールは華僑(客家)国家である。マレーシア自体がイギリスの植民政策でインドネシアと分離された国家である。インドネシアはオランダの植民地。ブルネイは半独立を保ちながら、もともとはマレーシアの藩公国で石油を資金源に独立を保っている。しかしそこには英米仏豪の石油資本が軍隊を駐留させている。ブミ優遇政策推進とマレーシア発展はむつかしい政治だが、それを実現したのがマハティール首相。マハティール氏は医師を目指し優秀な成績の学生だったが、ブミ優遇で短大にしか進学できなかった。こういうところはミャンマーの事情…

続きを読む

後藤瀧澤司高山、、、中田。

東邦生命という倒産した生保屋があった。太田一族という福岡の地主の系列です。明治政府以来生保会社は潰れるという危険とその経営のメリットを考えると、地主に経営させることが通常でした。命を担保に取っていて、夢を売る商売で、実はおいしい。そういう東邦生命が倒産した。国策企業は国策に弱い。竹下内閣とともに潰れたようですが、じつは政局にのったわけです。NTT労組(=郵政労組)の金が400億近く消えましたが、その金の行方は不明です。東京ゼネラルという先物業者がつぶれて、経営者が懲役8月で終わり。実際は、刑務所にもいかない算数がある。また、福沢諭吉以来の千代田生命もつぶれた。これは融資に問題があった。横井英樹に1000億円くらい出した。副社長が手数料を取っていた。(5%と言われていた。)こういうことは隠蔽しないとダメなわけです。そこでサーベイランスという地獄の番犬がでてきてみなわからんということになった。「悪い外資を俺が切る」そういうあんたは大丈夫か。瀧澤孝芳菱会会長死ぬ。参照してくださいホテルニュージャパンが燃えて、その跡地に保険会社が入居した。千代田生命の替わりかもです。わたくしは横井さんが経営に失敗して新しいホテルが建つことを真剣に期待していました。新ホテルに就職したかった。火をつけたやつを殺してやりたい。それは保険で儲けたやつです。もう死にました。長期信用銀行がつぶれて、一つは、みずほ銀行になりました。その、みずほ銀行第一勧銀部分が及川行員事件で揺れた。その前に、武田広人行員事件があって30億円くらい不正…

続きを読む

瀧澤孝芳菱会会長死ぬ。

「片目のジャックは元気か」。瀧澤孝関東ブロック長が「寄り」でそう声をかけたそうだ。1997年拳銃不法所持で指名手配。2001年那須で逮捕。2003年保釈。2008年後藤組が除籍された。2009年瀧澤孝引退。国領屋一家の枝組織を瀧澤孝が「芳菱会」とした。瀧澤孝引退後芳菱会の名前は消えた。 序列とは、以下のとおり。 1983年10月鶴城組二代目鶴城郁夫襲撃される。      (襲撃犯:生島組組員古市朗。)      (同年生島組組長銃刀法違反で指名手配。       時効完成まで逃げ延びる。)1984年2月 鶴城組二代目組長大阪ミナミで生島組組員銃撃されその数か月後死亡。1996年7月10日 中野会中野太郎会長が京都で襲撃される。(襲撃犯会津小鉄会組員二名が中野太郎ボディーガードに銃殺される)     宅見勝が会津小鉄会と即時手打ち。 1996年8月26日日本不動産地所社長生島久次が梅田駅前で銃殺される。(襲撃犯:武田鶴城組組長武田および組員坂本。坂本は生島のボディーガード古市に銃殺される。)1997年7月 中野会吉野が宅見勝暗殺部隊を作る。1997年8月28日宅見組宅見勝組長オリエンタルホテルで銃殺される。1997年9月 弘道会司忍および芳菱会瀧澤孝が路上で職質を受け逃亡。         それぞれの護衛は現行犯逮捕。1997年11月司・瀧澤が銃刀法違反で指名手配。        1997年12月26日山健組桑田健吉氏六本木で現行犯逮捕。(銃刀法違反)。1998年6月 司忍氏曽根崎署に自ら出…

続きを読む