佐々木利勝さんと北田氏

ブロンド・オン・ブロンド 誘惑の甘い罠 Blonde on Blonde松浦亜弥 ひと夏の経験今日の私は昨日と違うわけですが、バカは死ななきゃ治らない。石松は死んでも治らない。さて、内田マイクさん積水ハウス海喜館事件の首謀者ということになりそうであります。内田さんは懲役7年贖罪金1億で懲役6年となり網走にいるとか。それが福田尚人氏とともに?、東京に呼び戻されているとか。時期的に積水ハウス事件首魁と新聞辞令が出ていて、たしかにそういうことはあるとも思えますが、ナスカキャベツ現象、すなわち本質隠蔽という感じがします。 1 内田マイクさんの環境この方は昭和の終わりごろ頻繁に話題になった。マラソン選手に土地を売りつけたり、埼玉、茨城などで不動産詐欺で話題。そして真珠宮ビル事件でも第一事件で逮捕された。当時この内田さんに世話になりながら保証書登記や印鑑証明変造を手掛けていたのが佐々木利勝です。この佐々木さん健竜会の看板を切っていた。当時は、プラチナカードといわれた看板です。同様に「赤富士」というと、皆さん一歩引く。これは富士宮ということで、後藤組というおはなし。佐々木利勝さんは自らの刑事事件調書で陳述していますが、「健竜会」という看板で大したものと思っていたが、実態は道具でありましたと最後に自覚していた。それでも詐欺犯罪の世界では役に立つから佐々木さんを使うのです。同時に、佐々木さんに、ほかに仕事はない。結果は、当時佐々木さんは2000万ほどの報酬総額(事件数は5件以上)で、函館に行かれた。それでは、当時…

続きを読む

ひいきの引き倒し

カルロス・ゴーンが「俺を売ったやつがいる」といったとか言わんとか。そうゆうたならこれは自白です。基本的事実はあるか。つまり、巨額使途不明金はあるか。これがあったら、誰かが責任取らないと。ゴーンでなければほかのだれか。それを調べるため必要で逮捕したから不当逮捕でない。問題なしとなれば、いいではないですか。それを売ったとか恩知らずとゆうとるなら、自白です。これが贔屓の引き倒し。 ゴーンの弁護士が大鶴弁護士。元特捜部長。陸山会捜査をした。これもわかりやすい。 金商法に記載すべき取引かどうか。また問題にすべきか否か。100万単位なら?。1000万単位で?!.まあ1000万クラスなら刑事責任はとなる。 別件で特別背任があるかも。 これは厳しいですね~~~~。 グレッグ・ケリーがです、認識認容していたら、ゴーンは共犯ですね。 ケリーさんどこまで頑張るでしょうか。 1 やくざ組織の犯罪と同じ。おやじのために何でもする。それが特別背任の実態。そこには特別な身分関係があって、その証明がやくざはスワット理論で立証不要。このゴーンさんの場合、立証は必要だが、それは裁判官が認めるに足ればいい。裁判官の四角い頭を丸くする弁護を大鶴さんができるか。奇しくもパリは燃えていて、マクロンは増税やめた。本人はいつ辞めるかです。レバノン大使がゴーンは無罪という。これは、日本大使館エルサレム移転となる。 2 やくざさんは何か名前が出るととりあえず逮捕される。やくざ刑法、刑事訴訟法がある。殺人の故意は概括的でいい。それで通…

続きを読む

ゴーン再逮捕

フランス人らしいゴーンを拘置所に訪れ無罪だとゆうたレバノン大使。そして海外メディアのどこかが、拘留期間が長すぎると批判する。明治維新の不平等条約はいまだに続いている感じですね。オーストラリアでは保安官(police)の制止に抵抗すると、検察判事関係なく、police officeの部屋(檻)に1週間入れられます。空港で、検疫官の質問に答えないと同様のことになり、ブリスベン空港まで迎えに行ったことがある。これは保安官の裁量でありまして、大男の酔っぱらいが声を上げ何かする気配を見せると、自動拳銃が突き付けられる。何かあれば撃つでしょう。9mmグロッグで撃たれたら死ぬ確率は高い。ところで、そいつはすぐ日本に帰りました。 1 ゴーンと共犯者再逮捕とか。帳簿の不記入は脱税につながる。アイドルという個人営業主が簿記の番組を始めたとか。http://blog.nogizaka46.com/minami.umezawa/それが梅沢美波さんです。昨日聴く機会が運転中にあり、郵便切手の仕訳は広告費か通信費かというお話でありました。費用計上は実際に郵便を出した時という深い解説もありアイドルおそるべしであります。いろいろ言ったところで、巨額資金の記帳を勘定科目付け替えとか、ばくちの損を会社に付け替えるとか、あるいは赤坂での個人的飲食を他人の部分まで業務に関係なく日産に払わせていたら、複式簿記はどこかで破綻するのであります。それは、経費でなければ所得でありまして脱税です。ライジングの平氏はそれで服役した。沈黙を守る漢であ…

続きを読む