ラーマ10世国王陛下戴冠

タイ国の国王陛下戴冠式が行われた。タイはアジアの大国でありまして、その存在はアジアの安定に重要です。タイ国の王であられたプミポン国王が崩御されてそのご子息がラーマ王家を継承された。ラーマ10世であられます。王位継承のまえに、国王は海外逃亡中のタクシンへの叙勲を取り消された。これでタクシンがタイに戻ることはないでしょう。タクシーン王を誅殺したラーマ1世のようであります。タイのmajesty(dignity)とlegitimasyを継承されたラーマ10世に王の風格がある。タクシンはタイ仏教で王と同じ儀式をさせた。このとき国民はタクシンを簒奪者と認定したでしょう。ワチラロンコン皇太子 タイ新国王に即位(16/12/02)タイ国王の戴冠式パレード 沿道に黄色い服の市民ら(19/05/06) タイにはタイの伝統があり、その王位継承はタイの問題です。 だが事実上タイにとって代われる東南アジアの安定要因はない。 日本の年号がかわると、英米含めてなにかゆうとります。漢字の解釈を英国の新聞が云々する。アーサー・ウエィリー博士が申されるならともかく。グーグル先生が書いているとホントと信じ込む輩であります。 日本でも生前に退位された天皇はおられる。女性天皇もおられる。天皇はmajesty(dignity)とlegitimasyを継承される。これが皇位継承であります。相続ではない。 タイ国王演説「国の安定のために努力を」(13/12/06) 王の悔教偈であります。 タイとラーマ10世に平和と繁栄あれ。

続きを読む

殷鑑遠からず。

私見によれば、オーストラリアの経済は外国からの不動産投資が支えています。この場合、経済とは通貨であって要するにドル紙幣です。現在は中国からくる(ちょっと前は香港)ドル紙幣に依存している。こういう事態になると、オーストラリアの実体経済と違う経済があることになる。オーストラリアは潜水艦隊を作りたい。その理由は不明ですが、ともかく、ベトナム戦争とかがあると、積極的に参加したい国柄ですか、仕方ない。8兆円かけてフランスから潜水艦を買うそうであります。この金(ドル)は、中国からきてオーストラリア経由でフランスに行く。製造はウエストオーストラリア州のアデレードの造船所でやる。このアデレードの造船所の仕事を作ることが潜水艦事業の第一目的です。オーストラリア労働組合ユニオンがノーと言えば潜水艦は作れない。すると、潜水艦を供給できる国は、ロシア、中国、日本、アメリカあたりですが、アデレードで潜水艦を作ろうという国はないでしょう。中国以外は。オーストラリアもアデレードでロシアのウィスキー級通常動力潜水艦建造から始めれば将来性があるのですが、ともかく最新型が欲しい。ともかく30年位前に北朝鮮も作っていたらしい。浮いてるぞ、凄いです。米軍がベトナムに行けば見る聴くなしでベトナムに行くのと同じ。潜水艦は潜航するのですが、それは浮上する予定があって、相当な確率で浮上できるはずだかっら、潜水艦です。その潜水艦といわれるものが、浮上しないままだと沈没という。沈没艦であります。ともかく最新型をいきなり作る、オーストラリアだから、日…

続きを読む

ゴーンの報道について。

高級時計・カンヌ宿泊…ゴーン氏、13億円私的支出疑いhttps://www.asahi.com/articles/ASM4X3QXRM4XUHBI00S.html朝日報道ですが、元ネタというか、きっかけは一連の外国報道でしょう。https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-04-22/PQC94R6K50XT01フランスでもアメリカでもゴーンの強欲が強調されている。七つの大罪の一つといわれたら、キリスト教社会で身の置き場がない。イスラムでもイエスは預言者です。 1 検察評論家がたくさんいる日本というところ。人質司法ということはあるかといえば、あるでしょう。検察と裁判所は裁判の前に打ち合わせている。そういう常識周知を批判してから、その一例でゴーン捜査を批判はしない。こういうポジショントークが日本の司法マスコミです。ゴーンを金商法で逮捕する前に、相当前から捜査していて、証拠も集めているはずで、そういう常識をネグって、やれアメリカの陰謀とか、形式犯とかおっしゃられる。最初の逮捕は、云十憶の帳簿不実記入であるなら、会社ぐるみであること明白。それであるのに最高責任者不問なら、帳簿不実記入なんて違法だと法律で決めたらダメ。そういう自己矛盾法制度はだれも信用しない。ゴーンがわるなら、見逃した経営陣も悪。こういう前提で、可罰的な奴がゴーンとケリーであります。ゴーンとケリーのスカイラインです。 2 欧米のマスコミがゴーンの日産資金私的流用を書く。帳簿不実記載は脱税…

続きを読む