ポジショントーク(要するに個人的見解)。

妄想かもですが、(w ゴーンが日本の裁判所の許可条件を破って、レバノンにいる。これを保釈逃亡ととらえる人もいるし、理解を示す人もいる。保釈逃亡という代表が日本の検察です。理解する側が弘中弁護団。 さて、裁判所はどうか。保釈金(元は日産の金)を没収したから、保釈逃亡は認めたのでしょう。それでは保釈決定した裁判所(裁判官)は今どう思っているか。それは無答責だから問題にならない。しかし彼の履歴に残る。検察はゴーンの嫁、キャロル姐さんに偽証で逮捕状を出した。さらに逃亡事実でゴーンのPCを押収すべく、弘中事務所にガサ入れした。これはうまくゆかなかったらしい。こういう事態を検察・司法の失態と笑う人が多い。そういうのは在来マスコミの世界。ネットでは様々な意見がある。要するに集合的に知識がぶつかっているわけです。ゴーンを支持するなら日本の司法制度を云々するしかない。アメリカにもそういうマスコミがいる。そうであるなら、国家の上にマスコミがいることになり、そういう立場はアメリカの世界政策の否定であり肯定であります。そういう意味では、USAのイラン革命防衛隊司令官爆殺は肯定される。(見た目は暴挙と報道するが、ゴーン逃亡を正しいというなら立場矛盾です。そういうのはキリストの再来を信じるかどうかということと同じ。キリスト教教会には聖ペテロの教会がありそれはイスラエルにあるのですが、そこに聖ペテロは逆さづりで埋葬されている。The Church of Saint Peter in Gallicantu)つまり、キリスト教…

続きを読む

秋元司議員再逮捕と報道される。

秋元議員の収賄額とされるものが増えたそうで14日に再逮捕となると報道された。300万なんてはした金は受け取らんといったようで、それなら、1000万超ははした金かよと聴かれている感じ。2000万超えて受け取った人もいると思うよと秋元議員自身が発言されているので、そうなのかもしれない。ともかく検察が指摘することがすべて事実とは限らないとはいえども、この人のブログ、インスタグラム、FACEBOOKを追いかけていたおもわれる、検察特別捜査部から言えば、贈賄側について証拠取得はすんでいて、その証拠があるから、国会議員を収賄で逮捕するというのは順序です。Kさん、鉋屑のようにメラメラ燃えているとか。贈賄があるから収賄がある。二度目はお替りだったりして。これが事実の自然な順序ですから。    こういうのを、彼はどう説明しているかです。また、あれに渡したそれに渡したというとると思いますが、あれがあれであるかはわからない。裏をとったらあれこれだったりして。公判では検事に騙されたという。でもビデオ撮られているかも。大好きだから。 それにしても秋元議員について、報道が昨年から続いていた。https://www.data-max.co.jp/article/31310?rct=win-company児童育成協会印の偽造を指示する生々しいやりとりhttps://gendai.ismedia.jp/articles/-/64560 1 最近の、逮捕事件。これが、トランスデジタル事件関係の後編というのが続いています。終わらな…

続きを読む

引かれ者の小唄を歌う権八は、実は唄い続けている。

さて、紺野昌彦氏でありますが、弊社代表 紺野昌彦の誹謗中傷および事業譲渡について.pdfこのような紺野氏ご自身のブログがある。そこで彼は自分の意見を述べています。そう言う紺野氏のカウンターパートが後藤良一氏です。その後藤氏のブログが以下のもの。(消されるかもしれない、一部は消えている)http://blog.livedoor.jp/jcod/そこで記載されていたのがこの記事であり、紺野氏の画像です。顎髭はなかった。あごひげずらはこちらです。議員と会うときは髭をそる。 紺野さんブログやSNS大好きで、自らをは真し続けていた。その多数のブログなどをまとめられているのがこちら。http://mybouzu.info/news/%E3%80%90%E8%A2%AB%E5%AE%B3%E8%80%85%E3%81%AE%E4%BC%9A%E3%80%91%E7%B4%BA%E9%87%8E%E6%98%8C%E5%BD%A6%E3%81%8C%E9%80%AE%E6%8D%95%E7%88%B6%E8%A6%AA%E3%81%AF%E5%AE%A4%E4%BA%95%E9%82%A6%E5%BD%A6%E7%B5%8C紺野さんのさらした写真は私がオリジンでない。すべて本人関与です。 さて、留寿都ですが地価が50%上がったという記事を紺野氏が載せている。 http://konnomasahiko.com/id/4194留寿都不動産 _ 紺野昌彦の不動産、金融、事業、3つの投資で資産を増やすブログ.pdf…

続きを読む