ゴーンと弁護人。

ゴーン弁護人から大鶴弁護士が抜けた。同時に弘中淳一郎弁護士が弁護人として参加。弘中弁護士は無罪請負人と呼ばれているようであります。無罪判決は請け負ってとれるものではない。起訴事実が構成要件事実でないから無罪というだけでありまして、ここのとこを説明する技術が弘中先生は優れている。某事件で検討された弘中先生は、書類を刑事被告人の目の前で返した。ダメなものはダメなんであります。ゴーンの弁護はどうかというと、弁護すべき論点があるのでしょう。横浜地裁での大山多賀男水資源詐欺関連事件で弁護人として弁護していた弘中先生を見て、驚いた。まあ、大山らはユニバーサル法律事務所の森田弁護士などに、自らの経済行為が詐欺ではないという意見を出させていた。出資金詐欺師は、大物辞検弁護士を顧問にする。そういう事実はある。元東京高検検事長とか特捜部長とか。ゴーンは弁護士を知らないでしょう。フランスの司法資格を持つ日本人の弁護士もいる。だがそういう方はゴーンの弁護はしないでしょう。はっきりいって、評判に傷がつく。 こういうお話は裁判以外でされることで、訴訟となれば、ゴーン事件の論点がそく理解判断できる法律専門家はいくらでもいる。 繰り返しになりますが、ゴーンが保釈される可能性はないに等しい。大鶴弁護士が辞任したことで、裁判所や検察との事前打ち合わせがやり直しになれば、二月は最低無駄にした。 裁判所で検察と事前の話なしで最初の公判をケリー、日産と持つ方針だったら、最初の裁判は桜の咲くころだったでしょう。結局、事前の認否などを行…

続きを読む

ゴーン、弁護人交換。

大鶴元検事現弁護士がゴーンの弁護人を辞任。事実上の解任かホントの辞任かは不明である。後釜に、弘中弁護士がゴーンの弁護人選任届を出したとか。無罪請負人とか。請負は請け負けかも。帳簿焼いたりして。また保釈請求するのでありましょうか。数十億の会社帳簿不実記入(記入漏れ含む)という、形式違反をどうなかったことにするか。この形式違反を乗り越えないと誰が弁護しても同じ。つまり、弁護のとっかかりがない。こう思うわけです。タイヤの交換を日本製からミシュランタイアに交換。これはあり得て、いい結果を生むかも。金はかかるが。 1 カルロス・ゴーンは結構なサーフ&ターフでマスコミ風評で動く。この事件、弁護士なんて国選のほうがいい。まず、安いし、タダ。誰がやっても同じ。

続きを読む

内田マイクさんはI会かS会か、池袋責任者か。

内田さん、高橋さんでもありますが、ある人は「黒服」とおっしゃる。だが優秀な人であるようです。ともかく、不動産関連業務で詐欺的世界に入り、保証書登記とか銀行印鑑の変更方法とか印鑑証明書変造とか手法を開拓?されたらしい。ここで、内田さんは池袋責任者といわれるようになった時、S連合会の中にいたと思う。こういう仕事は闇金や闇賭博経営と同じで、かならず組織に上納する。それでなければ経営が継続できない。オレオレ詐欺と同じです。ですから、暴力団はこういうチームを養成するようになる。地面師集団を2個つぶしても、すぐに新チームを作るでしょう。変造パスポートとかなりすましがとくにびっくりする高度技術ではない。内田さんは横浜方面に縁があるから、I会の組長クラス扱いと聴きました。部屋済みから組長になるコースでなく、才能でいきなり組織の資金源になる。こういう感じでしょう。I会とS会は似た者同士ですから、内田さんはどちらでもいい感じ。小山操さんは浜松方面から東京にあがってきた仕事師といわれる職業人。このひとに土井氏がつくのもうなずける。事業資金とか調達して、仕事の構造とか人脈開発するのが土井さん。このひともそういうことで東京にあがってきた。でありますので、ある種の場所を観察しているとなにかがおきる雰囲気はわかるときがある。刑事警察や公安警察の一部は予感があったのでは。50年前60年前の過激派を公安部が長年監視をしながら道を外させない、努力をされて、多くの人が人生を無事に過ごされた。ともかく、監視する者される者頑張りました。だ…

続きを読む