「公共心欠ける」と批判=ゴーン容疑者の課税逃れ-仏

【パリ時事】日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者が、フランスの富裕税課税を逃れるためオランダに税務上の居住地を移していたとされる問題で、仏ラジオ・ヨーロッパ1は10日、「公共心に欠け、違法性が無くても大問題だ」と指摘した。同容疑者が会長兼最高経営責任者(CEO)を務める仏自動車大手ルノーの労組幹部は仏テレビに対し「我慢できない」と反発した。 ヨーロッパ1は、ゴーン容疑者の逮捕直後の昨年11月、ルメール仏経済・財務相が同容疑者の仏国内での納税状況に関し「報告すべき特別な点はない」と説明したことについて「うそだったのではないか」と批判した。 税務上の居住者となるには、オランダではフランスと同様、原則年間183日以上の滞在が必要。仏紙リベラシオンは、主にパリと日本を行き来するゴーン容疑者がこの要件を満たす可能性は低いと指摘した。 証拠隠滅の虞および逃亡の虞あるから拘留に理由ある。Vive la France! × viva やっぱし脱税ですと。フランス国歌 (日本語訳) - Anthem of France (Japanese) Hollande大統領とMerkel首相を国民戦線のルペン党首が欧州議会で痛烈批判! ところで、ルペン氏は旧来的枠組みの政治家です。右巻きといわれているが。 シャルル・ド・ゴール③ 1分で一日一言・心に突き刺さる言葉 【ドイツ軍歌】ラインの護り レアバージョン 証拠隠滅の虞でダメなのに、やっちまったぜ。こいつは。【上念司】鳩山由紀夫前総理が公文書破棄?「最低で…

続きを読む

第5共和国と6代目山口組。

カルロス・ゴーン・ビシャーラは帳簿不実記入で逮捕され起訴された。この故に拘留されている。一審判決まで無罪推定でも、ゴーンは逃亡の恐れがあり、証拠隠滅するかもしれないから、裁判所は拘留を認めた。ウオールストリートジャーナルという外国の新聞がゴーン側のお話が信用できるから、拘留は不当だという。そういうのは勝手であって、わたくしも拘留が続くのが妥当といわせてもらう。ケリーは娑婆にいるから、携帯電話で口裏合わせるかもしれない。さらに、罰金も払わずに、ブラジルに逃げるかもしれない。カミンスカス・操を見よ。 ここで、ニュースがネットに出た。http://news.livedoor.com/article/detail/15854656/証券等取引監視委員会(日本版SEC)が報酬42億円の過少記載でゴーンとケリーと日産を刑事告発した。こういうニュース。これって、即脱税案件であります。10億の脱税だったら懲役10年ですよ。1億1年。42年の懲役を、ゴーンとケリーと日産で分け合うのか。この白いのと半端なのを実刑にしなかったら、日本の税務行政は崩壊する。 特別背任の捜査については報道されていない。やめなさいと言っていないのでしょう。新しい容疑で刑事告発された。ケリーもまた逮捕せねばならない。終わらないですよ。なぜって聞くところによると不明な金は1000億円単位だとさ。 SECは帳簿の専門家なんです。 1 第5共和国マクロン大統領(親分)はゴーンを擁護する。ヤクザはそれでなければならない。親分はそうあるべき。そ…

続きを読む

ビシャーラ。やはりレバノン人でアラブであったか。

カルロス・ゴーン・ビシャーラ。ゴーンが東京地裁の人定でこう答えたそうな。フランス的名前と、ゴーン。そしてビシャーラ。アラブ人とフランス人の混血で、精神的故郷はレバノンにある。ビシャーラはレバノンの政治家の名前に多い。ゴーンは大事なアラブ人ということで在日レバノン大使が飛び回っている。イスラエルと戦争するなら勝手にやっていただきたい。レバノンの政治家がマットレスをゴーンに差し入れたとか。全く分かりやすい国である。ゴーンは日本赤軍か。やっぱり公安事件である。 1 数十億の帳簿不実記入という事実を否定できない日産という会社。「正規の簿記」の原則がある。商法にも税法にもそれが前提。この簿記はフランスでも取り入れられている。大陸の商法でも、アングロサクソンの商法でもこれが原則。あたりまえ。 この帳簿の不実記入は、金銭の隠匿があれば、所得隠しと疑われる。そして、その所得が会社の目的以外に使われたら、すなわち、会社のかじ取りは取締役会で行われ、その会社行為の代表者がいて、それがゴーンとケリーである。ほかにもいたでしょうが、ケリーが帳簿処理を指示したと、日産の社員が言ったからケリーが逮捕されたわけです。それ以外にありますか。八百屋のおやじが売り上げのざるの中からたばこ代盗んで、客の呼び込み怠けて、かみさんから唸られているようなこと。こういうことは、日本中でフランス中で日常的に行われていて、それが違法として取り締まられるかどうかが実際問題なだけ。 サウジアラビアとかオマーンとかスンナの支配するところはシーアの…

続きを読む