15億のクルーザーを会社に買わせる二番目の嫁。

豪華ヨット15億 離婚費用云十憶。これが第6共和国スタンダードだ。マクロンいくらもらっているんでしょうか、ムッシュ~~。第6共和国とはドゴール将軍共和国。軍事政権じゃないの。金正日将軍の歌 Pogroms in Paris! Frenchmen Take to the Streets in Disgust; Macron’s Days Look Numbered?

続きを読む

再逮捕。

カミンスカス・操氏が再逮捕されたという。報道は簡単な再逮捕されたという事実報道で中身はわかりにくい。https://www.gifu-np.co.jp/news/zenkoku/CO190131110435152145.htmlhttps://www.sankei.com/affairs/news/190131/afr1901310031-n1.htmlカミンスカスさんは詐欺の主犯格という新聞辞令がでた。当たらずとも遠からじと思う。成りすましEさんつまり羽毛田女史とIKUTAの所有権移転請求権仮登記に関して、カミンスカスさんが立ち合いに臨場したのでしょうか。かりにそうだとする。最大限そうだとする。すると、羽毛田とカミンスカスに騙されたのはIKUTA(明子バージョン)であります。そのIKUTAは小林興起事務所に本店を置いていた。積水ハウスは本登記とともに物件を得ることができると信じて金を払った。その支払先はIKUTAのはずです。羽毛田女史と積水ハウスに直接的な契約行為はあるのでしょうか。そういう取引に先立ち、カミンスカスは羽毛田に本人であると陳述させた。弁護士とか公証人の面前で自認したらしい。カミンスカスは公正証書を不正に取得したのであればそのことで罪に問われるべきです。ただです、積水ハウスが詐欺にあって、つまり欺罔されて、意志の自由が奪われ、結果金をとられた、こういうことになるには、羽毛田とIKUTAの間に共謀がなくてはならない。IKUTAと積水には直接の契約があるはずだから。羽毛田・IKUTA一…

続きを読む

内田マイクさん手配会社経営30年以上。

聞くところによると、聞いただけですが、内田さんは、水関係ビジネスで生きていたという。つまり配膳会的仕事の意味が分かっている人と思う。配膳会というのは例えば、ホテルの結婚式で、飲食サービスをする、パートタイムの特殊技能者をスタッフに抱えて、臨時でTホテルとかHNJに送り込み、人事管理と、対価で賃金ピンハネをする仕事です。こういう構造は、女性をメインにするとコンパニオン派遣業になったりする。ここで、内田さんはある時期に、コンパニオン派遣でなく、なりすまし人材とか食い詰め士業の書士とかを派遣することを思いついた。ですから、佐々木利勝さんは前面に出し、絵図は内田さんがやる。つまり、ホテル宴会で使うにしても、Aさんは大酒のみ。いろいろTホテルではまずいわけです。日本酒の樽をひっくり返したりする。高級ホテルは客に分かりにくいエレベーターがあったりする。内田配膳手配師は、そういうホテルの格とか、宴席の細部がわかるから、ホテルも彼に頼むし、働く人もどこかで仕事を見つけてくれるから、内田さんを頼る。ですから、佐々木さんの面倒を内田さんが見るのは、人材確保です。こういう風に、いわゆる仕事をかける業界でも、そこには商品と事件をきっちり見分けられる人もいるし、逆に、内田配膳手配は、仕事の中身を予想して、手持ちの人材をセールスする。電気工事屋に材料を卸す、電材屋と同じ。倉庫に眠っている、10メートルの電線端材も売ります。その電線がどこに使われるかわかっている。佐々木利勝さんも三木サリアに使われたら、電流定格を超えた、電線み…

続きを読む