印刷、無声映画、トーキー、レディオ、テレビそしてネット

グーテンベルグ印刷機と新約聖書と言う。ルターの宗教革命と学校の歴史教科書に書いてあるわけであります。情報が独占されていると体制支配がやりやすい。こう言われていて、イスラム世界では、聖典はアラビア語で、これを読み書きできるものが、宗教指導者になる。イスラム世界では政教は分離されておらず、いろいろあるようですが、中世ヨーロッパのローマ教会支配のようなことがあるらしい。サダム.フセインはイラクの指導者で独裁者で、USAブッシュさんに攻撃された。イラクは独裁から解放されたわけですが、現実は、国内めちゃくちゃになりました。ISとかいうイスラム原理主義という外国人が内戦を仕掛けて、イラクシリア内で戦争状態になった。 1 サダムフセインは小池百合子のカイロ大学時代の同学年か。小池百合子は文学部だったらしい。ともかく、カイロ大学に行って、語学を身につけようという昭和27年生まれの女性はすごい。この人の情報が最近出てきていますが、私見によれば、ある指向性を感じる。だが役に立ちます。若いころの小池百合子の写真を見ると、目つきが座っている。http://koizumifamily.problo.net/399.htmlサダムフセインは1937年生まれ、小池百合子より年上であるが、1968年にカイロ大学を卒業したといわれる。卒業記録は残っていないらしい。とまれ、小池百合子と同時期にカイロ大学周辺にいたことは間違いないようです。 2 バース党という政教分離政党と宗教指導体制。ともかく、サダムフセインは世俗政治家でイスラ…

続きを読む

ネット裁判総括

週刊Hサイト恐喝及び恐喝未遂事件が終わった。ショボコイ事件であるが、ネット報道世界では大騒ぎでして、過去の事件まであぶり出て、こういう事件の波紋は続くでしょう。 1 第一事件、第二事件。500万円の恐喝既遂。実行犯 石坂幸久 共謀共同正犯 S,F,N被害者 弁護士田邊勝己これが第一事件3億5千万恐喝の未遂事件実行犯 石坂幸久及びF 共同正犯 S,N 2 判決石坂のみが分離で、S,F,Nに先立ち公判があり、猶予判決。(3年5年)S,F,Nについては、最初の認否で一同が同じ期日であつまり、(これが共犯事件の通常)そのうえで、主張が違うということで、各自の分離裁判。Sは起訴事実認めて執行猶予(3年5年)Fは起訴事実を認めて20万の受領は餅代の趣旨でみとめ、執行猶予(2年3年)Nは起訴事実を否認して執行猶予(3年4年)但し、事件記録によると、調べ段階では全面的に自供している。このNの供述があればこそほかの事件も立件できたでしょう。Nは、公判では否認したが、それは対外的なものであり執行猶予が付けば上出来といえる。 3 番外当事者Yジャーナリについて、10万円の金銭を500万のうちからSが渡したと陳述。N,Fの陳述を聴くともっと多額かもしれない。ただし真偽は不明である。10万円でも喝取金と知りつつ受領していたら共犯であろう。その動機もあるでしょう。ただ、そのことは社会的事実としてはわからない。このことに対して、「執行猶予をとるため虚偽を述べた」とYジャーナリは報道する。それはYジャーナリの意見である。そ…

続きを読む

常識的に考えて、、、、、!?

常識的に考えて、、という言葉がネットで使われている。常識は人によって違う。常識的に考えて、一般常識とかけ離れることもある。さて、積水ハウス巨額詐欺事件であるが、いまだに犯人は捕まらない。だが、犯人であろうという名前は取りざたされている。新橋4丁目も同じような状況。偽物が地権者の立ち合いが取引で行われたという。いろいろな不動産詐欺事件で司法書士が関与している。そして売主が天ぷら人物という事例がほとんど。そこで、こういう立ち合いがあると、地面師事件という連想ができる。新橋4丁目事件で複数の立ち合いがあったという。この物件の近くでは有名不動産事件が複数あった。その一つは新橋4丁目事件と共通した人物が関与していて、新橋4丁目地上げが単独の事業プランかどうかから確認しないと大錯誤刑事事件になる。五反田海喜館事件も同じ。特に五反田の事件は、詐欺というのであろうが、あまりにも見え見えの手口。一部上場企業の不動産屋がそう簡単に10億以上詐取されるものでしょうか。10年ほど前であろうか、三菱地所が武富士の迎賓館を買った。仮登記も入れた。この取引には長年三菱地所に出入りしていた、伝統不動産業者が介在した。この不動産業者が騙されたのだが、S弁護士などが関与していた。詐取された金額も1億から2億。三菱地所は恥をかいたが実損はなかったでしょう。積水事例はそれと違うし、何か釈然としない。DとKという名前が出てくるが、本人らは慌てているかもしれない。だが、そういう態度も演技かもしれない。Dは24時間話続けられる、その中身はない…

続きを読む