伊関弁護士の処分歴

弁護士というのは民事では代理人として行動する。その基本は代理行為であり、代理人の地位を本人から与えられることが、まず第一歩。そういう関係性が前提だが、弁護士の中には、本人と代理人の区別がつかない人がいる。その原因というか要因を二つあるとします。1 依頼人というか客と付き合いが長く、  仕事が依頼人の仕事の一部となる。  比ゆ的に言うと弁護士が会社の社員という感じになる。2 弁護士本人が、依頼人の事件を、奇貨として、  自分の事件として自分の利益のために処理する行動原理を持つ。こういう二つの典型があると思う。 まず、最近の傾向で若い弁護士に多いが、ヤクザもしくは類似会社の仕事を専属的に行うことで経済的に潤い、弁護士の体面も維持する。こういう人が増えてきた。S会東村山責任者の不動産会社の顧問弁護士とか典型です。こういうのはS会東村山責任者の会社がつぶれると、自動的に窮地に落ちる。放置すれば、そのうち行き詰まる典型。神戸のS先生も判決文偽造。やったのはむしろ名義貸しだと思う。顧問弁護士という肩書であるが、実質社員であります。これは司法書士も同じ。司法書士立ち合いを、「ウチの書士」にやらせる不動産屋とか金融屋は実は、アホか、悪意があるのであります。(内田マイク、積水ハウス) 伝統的に危ない弁護士に、依頼人の事件を自分の利益功名に使う人がいる。これは、弁護士業務の基本がわかっていない。(辞め検弁護士に多い傾向がある。) 1 伊関先生の処分履歴伊関先生は最近詐欺の容疑で逮捕された。この先生は、西新橋弁護…

続きを読む

ドンドコドンと捲れる不動産詐欺。わかりにくい。わかりにくいからです。

町田事件といわれている不動産詐欺事件でありますが、素人は対象でない、最初から、プロを狙う詐欺事件だと思う。プロ故に理解する構図を用意するわけです。町田事件の舞台は世田谷にある広い意味の郵政物件。(NTT関連施設)。実は物件は二つあって、それゆえ持ち回り登記が必要というお話。ともかく銀行送金が手口であります。積水ハウス海喜館では預金小切手が支払いに充てられた。金額からして当然でもあるが、それが細分化されているとか、その細分化も切りのいい金額であったり、結局不動産取引として、異常であります。銀行送金で融資金や売買代金を処理することはある。それは当事者の問題でして、送金の方法による時は、口座と取引相手の関係性は確認しているし、支払いや融資の実行と代金受領融資金受領という関係性を書面で厳格にとっている。これがノンバンクの仕事です。こういう基本を飛ばして、送金で取引金を処理する業者もいる。本人が知らないということと、今まで本人運が良かった。それが世田谷物件町田事件です。(なぜ町田かよくわからない。)類似の話に、大阪の難波の学校跡地の売買話がある。これも取引に二つ部屋が必要でして、篭脱け詐欺の一形態です。こういうお話は大阪の話でも新橋の喫茶店で検討されている。こういう不動産取引の世界はある。そういうのはあり得ないというなら仕方ない。金融の世界で、特定の業界の金融はある。有名なのは、5000万まで即融という業者です。新橋にいる。さらに大口もある。商売だから回収できる自信があり、内田マイクさんさえお客さん。国際的…

続きを読む

伊関正孝と鈴木健介の共通点、弁護士。

判決文偽造する鈴木弁護士がいる。裁判所の判決文があると強制執行できたりする。神戸の鈴木弁護士が判決文を偽造することで、起訴されて初公判で検察公訴事実を認めた。https://www.fnn.jp/posts/2019060519210002KTV【弁護士が「離婚裁判の判決文」を『偽造』 初公判で罪を認める】こういう弁護士(弁護士という身分犯?)犯罪でありますが、この先生粗忽な奴であります。バレないと思ったのでしょうか。あまり報道されないが、裁判所職員の公文書偽造もありまして、供託金などを盗む目的でやったりする。大阪か京都の書記官がそれで逮捕されていた。執行に絡むことで結構ある種の世界が裁判所事務に入り込む。これは、世の中の社会学的装置にあり得ることで、文科省にもあれば裁判所にもあるだけですが、そういうことがないという神話は裁判所は維持したいでしょう。日本の裁判所は外国に比較して格段にキレイです。しかし裁判所とは、どの国でもおかしいのが集まるところで、そこには稀ではあるが国士が裁かれているが、ほとんどが毛の足りない人型の集まるところ。そこにいつもいる人で裁判所職員でない人たちがいる。最近は弁護士事務所職員身分を持つ者もいれば、それを仮装する者もいる。事件師と周辺者たちです。こういう人は登記所にも出入りしていて、その有名な人がOさんです。メンドイから小野塚清さんです。登記の魔術師、競売常連、訴状は手書きの小野塚清さんです。裁判所に傍聴に行くことの多いかもしれない私でさえ、東京地裁に年4回くらいしか行か…

続きを読む