塩田大介さん、内田マイクさん、小野塚清さん。

塩田大介(川崎大資)さんが再逮捕されてもうすぐ検事拘留満期です。喜田泰壽他三名が2014年の不動産詐欺で起訴された。そのなかに内田(高橋)マイクもいたのですが、中心は喜田であると私は思う。積水ハウス事件でも事件は起訴されて一件落着のようですが、刑事的起訴というのは、検察の筋書きがあって、それに該当する事実が基礎になっている。小山操も土井淑雄も起訴され有罪にできるのかという意見はありました。だが、その後の裁判報道見ると有罪でしょう。そういう流れです。 1 川崎大資の詐欺事件と小野塚清。川崎大資こと塩田大介氏は、ABCホームを上場寸前にまでした人です。A社の社長の運転手をした。これはエリートということです。特捜部がこの人を逮捕したのは二回目。最初は脱税でしたが、一緒に小山操も逮捕されている。塩田氏は麻布のマンションで保育園をやっていると聴いた。わたくしは、大したものであると思いました。そのマンションは競落されたが塩田氏が使っている。一説に競落人が小野塚清と聴く。こういう業界では他人名義でないと不動産を持てないことが多々ある。 2 内田マイクと塩田大介は兄弟。その意味は不明ですが、生き方は似ている。しかし、塩田大介の声がネットで流れて、その意図が何かは興味あります。児童育成協会印の偽造を指示する生々しいやりとり私見ですが、A議員なんか関係ない。ほかの議員も関係ない。政治関連はこういう危ないとわかったものに近づかない。ネットで公開された事実を特捜はホントかいなと思うでしょう。一応プロですからそう思うで…

続きを読む

杉並不動産詐欺で一人不起訴。

NHK首都圏 NEWS WEB 杉並地面師事件 1人を不起訴にhttps://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20190730/1000033465.html【東京・杉並区の土地の所有者になりすまし、土地を勝手に売却したなどとして逮捕された4人について、東京地方検察庁は詐欺などの罪で起訴しました。一方、一緒に逮捕された元不動産業者については不起訴にしました。平成26年9月、東京・杉並区の住宅地にある広さ400平方メートルの土地をめぐって、所有者になりすまして、不動産業者に土地をおよそ1億8千万円で売却したなどとして、地面師グループの5人が詐欺などの疑いで警視庁に逮捕されました。東京地方検察庁は、このうち神奈川県横須賀市の会社役員、喜田泰壽被告(61)ら4人を詐欺などの罪で起訴しました。一方、一緒に逮捕されていた66歳の元不動産業者については不起訴にしました。検察は不起訴の理由を明らかにしていません。】 上記NHK報道です。結局4人が起訴された。不起訴の一人は不動産屋です。横須賀グループに近い人。 1 N国とかかわるとか関わらないとか。時節柄、N地域というジャンル分けを経産省がしたのかと思っていたら、「NHKから国民を守る党」というのができたようです。ともかく、NHKは報道しているから私は評価しています。私も受信料は今は払っていないです。理由は所謂受信設備(テレビ)を持っていないからです。 NHKがネットに進出して、携帯電話サービスも始めたら、そして、民営化して独自…

続きを読む

社会原則。事実。現実。

吉本興業が吉本になり、何が変わっているのか。興行師が芸能プロダクションになったのか。芸人がタレントになったのか。こういう概念論もある。事実認識も一つの事実だが、吉本芸人名乗るのが6000人いるという。報道されて、吉本も認めている。6000人が寝起きして、水飲む、飯食う雲鼓する。どうやって生きているかが現実です。島田紳助という芸人が難波で風俗ビルを競落する。ソシアルビルというようです。難波でソシアルビル競落できるのは、事実的にやくざしかいません。何があったか知らないが紳助兄さんは吉本辞めました。テレビにも出ない。建前と紳助兄さんの事実が合わない。兄さんでなく、オヤジなんでしょう。紳助おやじ、組長です。業界トップも認めている。 1 6000人の芸人という群れ。芸人というのはたやすい。芸人と認められるのはおなじでしょうか。「宮迫で~す」も「ゲッツ」も何か変わりあるのか。認めて、もてはやすものがいるから、「宮迫で~す」がある。するとです、認めてくれることは、金をくれることで、金をくれる人が「強盗」とか「オレオレ詐欺団」ということであった。テレビも「宮迫で~す」に金をくれる。ただ途中にテレビ株主の吉本がいる。すると、吉本がテレビ局の金を中抜きする。それがどう使われているかはわからない。本多組に流れていたかもしれない。(過去は清算したかも、だがわかんない)宮迫さんは直に営業して、ギャラをカッパぐ。取っ払うというらしい。これは芸人営業の原点です。北新地で、難波で酒席に呼ばれて、パチパチパンチで生活費も稼ぎます…

続きを読む