注目摘発事件

用心棒代5万円受け取る、六代目山口組『誠友会』事務所を捜索南は福岡から名古屋へて北は北海道まで「みかじめ」という日々のヤクザしのぎが締め付けられている。工藤会、弘道会、そして北海道の誠友会その1、その2と地味な摘発が続いている。 時代とともに「みかじめ」の趣旨が変わってきていた。そして、北海道の変化が神戸や名古屋の変化ということもある。 福島連合が歌舞伎町に事務所を出した頃の現象がある。逆回転ともいえる。

続きを読む

プロファイルということ。:田邊弁護士事務所の「お仕事」とか海喜館取引。

「新橋新報」という紙爆弾について、業界人はその新聞の体裁をみて、中山氏の関与を喝破した。ただ、香典袋に「子供を殺す」という香典を入れている情報はなかった。こういうことは、「ナスカキャベツ化回し下痢お囃子運動」ということではなく、きわめて悪性高い犯罪であります。ただ、被害者が田邊先生で、被害形態もわかりにくく、被害者と加害者の対抗軸もわかりにく、事件もショボコイのでマスコミの関心はないに等しい。それは取材することができないからです。この事件で、主要人物の刑事処分はおわった。そして、中山・藤沢のコンビの処分がこれからだということです。田邊弁護士が示談に応じなければ実刑もあり得る。そして、その背後者もみえてきて、それらの者もこれからは田邊弁護士関係の経済行為事実の報道はしにくいでしょう。「新橋新報」とかネット報道が事実上輻輳して株価操縦をしている。あるいは企業の経営権争奪戦の場外乱闘をする。こういう疑いがあるし、そういうのも状況で犯罪性が出てくる。 1 地上げというのは犯罪でない。だが犯罪者が入りやすい。地上げ:産業廃棄物処理とかも必要である産業分野ですが、現状は過去の歴史とか業務の内容から言うと、ヤクザ以上の犯罪者が多い。北陸で行政だまして100億以上のごみを押し付ける。それは100億以上利益を得たということ。アスベスト処理をネットマスコミに告発して、自分は上手に逃げる。敦賀市行政騙すとき自分の名前はださないでしょう。事件師だから。最近酒井正覚こと酒井俊幸が競売妨害で逮捕された。万葉倶楽部から金を引…

続きを読む

鐘紡副社長鈴木息子から素敵な河童人間まで。

週刊報道サイトが経営を刷新して継続するとか。 週刊報道サイト株式会社 新経営陣http://hodotokushu.net/kaiin/kiji20180602a.html さて、週刊報道サイト旧経営陣は一線を退き、石坂幸久氏も週刊報道サイトと関係ない。との事です。 1 だが事件は続いていて、残りは中山利彦氏、藤原氏。藤原氏はT弁護士との示談を望むが、それには裁判所での証言記録が必要らしい。藤原氏は自身を中山氏の従属的立場という。週刊報道サイトの記事をPCに打ち込む作業をしていたという。恐喝の喝取金として金は受け取っていない。正月のモチ代として20万円を中山から受け取ったという。それに対して、週刊報道サイトS氏は100万受け取ったという。さらに300万は山岡に渡すと言って持ち出した。すると200万はどこに行ったのか。S氏は290万を自分の責任の金と認めている。190万と100万は認めて、290万。藤原氏には50万行っているという。中山氏も50万藤原氏に行っているという。これは50万を藤原氏が受け取ったのか、50万×2=100万を受け取ったのか、あるいは正月モチ代だけもらったのか、これは分からない。さらに10万円は趣旨は違えど、山岡が受け取ったようだ。石坂はいくら受け取ったのだろうか。 2 認定できる金額が10万。謝罪金であるらしい。だが実際は分からない。記録が残る金ではない。11月16日T弁護士は大阪から石坂名義口座に500万振り込んだ。これは明確な金の出である。石坂も受け取ったこと間違いな…

続きを読む