栄泉寺 ご住職 そしてGOD

公正証書原本不実記載の究極系 合同会社持分譲渡契約があったとする。契約書もあったとする。その契約書は通常「紙」でしょう。紙の契約書には捨て印が押されているかも。それを奇貨として譲渡契約書を「委任状」に書き換えることもありえる。双方に書き換えについて合意があれば、私文書偽造ではない。双方に書き換えに同意がないなら、私文書偽造かもしれない。そういうのは登記所には判断できない。(判断能力ありとも、委任状は不動産登記法などの範囲外) こういう争いは裁判所でやることになっている。裁判所で偽造か否かを決めてもらう。(判断してもらう)ただ、裁判所もだます偽造証拠提出常習がいたりする。また保証書偽造が平気な人もいる。裁判所も難儀ということです。 1 地面師と決めつけている。  これは名誉棄損の要件の一つはあるのです。  (馬鹿をバカとゆうたら一応名誉は棄損です。) 2 しかし、新聞記事はすべてと言ってよいくらい、人を犯罪人呼ばわりです。pressというくらいでそういうことに公共的利益ありとする。USAという国が報道の自由を憲法の最高価値とする。大統領に人権なんかない。真逆はロシアでしょうか。プーチン皇帝なんでもできる。サハリンの石油施設も巻き上げられたようです。どうする、キッシー検討中。 3 競売を裁判所にさせる。競売は担保不動産競売がほとんど。つまりです、抵当権登記だけで、競売は自動的に始まる。進行開始。執行異議なんか制度的にある。だが、登記所をだますのは、まあ簡単です。すると、裁判所とい…

続きを読む

大阪では補正なく登記を通す人がいる。登記簿が閉鎖されたままがちな東京

この方が岩井要二郎氏です。日商岩井(現 双日 創業者一族)この方が補正なく登記を通す力ある方です。さすが贅六関西。 2022年06月08日補正はちゃんとやらないと。申請人 岩井要二郎原本不実記載以前の問題だ。twitterfacebookhatena 本日、虎ノ門のビル(詳細不明)の地権者もしくは元地権者の自宅と思しき家から荷物が運び出されたという噂。ホントでしょうか。ネット上の登記探偵が登記簿の明くのを待っている。こんなことはないでしょうが。

続きを読む

再掲載 国際新聞社関連

問い合わせ多いので過去記事でお答えします。アイアップ株式会社法人登記簿(全部事項)2015030939330072.pdfTCC2 十全ビル 石井ピン事務所https://tcc2.seesaa.net/article/415220460.html(803 斉藤経済研究所)(    株式会社さくらメディカル沖縄)(    株式会社FTフーズ)(    アイアップ株式会社)(803  石井一東京事務所)(    危機管理都市推進議員連盟富士宮市北山7426-63不動産登記(全部事項)2014120377509804.pdf小平市小川東町2丁目2785-1不動産登記(全部事項)2013102187947548.PDF2018年01月13日アクセスジャーナル記事について。(一部の参考用)アクセスジャーナルによれば、週刊報道サイト発行人・佐藤昇氏が起訴されたとのこと。そして顧問的立場の中山俊志彦(俊彦)氏も起訴されたとのこと。2018/01/12執筆者: Yamaoka (5:35 pm)<ミニ情報>少なくとも2人は起訴にーー田邊勝己弁護士の通報で「週刊報道サイト」佐藤昇発行人ら逮捕事件カテゴリ: 警察 : 弁護士 本来、被害者であるにも拘わらず、本紙・山岡まで取り調べを受けている、このトンデモ事件、勾留満期を迎え、少なくとも「週刊報道サイト」の佐藤昇発行人、それに顧問的立場にあった中山利志彦(利彦)の2人は起訴になった模様だ。 そもそも田邊勝己弁護士と20年来密接交際していたが、「アクロディア」(382…

続きを読む