スーパー堤防促進する民主党政権だった。

死者126人、不明79人 平成最悪の被害、西日本豪雨こういう結果が出ると、安倍総理外遊で遊んでいると東京新聞イソ子が菅官房長官にかみつく。平成30年7月豪雨に東京新聞の望月衣塑子が『もう少し早く対策』に菅官房長官が完全論破の記者会見 まず、民主党時代の防災政策を論じるべきで、その前に、菅官房長官以下は対策に忙しいから、邪魔すんなということ。被災地現場から、文句は出ていますか。安倍さんフランスから戻して、どうとかなるんですか。フランスから、指示もできる時代だし、それに現場で動いている人らは、現政府が掌握している。 聖蹟桜ヶ丘の現場も、堤防まで作り変えて、でかい総合設計をする企画でした。T弁護士南建設などの事件も地上げ成功だが土地はたなざらし。横やりが入るにはわけがある。50年に一度の豪雨はある。狛江で写真展 多摩川堤防決壊から40年二子玉川あたりには、戦前の堤防が、今の堤防の陸地側にいまだにある。聖跡桜が丘あたりは多摩川が方向を変える場所。そういうとこにスーパー堤防を作って上に高層ビル建てたら、100年に一度の豪雨でどうなるか。私にはわからない。国道交通省もわからない。わからないことはやらない。蓮舫は中国人だから、どうでもいいかもしれない。和田政宗 西日本豪雨。国会対応で蓮舫ウソをまき散らす。ビーチ前川による文科省モラル破壊 ともかく地震もあるでしょう。大和川では鉄道の鉄橋もゆがんだ。 極左集団、立憲民主党。鉄道の運転手の邪魔するな。 近鉄運転再開の瞬間!近鉄南大阪線・大和川橋梁上の線路故…

続きを読む

佃弘巳前伊東市長起訴。

6月16日に逮捕されたので、起訴が7月6日となる。静岡の事件を警視庁捜査2課が扱い、起訴が東京地検。これは警視庁、東京地検特捜の合同捜査みたいなもの。佃前伊東市長ら起訴 贈収賄で3人―東京地検 - 伊豆新聞地元伊東新聞によると、佃が受け取った金は1300万円。岡本倶楽部伊東マンダリンホテルを買った東和開発:森が贈賄で。仲介役の稲葉をほう助で起訴したそうな。300万 森→佃 直接1000万 森→稲葉(1200-1000=200利得)→佃こういう現金の流れがあったという。1200万の仲介料は土地の売買から得たもの。わざわざ、川崎の仲介人を仕立てるところに作為が感じられる。こういう贈賄側の供述があるようでは、佃が金の受け取りの趣旨を貸金の返済であるといっても、貸金の事実も立証できなければ、収賄罪で有罪判決が出るでしょう。とくに、300万の森→佃の金の流れがあるから、佃市長に厳しい。 1 伊東の工務店程度が岡本倶楽部伊東マンダリンホテルを競落できるか。不動産担保競売があるから手続きに参加するのはだれでもできる。① 熱海岡本ホテルでも熱海市の市税が配当に参加していた。  この意味は、伊東岡本ホテルでも競売で資金を回収したのは、  伊東市がほとんどではないかということです。  不動産取得税、固定資産税など数千万の未収市税があったと考えるのが自然。  国税徴収法から言えば、  伊東市の税金が優先する部分が多いはず。② 地元工務店が競落資金をどこから得たか。  少なくとも、入札の手付くらいは用意しないとダメでし…

続きを読む

タグホイヤービル詐欺事件。そして石破茂。

石破茂が「自民党の信頼が失われる」という寄稿を「月刊日本」にしている。月刊日本 | 日本の自立と再生をめざす、肉声の言論誌 「月刊日本」は、元ラジオ関東常務南丘喜八郎氏主宰の月刊雑誌です。石破茂がこの雑誌に寄稿した。これは、大ニュースであると思った次第です。石破茂は第二次安倍内閣の幹事長。ちなみに第一次安倍内閣は幹事長が中川秀直。(女中川)。朝鮮総連競落資金のために起きたのが表参道タグホイヤービル詐欺事件。5億は立件され、9億は立件されなかった。こういうのが、ある意味週刊報道サイト事件と同じなんであります。 池口大僧正とのツーショットはたくさんあって、若き日の安倍晋三氏も鳩山元首相とのツーショットもある。坊さんも商売ですから、そういうのは通常のことです。池口恵観さんは、「三無事件」で逮捕された人です。鹿児島の在日で、小泉さんのいとこ。鮫島正純という名を改名した。三無事件は、自衛隊員を含む、川南造船社長以下の軍事クーデター計画です。こういう流れで、「三矢事件」とされる政治的イシューもあった。三矢計画というのを自衛隊幹部が行っていた。いまでいうと、実務の机上シュミレーションで自衛隊の実務は自衛戦闘ですから、戦争シュミレーションです。(いまはネットで3D動画でシュミレートがされていて、プロが参考にしているかもしれない。)これはプロが当然やるべき日常的研究であります。しかし当時は(50年以上前)、シビリアンコントロールなど、憲法的認識が政治にもなく、社会党と自民党で論議がされた。この三矢研究政治問題と…

続きを読む