コマツの親分さんタイミング良すぎ。

麻布十番のコマツ親分が、傷害事件。泥酔していたので故意はなくパイでしょうか。あるいは短期の服役で終わるでしょうか。どちらにせよ、死体遺棄なんかは今回は関係ない。過去の死体遺棄は関係あるかも。製造係。麻布十番だから、、、〇VEXとか。妄想ですかね。西麻布徘徊団。コマツさんほどのベテランが。わざとやっているんじゃないですか。 2017年05月01日(過去にはこういうことも。町田じゃないけど。)六代目山口組『弘道会』若頭補佐の『小松組』組長を不起訴、「弘道会を怒らせたら大変なことになる」2017年04月09日、六代目山口組『三代目弘道会』若頭補佐の『小松組』組長ら4人が恐喝などの疑いで逮捕されたという情報があった。逮捕容疑は去年08月に東京都港区の組事務所で、借金のある会社役員の男性に「弘道会を怒らせたら大変なことになる」と脅し、現金や小切手を脅し取ったというもの。2017年04月11日、この事件の関係先として愛知県名古屋市中村区にある三代目弘道会の本部事務所に家宅捜索が入った。 2017年05月01日、小松組組長ら4人は不起訴となった。 2023年9月5日https://www.youtube.com/watch?v=5t4argbmclQ 任侠大辞典。(最新版)(wikiの一種と思われますが、編集は関心者によって行われますので、ポジショントークもある)小松数男小松数男(こまつ かずお 本名:椎名数男(しいな かずお) 1954年5月20日- )は日本のヤクザ。指定暴力団・六代目山口組・三代…

続きを読む

再掲載 新橋4丁目地主失踪事件報道中間総括(追記)

電気は通っている。 https://tcc2.seesaa.net/article/444977114.html 新中間省略 https://access-journal.jp/66702 August 19, 201623:35カテゴリ新橋4丁目地主失踪事件報道中間総括(追記)「週刊0510」および山岡俊介「アクセスジャーナル」で報道が開始されたといっていい新橋4丁目地主失踪事件である。そこで、それらの一行報道をまず追ってみましょう。(なお、この話題はある意味マイナーなものであり、特に興味ある人か読まない前提だとすると、紹介記事は各自読まれて検討されていただきたい。記事報道を物読みするというのが趣旨であります。)まず週刊05101行報道を引用する。(黄色クリックお願いします。読んでいただいた方がありがたい)  2016.05.29(週刊0510)【★「余罪山積で"お仲間たち"はビクビク!」…凄腕地面師団・元田幸一、上田謙治、塩田憲治らの逮捕(香川県警・電磁的公正証書原本不実記録・同供用容疑)で仲田某、福田某、内田某らの背中に冷や汗タラタラの巻。】  2016/06/30執筆者: Yamaoka (2:43 am) 東京・新橋駅周辺地上げで地主失踪説もーー大手上場企業取得。あの元上場企業社長も登場2016/07/16執筆者: Yamaoka (1:16 am) 東京・新橋駅西口駅周辺地上げで地主失踪説ーーこれだけの怪しい証拠。当局も関心 2016/7/26印鑑証明制度限界(MSbl…

続きを読む

(自称)ジャーナリスト佐藤昇氏記事を引用。

サイト、サントリー.pdf 詳細記事HEADLINE    高山住男編集長辞任への代表佐藤昇の声明文(平成26年1月21日)  昨日、高山住男編集長が編集方針の相違により辞任いたしました。本日より佐藤昇が発行人と編集人を兼任することとなります。「みずほ銀行不祥事事件」の連載のおかげか、月間アクセス数も1万を越えたさなかの、小生にとっては、超ド級の衝撃的事件であります。この「みずほ銀行不祥事事件」は、小生が、及川幹雄被告とは、日東駒専大学出身者同士ということからなのか、一定期間、様々な相談にのっていた事実と、その後に、及川幹雄被告による公正証書原本不実記載及び同行使等により、3000万円を詐取されている被害者としての当事者でもあるため、小生の分からないところで、様々な悪評の風説が尾ひれをつけて流布されているようです。 小生は、自分が当事者の件やそれに付随する事件等に関しては、いずれ真実が分かれば、現在流布されていることは、すべてデマだったと判明するので、何も反論することもなく、一人で静観しておりましたが、小生の周りにいる人達には、小生の予想をはるかに凌駕する事態が発生しているようでした。  この「週刊報道特集」という高山住男編集長の25年の歴史と伝統のある看板を使わせていただいたことにより、今まで隠されていた被害者達の被害状況が直に分かり、中にはこんな至らぬ小生に協力を申し出て下さる胆力の据わった方々まで現れました。 世の中には、必要悪は存在します。なので、この取材過程で知り得た必要悪につきま…

続きを読む