ガット船で5億の修理費。マジか。新品が買える。

アッカンベー懐かしいのか。(W ならすかたない。 2018年05月18日岩間開発という懐かしい名前。岩間開発とは北祥産業が手掛けたゴルフ場開発会社。北祥産業・北東開発の二戸一企業。北祥が平河町、北東が赤坂に登記があり石井横須賀一家会長関連会社。東京佐川急便事件、東急電鉄株式買い占め事件の主役であった。代表者・庄司宋信氏は銀座に「花グループ」という倶楽部を経営。銀座7丁目の「リービル」8丁目「和恒ビル」に店を持ち、昭和バブルの花の舞台を提供した。イトマンファイナンスが石井久会長に資金提供をした。住友銀行は結果的に主役である横須賀一家総長に融資をしていたことになる。これは過去の話である。横須賀一家石井が銀座で東京佐川渡邊広康と知り合う。クラブ経営者が横須賀のフロントになるのは当然。東京佐川渡邊は北祥という看板を得て、また北祥は佐川の信用力で金を引くことができた。不動産事業はブームに乗り大成功。①イトマン事件。②東京佐川から竹下に巨額献金。トラック二台分。(一台は半分くらい?)③許永中、帝国ホテルに事務所を持つ。④、、、、、、、ここで、石井久は夜の商工会議所会頭と言われた。銀座のクラブ、銀行、ヤクザ&仕事師、「会社喰い」「銀行喰い」これが経済事件の原点である。こういう事件の陰に大蔵省あり。(ノーパンしゃぶしゃぶ)。さて、スルガ銀行事件であるが、          噂ですが、噂ですが、噂ですが、OがKの絵図でスルガ銀行決算を作る。三年後くらいに返済できる高収益案件があれば金は出す。ところで、✖✖案件…

続きを読む

昨日の話。ずいぶん前ですが。

2017年08月30日神奈川山北町で蠢く事件師人脈列伝。(再掲載)矢生光繁@日高カントリー事件、山元康幸@平和奥田、平和寺、緒方和男。日高カントリークラブは名門ゴルフコース。この健全ゴルフクラブについて、過去内部的事件があった。それは株式会社株主の権利をめぐるもので、岸井氏(東京帝大法学部卒)の権利譲渡を受けた矢生光繁vs(株)日高カントリーの裁判闘争であった。この訴訟の決着も付き、岸井氏、矢生氏も亡くなったであろう。この遠い過去の話であるが、矢生光繁氏は昭和の大物事件師。関連事件は週刊新潮でも取り上げられた。この矢生光繁は王長徳という在日らを使役して、関西名門カントリークラブなどの法地訴訟にも絡む大物事件師だった。手口は似非同和の利用。とくに尾崎清光をよく利用した。そして、南青山三丁目事件同様国会質問を関係議員にさせて、経済行為を有利に運んでいた。その関係議員の一人が楢崎弥之助国会の爆弾男である。こういうことは、衆議院記録に残っている。第123回国会 予算委員会 第17号http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/123/0380/12303130380017c.html(○楢崎委員 ただ、客観的にはそうだれでも思いますよね。そうだれでも思います。それを申し上げておるわけです。――いや、私だけだったらいいですよね。 次に、私は、最近のいろいろなスキャンダルに、政治的なスキャンダルも含めて、ゴルフ場が登場する。そういう意味で、私は総括でも宝塚ゴルフ倶楽部の問題を…

続きを読む

今日の話は昨日の続き。

私小説的体験ブログ。September 26, 2016September 26, 201600:28カテゴリ本間吉、宮崎学、熱海友の会、トランスデジタル、、、、2006年3月6日元司法書士野崎数興刺殺される。実行行為者後藤組政竜会本部長近藤毅、および舎弟山本将之その後政竜会会長石原英也逮捕され共同正犯で有罪、無期懲役で服役中。近藤毅政竜会会長2006年8月9日サリアジャパン 港区新橋5丁目21番8土地所有権取得2007年2月13日西岡進無罪判決(公正証書原本不実記載事件)記者会見した西岡被告は「無罪と信じていた。ほっとした気持ちだ」と述べた。 2007年3月8日サリアジャパンが東京セキュリティに新橋5丁目物件を譲渡。決済予定日5月20日 決済金額金額1億7500万円。売買による所有権移転登記。☆所有権あり東京セキュリティは西岡進支配会社。クリックオペラハウス渋谷ビル港区新橋5丁目21-8不動産登記(土地全部事項)2016092048789326.PDF港区新橋5丁目21-8不動産登記(地図)2016092048829830.PDF港区新橋5丁目24-4不動産登記(土地全部事項)2016071501886904.PDF(高橋さん自宅)新橋4丁目失踪現場直近2008年トランスデジタル事件野呂周介大東正博黒木正博おまけ前本氏不起訴 黒木正博被害者では無理でしょう。チンコロ依存権力犯罪。真珠宮ビルでも電通ワークスでも。当事者のチンコロ調書。黒木正博は加害者でしょう。ここまでくると金でも貰っているのかと…

続きを読む