また、登記の魔術師とその弟子たち。

"The Sorcerer`s Apprentice"(ファンタジア 'Fantasia' Theme song)USAの映画、ファンタジアの著作権が切れたようでありまして、1940年のカラー映画ですからUSAは大したもの。【インコが歌ってみた】DA PUMP / U.S.A. セキセイインコ・うめさて、日本ですが「登記の魔術師」の弟子か社員にAとIがいる。この御三方は不動産関連業界で話題になります。ともかく、裁判所の事件で圧倒的に出てくるのがIさんです。まあ、そういう民事事件は事件事実が作られていることが多いから裁判結果が暴力でひっくり返ることもある。つまり争いの解決にならない。裁判所に出てくるときに事実が作られていると裁判所の判断に納得いかないこともある。これは立証できないとか、構成要件該当判断間違いとかの以前の意図的過誤ですから、争いは原点の暴力で決着となる。いい悪いこえて当然のことです。今時に、東京地裁のエレベーターに同じグループが乗り満杯になる。それは同門が20人弱いたということですが、同門は国士舘同窓会でない。そういう風に、裁判所で20人に取り囲まれたら怖いですね。だから原告欠席したか。それはなぜかわからない。静岡地裁なんて誰もいないから20人弱で団体で来たら、県警機動隊に取り囲まれる。 1 不動産会社が乗っ取られ不動産が転売された。そういうことがありまして、裁判にはなっている。ただ、…

続きを読む

内田マイクさん、網走から指示とか。

内田マイクさんが積水ハウス海喜館事件の主役ということでありますが、その内田さんはカミンスカスなどに、網走から指示を出していたという。ホントでありましょうか。それはわからないのですが、ホントであるならどういう手段か考えてみる価値はある。手紙でのやり取りということもあるでしょう。網走に行く前に、家族と十分な打ち合わせをする。例えば愛犬のことならカミンスカスとか。手紙でやり取りする。さらに刑務所内部の人的援助。公私ともあり得る。だが、内田さんに外部への十分な指示ができるか。こういうことの一部を強調すると、訴訟で逆の事実が出て、まずいかも。そういうことまで視野に入れるプロ集団です。内田さん関連会社が上記郵便受けですが、これらは内田さんに目が行きがちですが、イクタ氏関連であることも事実。仙台とか九州とか。??????。

続きを読む

米朝首脳会談と積水ハウス海喜館事件

風が吹けば桶屋が儲かる。こういう感じでありますが、これらの事件報道でマスコミの論調が乱れるというか、なにかちぐはぐであります。これは事態状況の前提事実が変わってしまっているからと思う。パラダイムとかいうらしい。パラダイムが変わった。ヤクザ屋さん業界があること間違いない。最盛期は10兆円産業。こういうUSAの研究報告があった。さて、米朝首脳会談がベトナムハノイで行われたそうです。金正恩将軍は鉄道でハノイに行ったようです。中国経由でしょうから、ハノイまでは線路幅が同一というか同じ扱いでしょう。最初の階段予定地ダナンにはメーターゲージしかなかったかも。平壌からハノイまで飛行機で行けば簡単でありまして、そういう機材ももちろん北朝鮮は持っている。だが、鉄道を使った。飛行機は容易に撃墜される。米朝首脳会談は中身も公表されないし、話はしたが決めごとはない。ここがマスコミ予想が外れたところ。トランプ氏に対等な交渉などする気がない。アメリカファーストです。ともかく、アメリカの世界政策が変わった。国連は金がなく、金がなくなれば国連はない。国際捕鯨委員会と同じ。シーシェパードも北朝鮮の狗とわかった。パラダイムが変わったわけです。 積水ハウス海喜館事件で被害額は56億円とか。だが会社経理では損金で落とすらしい。税金が還付され被害は国民に回る。こうなると、小山操型犯罪は民事では済まない。ここで、不動産詐欺業界を取り囲む状況が変わった。内田マイクさんは宅建免許業者でありました。これは、ある会社の社員紹介ですが、その会社…

続きを読む